子育て相談や悩み相談のうち、90%以上は人間関係の問題ですね。
夫婦関係、親子関係、職場の人間関係、友人関係等、
人間関係の悩みは、身近な人に起こっているようです。

毎日、顔を合わせているにも関わらず、会話がない。
又は、顔を合わせる度に、ケンカになる。

身近な存在だからこそ、会話が必要だと感じます。
会話とは、双方向で行うもので、一方的に怒鳴ったり言い聞かせるものではありません。

身内は特に感情的になりやすく、いったんこじれると修復が困難になることが多いです。
他人なら楽なのに、と思うこともあるでしょう。


ここでは親子関係について、取り上げたいと思います。
親子のカウンセリングをやっていて思うのは、親は子どもと同化しやすいということです。子どもは別人格だということを頭では分かっていても、気持ちはやはり”我が子”という感情が入ってしまいます。我が子は自分の分身ではありません。親と一心同体でもないのです。これを頭だけでなく、心でわからなければなりませんね。

親は責任があるから、干渉することが当たり前だと思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。子どもの人格を否定せず、一人の人間として尊重して育てることが大切です。それは、自分の主観ではなく、客観的な見方も時には必要なのだと思います。

教育基本法に、以下のような記述があります。

(家庭教育)
第十条  父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。


子どもの第一義的責任は保護者にあり、家庭教育は生活習慣を身に付けさせることと自立心を育てることだとされています。

我が子であっても、社会の人財なのです。
私もそのように教わりました。我が子は将来、社会に返すつもりで育ててきました。

でも、本当の精神的自立は、親子の絆や愛情があってこそできることなんですね。
ですから、乳幼児期からの子育てが重要なのです。


あなたは最近、身近な人とどのような会話を交わしましたか?
楽しい会話ができたらいいですね。

最近、子育てカウンセリングのご依頼が少し多くなってきました。

幼児の頃には気づかれなかった問題や育ちきれなかった”心”が、思春期という親の目の前でクローズアップされる時期になって、焦ってしまったり慌ててしまい、これからどう子育てしていけばいいかわからなくなるのだと思います。
思春期に問題が起こったら、それまでの子育てを振り返り、軌道修正することが必要です。
この時期に大切なのが、子どもの「自己肯定感」が育っているかです。

では、自己肯定感とはどのようなものでしょう?

“自己肯定感”とは、『自分が好き』という感覚です。
『自分はやればできるんだ』という有能感、自分を信じる力。
『自分は大切な人間なんだ』『私は私でいいんだ』という自分を肯定する気持ちのことです。

大人の皆さんも、自己肯定感を持っている人と自己否定されている人とでは、前向きになれるか、いつも後悔しているか、で行動や結果が変わっていくということを体験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自己肯定感を持っていると、前向きに生きようとしますね。
人の意見も受けとめられる素直さも持てます。
それらが、何かを学ぼうとする姿勢を育みます。

できるだけ、乳幼児期には親子のふれあいやスキンシップを増やすよう努力し、幼児期から学童期にかけては親子の会話を増やす努力をしてほしいなと思います。そうすることで、子どもは家庭という自分を無条件で受け入れてくれる安心地帯を得ることができます。

また、様々な経験をして多くのことを学んでいく幼児には、この「自分が好き」という“自己肯定感”がとても大切です。思春期になって困らないためにも、幼児の頃に自己肯定感を育てたいものです。


幼児期に‘自己肯定感‘を育てる方法をご紹介します。

幼児の頃に土台となるのは、安心して生きられる環境です。
びくびくせずに自分を出すことができる“居場所”が、家庭(家庭がないお子さんは施設等)にあることが大前提になると言われます。

いつも大人の顔色を窺うような環境の中では、自己肯定感は育ちません。
それには大人が、子どもを否定的に見ず、肯定的に受けとめることが必要です。
園と家庭と、両方に居心地のよい居場所があってバランスよく“自己肯定感”は育つでしょう。

