粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)

穀物の一粒一粒は農民の辛苦の結晶であるということ。米を作る農民の苦労をいう。
転じて、物事を成し遂げるために、こつこつと苦労を重ね、努力を積むこと。
(デジタル大辞泉の解説より)


以前、これから起業したいという人が訪ねて来られたことがありました。
「人はどうやって集めたのですか?」
「資金の調達は?」
「宣伝方法は?」
と、どうやってやったのかと方法ばかりを聞いて来られました。
きっとこれではうまくいきません。
だって、考えられる方法とは、皆考えることですから。
皆と同じことを考えても、それは「その他大勢」と同じになってしまいます。

成功させるには、人がやらない事を考えて、人ができない努力をすることです。
そのためには、しっかりとしたコンセプトを持っていなくてはならないと思います。

そして、一番肝心なのが、「起業するのは簡単だが、継続させることは難しい」ということです。継続させるためにはどうしたらいいかを考えて起業しなくてはいけませんね。
初めはうまくいっていても、景気が悪くなって売り上げが落ちたとか、従業員が辞めたなど、うまくいかなくなって経営が難しくなってくるときが必ずくるものです。

継続させるために必要なことは、淡々、コツコツと努力を積むことなんですね。
同じことを10年間やり通す。そうやって、やっと人に認められるようになるのです。

起業して間もない頃の私は、会社を大きくすることを考えていました。
会社を大きくしようとする気持ちは大切ですが、まずはじめにやらなければならないことは、大きくすることではなく、会社が倒れることのない土台をつくることだったんですね。
順調にいっている時の会社の経営を基準にして考えるのではなく、うまくいかなくなった時の最低限の経営を考えていくことが土台をつくることではないかと思います。

土台があれば、その上の柱や壁もしっかりと建てることができます。
その土台とは、経理のことです。
経理がしっかりしていれば、少しの試練も乗り越えられますが、ずさんな経理ではすぐに潰れてしまうでしょう。

一攫千金を狙うより、毎日地道に淡々、コツコツと、仕事に取り組んで着実に大きくさせる方が成功します。

人材育成も同じです。
日々、経営者は部下を育てる努力をしているかで、人が育つか育たないかの違いが、即、経営に響いてくるのです。


一粒の米を得ることは、農民の辛苦の結晶であるということと同じく、
一円の利益を得ることは、会社の辛苦の賜物であるということを忘れてはいけないのだと思います。


昨日、建築会社のO社長さんとお話をしました。
やっぱりO社長さんはさすがだな…と思ったことがありました。
それは、この場で最善の方法を考えて素材を活かすアイデアを持っていらっしゃるところでした。それも、こちらの意図とすることをちゃんと聞いて、その上でプランを提案してくれるのです。

私もいろんな普請をしてきましたが、なかなかピッタリ考えの合う人に出逢うのは難しいです。でもその分、出逢えた時の喜びは一入ですね。

私が人を見るときに基準となることがあります。
(きっと私も基準にされているだろうなと思いますが…)
それは、「当たり前のこを当たり前にやれる人」かどうかです。
いくら仕事ができても、学歴や経験・技術があっても、それは必須条件ではありません。

もちろんそれらはあったほうがいいのですが、それ以上に大切なことがあると思います。
それは、「当たり前のことを当たり前にすること」です。

当たり前のこととは、本質や基礎という土台が、しっかり固まってことを言います。
例えば、挨拶ができる。時間や約束を守る。誠実な心で対応をする。受け答えがしっかりできる。最後まで責任を持って仕事をやる。自分の考えをしっかり持っている。などのことではないでしょうか。
これがなければ、いかに高い技術があったとしても、すべてが水の泡です。

人と差をつけるのは、この「当たり前の力」なのです。
いかに当たり前のことを当たり前にするかです。
こうした当たり前のことを積み重ねて、初めて”信用・信頼”になっていくのだと思います。

