おおきなかぶ夏休み特別企画
『子どものためのコミュニケーション講座』(低学年1~3年生向け)のご報告です。

開催日:7月27日(月)9:30~11:30
場 所:児童館おおきなかぶ
参加人数:32名(小学1~3年生)

質問:お友だちとのかかわりで、イヤなことや困ったことはなかったかな?

子どもたちの答え:
・ケンカした
・バカっていわれた
・おともだちがケガしたときこまった
・いじめられた
・「うざい」といわれた
・まねされていやだった
・なかまはずれにされた
・なぐられた(兄弟ゲンカ)
・「あっちいけ」といわれた
・さしすせそがいえなくてわらわれた
・「さいてい」といわれた
・おともだちにブー顔された
・おともだちに「もぎもぎフルーツ」といわれた
・「しね」といわれた
・「しらない」とむしされた  
・つめたくされた
・かさでたたかれた
・おされた
・水をかけられた
・いやだといっているのにやめてくれなかった など
DSC00149.jpg

質問:
そんなとき、どんな気持ちになった?

子どもたちの答え:
・どうしようとおもった
・かなしいきもちになった
・学校に行きたくなくなった
・きらわれたのかと思った
・自分のことがキライなどだと思ってしまう
・しにたくなった
・イヤなきもちになった
・くやしかった
・もう話さないと思った
・頭にきた
・あそびたくなくなった
・むかっときた
・もうあいたくなくなった
・イヤだった   など


ことばって、つたえ方があるんだよ。
「ありがとう」「ごめんね」をつたえたいとき、どうつたえたらいいのかな?

(講師が悪態の見本を見せる)

質問:どう?ありがとうやごめんねがつたわったかな?

子どもたちの答え:
・つたわらなかった
・言われてもイヤなきもちになる
・ほんとうにあやまっているのかなとおもった
・目がこわい
・たいどがわるい
・ダメ  など

☆おともだちとはなしてみよう!

 1、たのしかったことはなにかな?
 2、じぶんのことをはなしてみよう!
DSC00155.jpg
DSC00152.jpg
DSC00160.jpg
DSC00153.jpg
DSC00154.jpg

☆みんなとはなしあってみよう!

 3、きょうりょくすることってどんなこと?
 4、みんなのためになにができるかな?
DSC00162.jpg

質問:きょうりょくすることってなんだとおもう?

子どもたちの答え:
・みんなでたすけあう
・みんなでたすけあって、1つのことをやる
・こまっているときにたすける
・節電をする
・お年よりの重いにもつを持ったりして手伝うこと
・やさしくする
・はなしあう
・くつとかそろえられなかったら、いっしょにやってあげる
・洗いものとかこまっているときにてつだう
・本だなをひとりでかたづけるとむりだから、(みんなで)きょうりょくする
・ぶろっくがちらばったらみんなでひろう
・そうじをてつだう

質問:みんなのためにじぶんはなにができるとおもう?

子どもたちの答え:
・やさしくする
・なかよくする
・おてつだいをする
・ゆずりあう
・(お友だちが)ケガをしたときにたすける
・なかまはずれにされた子に声をかけたりしていっしょにあそんであげる
・パトロールをする
・せつでん、てつだい、あいさつ、ぼきんのボランティア
・集金
・(レゴ)ブロックがおちていたらひろう
・ぼくたちがいればだいじょうぶ

↓グループごとに発表しました。
DSC00183.jpg

講師からの感想:
低学年でも、こんなにもしっかりとした意見を持っているものかと驚かされました。私たち大人は、どうしても子どもだと思って軽く・甘く見ている部分が多々ありますが、魂を持った一人の人間であり、尊重されるべき対象なのだなと改めて考えさせられました。

あまり自分から話すタイプの子ではなかった小学1年生のYくんが、「ぼくたちがいればだいじょうぶ」と紙に書いてくれました。普段、口には出さないけれど、心の中で「ぼくたちがいればだいじょうぶ」だと思ってくれていたことが、本当にうれしくて涙が出そうになりました。

講座が終わった後、小学3年生のSoくんに「先生、来年もやる?」と聞かれました。「やりたいの?」と聞き返すと、「うん」と頷いて照れくさそうにはにかんでいました。同じく3年生のSyくんには、「友だちにおしえてあげたいな。あっそうか、このプリントをみせればいいんだ!」と言ってくれました。

そして、自由時間にはこんな声も・・・
「コミュニケーションを教えてもらったばかりだろう。なかよくしようぜ」だって
すぐに行動に移せる子どもって、やっぱりスゴイです