自己肯定感は“有能感”でもあり、これは、「やればできるんだ」という自分を信じる力のことです。「今はできなくても、きっとできるようになる」と思える子どもは伸びていきます。この感覚を育むのが“挑戦する遊び”なのです。

挑戦する遊びとは?
少し難しいことができた時に達成感が味わえる遊びのことです。

外遊びでは、竹馬、縄跳び、長縄、鉄棒、跳び箱、平均台、木登り、補助なし自転車、一輪車などの身体を使った遊びです。

室内遊びでは、かるた、パズル、折り紙、あやとり、お手玉、けん玉、駒など、手先を使った遊びです。


これらは、最初はできなくてもやっているうちに少しずつできるようになる遊びですね。例えば、鉄棒の逆上がりなら最初は全然足が上がらなかったものが、練習していくうちに次第に腕に力がついてきておしりまで上がってくるようになり、回れるようになるでしょう。初めは補助の大人の手を借りますが、自分ででいるようになると大人の手はいらなくなります。できるようになると、自分の成長を感じることができますね。

できない時期というのは、見ている親の方がイライラしてしまいます。
でも、できないからとあれこれ教えることは控えましょう。
あくまでも、自分の力で乗り越えた時に達成感が倍増するのです。

初めてのときはできなくて当たり前で、「こうすればいいじゃない」と上から教えられたのでは、子どもは楽しく遊べません。教えることよりも、見守り励ましてほしいなと思います。失敗することも貴重な経験なので、なるべく恐れずに挑戦させてみてください。

できないときには、子どもは悔しい思いをするかと思います。
そんなとき、「お父さん・お母さんも、小さいときできなくて悔しかったよ」という体験話をしてあげると、子どもは目を輝かせて聴いています。「お父さん・お母さんもできなかった」という親の体験は、子どもにとって「今はできなくてもいつかはできるようになる」という励みになりますね。


我が家の上の3人の子ども達は、もうすでに社会人。末の子も今年は就職試験が控えています。子育て中は長いように思いますが、我が子と一緒にいられる時間なんてあっという間に過ぎていきますよ。

小学生になったら、だんだんと親の目の届かないところでお友達と遊ぶことが増えてきます。その頃になってあれこれと心配するのではなく、幼児期のうちにしっかりとした親子の絆と子どもの自己肯定感を育てていきたいものです。

自己肯定感が育っていれば、あとは自分で伸びていくでしょう。

最近、20~30代の人のビジネスマナーや社会人としての常識がないことがとても気になっています。
私は、社会人としての常識やマナーをどこで教わったのだろう?と考えてみました。
常識やマナーだけでなく、上司や顧客などの人間関係も含めて、これは実践で学んできたんだなと思います。

報連相や挨拶、お礼の言い方なども良好な人間関係を築くものですので、会社務めの時には上司から厳しく教わりました。

例えば、ビジネスマナーでは、「お礼は3回言え」と教わりました。
以下のサイトが参考になりますのでリンクします。

ビジネスチャンスをつかむ30の方法より~
ビジネスの根底は、人です。
人との関係がよくなければ、ビジネスもうまくいきません。
人との関係がよくなるからこそ、都合のいい話も回ってきます。
特に「ありがとうございます」という感謝の言葉は、基本中の基本です。
お世話になったときには、すぐお礼を伝えることです。

しかし、ビジネスチャンスをつかむ人は、ここからが違います。
1回しか口にしないお礼を「3回」口にします。
お世話になった瞬間に、まず1回目のお礼を言います。
すぐ伝えることで、より心がかよった気持ちが相手に伝わることでしょう。
別れ際に、2回目のお礼を言います。
そうすることで、気持ちのいいお別れができます。

後日、再会したときに「あのときはありがとうございました」と、3回目のお礼を言います。
そうすることで、気持ちのいい再会が果たせます。
感謝がより強く相手に伝わり、人間関係がよくなります。

きちんと感謝をしてくれれば、嬉しくなり、また助けてあげようと思うのが人情です。
相手にお礼を伝える努力を、もう一工夫、しましょう。

ビジネスチャンスをつかむコツになるのです。


あなたはどうですか?3回お礼を言っていますか?