私は高度な仕事はできませんが、当たり前のことを当たり前にやリ続けることを日々の糧としています。それが肥やしになり自分も周りも豊かにしてくれているのだと思います。ですから、私がやっていることは特別なことではないんですよ。そして、これが私の生きる目標になっています。

10月1日(日)
毎月一回、ありんこ親子保育園・ありんこの森保育園・子育て支援センターすくすくクラブでは、園内研修として「ありんこ保育研究会」を行っています。


今月の講師は、エンカレッジ・ステーションのM会長。
テーマは、「園のモットーを作成しよう」です。
2017100110-1.jpg
2017100106-1.jpg
コンサルタントとして長年企業のコンサルを務めてこられた先生ですので、
とても説得力がありました。


早速、部門ごとに分かれて、自分たちのモットーを作ってみました。
発表は、チームで行いました。

子育て支援センターすくすくクラブチームのモットーは?
2017100111-10.jpg
2017100112-1.jpg
「私たちは、お母さんたちと共に伴奏していくチームです」


ありんこの森保育園チームのモットーは?
2017100113-1.jpg
2017100114.jpg
「私たちは、子ども達の声なき声に耳を傾け、寄り添い、安全基地となって、子ども達が自分たちで切り開く未来への一歩を踏み出す力(=土台)を支えるチームです」


ありんこ親子保育園チームのモットーは?
2017100119-1.jpg
2017100117.jpg
「私たちは、みんなを幸せいっぱいにするチームです」


同じ組織の保育園ですが、チームの特色がよく出ていますね。
方向性は同じなのですが、子どもを見る角度や捉え方によって表現方法は変わっていくんだなと感じた発表でした。

「保護者の皆さんにもご覧いただきたい」との職員からのアイデアで、ありんこ親子保育園の玄関にチームのモットーを張り出しました。早速、保護者の方から「素晴らしいですね!」「やっぱり、ありんこってすごいですね!」というご感想をいただきました。

職員だけでなく、保護者も同じチームです。
地域全体で、子ども達をすこやかに育てていけたらいいなと思います。

皆さん、一緒に幸せないっぱいの保育園にしていきましょう!


研究会後は…
M会長、Syさん、Siさん還暦のお祝いを行いました。
2017100155-12.jpg
2017100150-11.jpg
まだまだお若い皆さん!
これからも戦力となって、後輩たちを引っ張っていってくださいね。

先月より、社会福祉主事資格を取得するため勉強を始めました。
昨日で「老人福祉論」の課題が終わったのですが…
勉強すれば勉強するほど、少子高齢化を何とかしなければ日本は将来大変な世の中になってしまうことがわかります。将来の年齢別の人口を数字で見ると明らかです。
若い頃からの老後の備えは必要だとつくづく感じましたね。

いつまで続くのこの介護?平均介護年数は男性は9年、女性は12年。かかる費用は1000万円以上?!」によると、男性の介護年数は9年、女性は12年だそうで、その費用は、男性922.6万円、女性1199.8万円かかることになるそうです。

若いうちは、自分の老後のことはあまり考えなかったのですが、50歳を過ぎるとこれからどう生きていくか、老後の費用をどう捻出していくか、生活に困らないお金が入ってくる仕組みを考えなければなりませんね。

今、老後破産がとても多いそうです。
若い頃に羽振りが良くても、定年して思わぬ病気や事故等が起こったり、家族や身内が痴呆や要介護になったりして出費がかさんだ結果、生活費を切り詰めて生活しなければならないお年寄りが多いと聞きます。
その方々に話を伺ったテレビを観ましたが、「まさか、自分や妻がこんなことになるとは思わなかった」「どうにかなると思っていた」とインビューに応えていました。

そうなんです。老後の準備をしないと大変なんです。
「自分は大丈夫」「まさか自分には起こらない」は通用しません。
定年まで安泰でもないし、定年後も年金生活だけで十分ではない時代なんですね。
だから、これからどう生きていくか?をもっと真剣に考えなければなりません。

健康に、仕事を持って、生き生きと生活できる老後。
人とのつながりを持って、自分も人の役に立って、人から助けられて、
互いに共存できる世の中を創ることが必要なのだと思います。