保護者の皆様へ

いつもおおきなかぶにご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございます。この度は、『子どものためのコミュニケーション講座』のご参加、ありがとうございました。そして、おおきなかぶ学童保育を選んでいただいたこと、心から感謝しています。
子どもたちが大人になっても、一緒に過ごしたこの仲間たちとずっといい人間関係を続けていってもらえることが何よりうれしいことだと思い、今回の講座の企画をいたしました。自分自身で生きる力を身につけて、将来、社会に飛び立てることを願っています。


まだまだ夏休みは続きます。
この夏もたくさんの楽しい思い出を子どもたちと一緒につくっていきたいと思います。
今後とも、おおきなかぶ学童保育をどうぞ宜しくお願い致します。

講師:中嶋 悦子(NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長)

☆おおきなかぶ夏休み特別企画☆
子どものためのコミュニケション塾 のお知らせです。

少子化にともない、兄弟や近所の子どもたちの数が少なくなっている現代の子ども
たちは、コミュニケーション能力が低下していると言われています。
子どもの「聴く」「伝える」「協力する」能力を育て、将来へつながる生きる力になってい
けるよう、子どものためのコミュニケーション術を学ぶ機会をつくりたいと考えています。
情報や物には恵まれているけれど、チームワークを学べる場所は少ない。
そんな現代の子どもたちのために、夏休み特別企画『子どものコミュニケーション塾』
を開催いたします。是非、この機会にご参加ください。

≪日程≫
小学4~6年生:7月25日9:30~11:30
小学1~3年生:7月27日9:30~11:30

≪場所≫
NPO法人民間児童館おおきなかぶ
千葉県山武郡大網白里町みずほ台2-10-15

≪講師≫
中嶋悦子
財団法人生涯開発財団認定コーチ
NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長
子育てマスターコーチ養成コーチ

≪参加費≫
夏休み学童保育参加児童:無料
一般:1000円

≪申し込み方法≫
おおきなかぶ事務局0475-53-3473にお電話か
又は、おおきなかぶスタッフまでお申し込みください。

≪内容≫
1、お友だちの気持ちを知ろう!聴いてみよう!
2、自分の気持ちを伝えよう!
3、みんなで協力するって、どんなこと?
4、デスカッション
※高学年は、リーダー研修も行います。

昨日は、おおきなかぶ学童保育3~5年生の選抜組10名の子どもたちを連れて、千葉市ハーモニープラザ内にある千葉市女性センター主催のセミナーに参加してきました。

テーマは、『自分で守ろうこころとからだ』
DSC04869.jpg

CAP(Child Assault Prevention子どもへの暴力防止プログラム)を実践的に学びました。
CAPとは、3つの柱「エンパワメント」「人権意識」「コミュニティ」という理念を柱にした子どもへの暴力/人権教育プログラムのことです。

参加型のワークショップは、楽しく実践的でからだで覚えることができます。
この日は、子ども用と大人用のワークショップがあり、付添いの私は大人用のワークショップに参加しました。


『おとなのできること』

どうして子どもは被害にあいやすいのか?

1、子どもは、社会的に弱い立場に立たされています。
  親が「衣食住」の世話をしなければ、子どもは生きていけません。
  そのことを大人が知っていなければならないのです。

(虐待・ネグレスト:乳幼児に対する適切な養育を親が放棄すること。例えば、子供に食事を与えない、乳児が泣いていても無視する、病気なのに治療を受けさせない、いつも強くしかって子供の情緒を不安にさせるなどの行為のことで、これによって、子供の精神的な発達が阻害され、人格形成に悪影響を与えるといわれる。養育放棄)

2、子どもは知識・経験に欠けています。
  暴力や性について正しい知識を与えることが大切です。

3、子どもは孤立しやすい。
  子どもは自分が受けたいじめを誰にも言えないで、苦しんでいる場合があります。
  ひとりでないことを伝える。友達同士助け合いができること。
  信頼できる大人に相談することの大切さを伝えます。

子どもの話を聴く

『きく』ことには、質問すること、音をなんとなく聞くこと、気持ちに寄り添いながら聴くという3つがあります。子どもの話は、『聴く』ことが大事です。

☆緊急カウンセリング
☆日頃から、子どもの話をどう聴いたらいいのか、聴く練習をしてみましょう。

子どもの心の力を引きだす:エンパワメント

エンパワメントは外からの力をつけていことではありません。
その人がもともと持っている力を引きだしていくことです。

親は子どものいい面をなかなか見つけられません。
いい面は意識しないとわからないものですね。
「がんばっているね」と認める言葉かけが大事。

子ども自身が自分のことが好きだという『自己肯定感』を持たせることが重要です。


「つらい気持ち」の受け止め方(緊急カウンセリング・緊急介入)