お礼だけでなく、お詫びも同じです。
公式なお詫びをメールで済ませることは、もっての外です。
メールで済ませて終わりで、次に会った時に先日のお詫びはしません。
これが、上司には理解できないことです。
しかし、このようなことを教えてくれる人が会社内にいないのが現状なのです。
やはり、新人の時にキチンとした社内教育が必要だと感じます。

また、お詫びの仕方も、悪びれた様子がないことも気になります。

悪びれるとは?
自分のした行為を悪いと思う。恥じることですが、悪びれる様子がなければ、いくら「すみませんでした」と言っても、相手には伝わりませんね。

社会に出たら、まずは目上の人に対する態度や言葉遣いを学ぶことが大切です。
職場の人間関係がうまくいかないという方は、一度自分を振り返り、相手は何を求めているのかを知ることも大切です。

ビジネスマナーや人間関係に関する本も検索するとたくさん出てきますので、まずは本で学んでもいいかもしれませんね。

私は早起きなので、ブログを書くのも朝なんですが、
最近、朝の時間に自分のブログに入れない日が多くなってきました。
なんでかな?
時々、アクセスが集中したりするので、それでかな?
ということで、最近は毎日更新できていません
質問された方、こんなわけです。


たぶん、来年のおおきなかぶ学童保育情報がほしい方々が、
私のブログもご覧になっていらっしゃるみたいなので
ちょっと前情報でお伝えしますね。

最近はお陰様で、市内の某認可保育園の保護者さんたちが口コミしてくださっているそうで、来年度のお問い合わせが例年以上に多いです。(これもなんでかな?)

まだ8月なんですが…
皆さん来年の学童保育を視野に入れて計画していらっしゃるようですね。

こちらの予定では、9月に入ったら現学童児さんへ来年度利用のアンケートを出し、空き状況を確認してからの募集人数決定となります。今、お問い合わせいただいてもまだ決定されていません。もうしばらくお待ちくださいませ。

ただし、今年は例年以上のお問い合わせがありますので、書類審査と面接の上、保育困難なご家庭と、おおきなかぶ学童保育の保育方針及び料金表に同意していただける方を優先させていただきます。

料金については、来年の学校休業日を市役所に確認してからの決定となります。

例年ですと入会願書資料配布日は10月1日ですが、今年は10月1日が日曜日(休館日)なので、その前後の平日になると思います。理事会で決定されましたら、おおきなかぶのHPでお知らせいたします。

すみません、まだこれから決めることがたくさんありますので、9月中旬以降に改めてお知らせしますね。

宜しくお願いいたします


伸び盛りの子どもを持つ人に紹介したい「食生活指針」が一部改定になっています。
今一度、食生活を見直してみましょう。


食生活指針(平成28年6月一部改正)

食事を楽しみましょう。
•毎日の食事で、健康寿命をのばしましょう。
•おいしい食事を、味わいながらゆっくりよく噛んで食べましょう。
•家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましょう。

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。
•朝食で、いきいきした1日を始めましょう。
•夜食や間食はとりすぎないようにしましょう。
•飲酒はほどほどにしましょう。

適度な運動とバランスのよい食事で、適正体重の維持を。
•普段から体重を量り、食事量に気をつけましょう。
•普段から意識して身体を動かすようにしましょう。
•無理な減量はやめましょう。
•特に若年女性のやせ、高齢者の低栄養にも気をつけましょう。

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
•多様な食品を組み合わせましょう。
•調理方法が偏らないようにしましょう。
•手作りと外食や加工食品・調理食品を上手に組み合わせましょう。