それは、人に頼るだけでなく、自分から、自分の周りから、できることから始めていく。
これからは、そんな風に生きていこうと思います。

なるべく自分の介護年数は長くないほうがいいですよね。
ピンピンコロリが理想ですが、そのためにはまずは健康でいることです。

子育ても大変ですが、老後はもっと大変。
子どもを自立させるよう育てた後は、自分の人生を楽しむことを考えて、
長く生きがいを持って働ける仕事を持つことが、必要なのかもしれませんね。

こんな質問がありました。

「保育園・幼稚園の行事についてどのように思いますか?必要だと思いますか?
今、三男が通う保育園は私立で、年間通して色々な行事があります。
特に夏休みがあけると、運動会、クリスマス会、遊戯会と大きな行事が3つもあります。
そのたびに、子供たちは、出し物や遊戯の練習をせっせとします。
~中略~
私は、この練習をするのだったら、もっと沢山外で遊ばせて欲しいなと思います。
実際、後期は行事が沢山あるのでお散歩にはほとんど行きません、といわれました。
私は、そんな行事よりも、普段の生活の中で体を鍛え、外に出る生活をして欲しいのです。
こんな風に考えるのって変でしょうか??」


我が家の4人の子どもたちは、転勤族だったこともありそれぞれ別の幼稚園に通っていましたので、いろんな幼稚園を保護者として体験させてもらいました。
また、保育園を運営している関係もあり、それこそいろんな保育園を視察してきました。
確かに質問者が言われるように、立派な行事を開催している裏には、どれほどの先生たちの残業と、子ども達の遊ぶ時間が削られているのかを保護者は知らなければならないと思います。

大きな園では、「行事のための行事」が日課になっているのをご存知でしょうか?
これでは本末転倒のような気がします。

以前、幼稚園に努めていた先生がおっしゃっていた言葉に、「幼稚園に鼓笛は必要か?」というものがありました。できなければ怒られ、遊ぶ時間になっても残されて練習させられ、できないことで劣等感を感じてしまい、自信のない子が出てきてしまうそうです。その結果、園生活が辛いものになり、「幼稚園に行きたくない」子が出てくるとおっしゃっていました。

先生自身も行事に追われ疲れてしまって、肝心な保育をおろそかにしてしまっていることに罪悪感を抱いてしまうそうです。そうなると先生たちに表情がなくなり、それが園児に伝わってしまうそうです。

できないことに挑戦して、達成感を味わってこそ自信になるのですが、それは、自分がやりたいことが前提です。やりたくない、苦手なことをいくらやらせても、つらいイメージしか残らないのかもしれません。特に幼児期は、教えることよりも、得意を伸ばすことの方が子どもにとっては大事な時期なのです。

ですから、親御さんは間違えないでほしい。
あれもこれもやってほしいと園に要望するのは親のエゴです。親の欲です。
親を楽しませるためだけの行事であってはならないのです。

子どもの成長を皆で喜んであげてほしいと思います。


では、行事とは何でしょう?
行事の分類をしてみましょう。

・お祝いの行事
子どもの晴れの日をお祝いする行事。
入園式、卒園式

・保育を充実させる
毎日の保育の内容を充実させるための行事。
避難訓練、芋ほりなど

・日ごろの成果を披露
子どもの成長・発達を披露する行事。
運動会、お遊戯会など

・季節や伝統を踏まえたもの
七夕、ひな祭りなど、季節や日本の暦と結びついた行事。
二十四節気にちなんだ行事など。地域の行事を実施することもあります。

・保護者とのかかわり
保護者が参加したり、実際の保育にかかわる行事。
保育参観、親子遠足など

子どもたちにとっては初めての行事も多いはずです。
いつもと違う雰囲気で緊張してできなかったりすることもありますが、立派なことをやることだけが目的ではありません。温かい目で見てあげてほしいなと思います。

リラックスした雰囲気で、伸び伸びと行事をやっていければいいですね。
子ども達にとって、楽しい行事であることが一番です。