ごはんなどの穀類をしっかりと。
•穀類を毎食とって、糖質からのエネルギー摂取を適正に保ちましょう。
•日本の気候・風土に適している米などの穀類を利用しましょう。

野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。
•たっぷり野菜と毎日の果物で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとりましょう。
•牛乳・乳製品、緑黄色野菜、豆類、小魚などで、カルシウムを十分にとりましょう。

食塩は控えめに、脂肪は質と量を考えて。
•食塩の多い食品や料理を控えめにしましょう。食塩摂取量の目標値は、男性で1日8g未満、女性で7g未満とされています。
•動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとりましょう。
•栄養成分表示を見て、食品や外食を選ぶ習慣を身につけましょう。

日本の食文化や地域の産物を活かし、郷土の味の継承を。
•「和食」をはじめとした日本の食文化を大切にして、日々の食生活に活かしましょう。
•地域の産物や旬の素材を使うとともに、行事食を取り入れながら、自然の恵みや四季の変化を楽しみましょう。
•食材に関する知識や調理技術を身につけましょう。
•地域や家庭で受け継がれてきた料理や作法を伝えていきましょう。

食料資源を大切に、無駄や廃棄の少ない食生活を。
•まだ食べられるのに廃棄されている食品ロスを減らしましょう。
•調理や保存を上手にして、食べ残しのない適量を心がけましょう。
•賞味期限や消費期限を考えて利用しましょう。

「食」に関する理解を深め、食生活を見直してみましょう。
•子供のころから、食生活を大切にしましょう。
•家庭や学校、地域で、食品の安全性を含めた「食」に関する知識や理解を深め、望ましい習慣を身につけましょう。
•家族や仲間と、食生活を考えたり、話し合ったりしてみましょう。
•自分たちの健康目標をつくり、よりよい食生活を目指しましょう。


楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~では、
発育・発達過程に応じて育てたい“食べる力”について以下のように書かれています。

授乳期・離乳期-安心と安らぎの中で食べる意欲の基礎づくり-
○安心と安らぎの中で母乳(ミルク)を飲む心地よさを味わう
○いろいろな食べ物を見て、触って、味わって、自分で進んで食べようとする

幼児期-食べる意欲を大切に、食の体験を広げよう-
○おなかがすくリズムがもてる
○食べたいもの、好きなものが増える
○家族や仲間と一緒に食べる楽しさを味わう
○栽培、収穫、調理を通して、食べ物に触れはじめる
○食べ物や身体のことを話題にする

学童期-食の体験を深め、食の世界を広げる
○1日3回の食事や間食のリズムがもてる
○食事のバランスや適量がわかる
○家族や仲間と一緒に食事づくりや準備を楽しむ
○自然と食べ物との関わり、地域と食べ物との関わりに関心をもつ
○自分の食生活を振り返り、評価し、改善できる

思春期-自分らしい食生活を表現し、健やかな食文化の担い手になろう-
○食べたい食事のイメージを描き、それを実現できる
○一緒に食べる人を気遣い、楽しく食べることができる
○食料の生産・流通から食卓までのプロセスがわかる
○自分の身体の成長や体調の変化を知り、自分の身体を大切にできる
○食に関わる活動を計画したり、積極的に参加したりすることができる


食は身体をつくる元になります。
一緒に食べたい人がいて、食事を楽しむことができる子どもは幸せですね。
この機会にご家庭でも食生活を見直してみてはいかがでしょうか。


保育所だけでなく、学童保育にも食生活を大切にする活動を増やしていってほしいですね。
おおきなかぶ学童保育ブログ「調理実習」
t02200147_0448029914001944510.jpgt02200147_0448029914001946578.jpg
t02200147_0448029914001947368.jpgt02200147_0448029914001948353.jpg
t02200147_0448029914001948910.jpg