☆子どもが安心して話せる場所を選ぶ
・静かな場所など

☆してはいけないこと
大人が騒いだり、泣いたり、感情を出さないで
 子どもはあなたの態度に敏感に反応し、話を途中で止めてしまい、泣かせた自分が悪いと思ってしまいます。

できいない約束はしないで 
「誰にも言わないよ」⇒「誰にもいわないですむことはもちろん言わないよ。でも、言わないであなたがまた暴力を受けて怖い思いや困ったことになるのだとしたら、助けてくれる人に相談しないといけないんだよ。大人の力を借りることも必要だし、私はあなたの力になりたいんだ」と言うこともできるし、「でも助けてくれる人以外には言わないよ」と約束することはできます。

子どもを闇にせめるような質問はしないで
「なぜそこに行ったの?」「なんで暗くなったのに帰って来なかったの?」「どうしてイヤって言わないの?」と言われると子どもは、「やはりこの大人もボク(私)が悪いと思っているんだ」というメッセージになってしまいます。

子どもが泣くのを止めさせないで
泣くことは傷ついた気持ちを癒すよい方法です。思う存分泣かせてあげましょう。

あなたの予想・想像・推測をしないで
こうだろう、ああだろうという勝手な決め付けや憶測をもって聴くことは、子どもの気持ちに寄り添う時の妨げになります。

☆言ってほしいこと

・「よく話してくれたね」「話してくれてありがとう」
 暴力を受けた子どもの多くは、こんなことを話したら叱られるかもしれない、迷惑がられるかもしれないと思っています。

・「あなたの言うことを信じるよ」
 暴力を受けた子どもは誰にも信じてもらえないと思っています。

・「あなたがわるいんじゃない」「あなたは悪くない、ちっとも悪くない」
 暴力を受けた子どもは自分が悪かったから被害にあったんだと思い込んでいます。

☆何を聴くのか⇒子どもの感情・気持ちを聴く。 
  事実関係ではありません。

☆どうやって聴くのか⇒共感的に聴く
  同感することでも同情することでもありません。
  「ひどい親だね」「かわいそうにね」といった同情の言葉は口にしません。
  聴き手の意見や感情は言いません。

聴くことは子どもの心の傷の回復に大きく貢献し心の手当てとなります。


子どもたちが、安心して笑って暮らせる社会であることを心から願います。


今日は、千葉県大網白里町立大網幼稚園『家庭教育学級』の講演会で、講師を務めました。

今回は『シンプル子育てのすすめ』と題して、我が家の4人の子どもの子育てを通して、工夫してきたこと、ものの考え方、実践してきたことをお話しました。

DSC04350.jpg


本題に入る前に、まずは自己紹介を兼ねて、①お名前 ②家族構成 ③今日の講座で学びたいことを全員にお話していただきました。皆さんの子どもに対する思いや悩み、求めていることをお聞きして、それを織り込みながら進めました。

☆皆さんが学びたいこと☆

・子どもをいつも怒りがちなので、ゆとりを持つためのヒント
・感情的にならずに会話する方法
・無駄をなくして、スッキリしたい
・時間の使い方
・飴と鞭の与え方
・上の子の我慢をどう受け止めるか
・安心感を得たい
・前向きになれるヒント
・食べ物の好き嫌いの対処法
・シンプルと質素の違い
・反抗期の対処法
・親子の関係・絆づくり など

今日の講座で、学びとってもらえたら嬉しいです。

DSC04353.jpg


さあ、本題です。『シンプル子育て』とは?
以下の内容で、お話を進めました。

1、物を増やさない 

子育ては環境改善からです。物があふれた部屋での育児は危険です。赤ちゃんや幼児が動き回っても安全なように物はなるべく置かないようにします。物がないと掃除も楽ですね。いつもスッキリと掃除された部屋なら、心もスッキリするでしょう。

☆我が家の教訓 『物を増やすとゴミになる

2、お金をかけない

市販のベビー用品やおもちゃを買う前に、「他のもので代用できないか?」を考えてみましょう。子どもは大きくなると教育費などで、お金がかかります。極力無駄をなくして、将来の蓄えにしましょう。

☆我が家の教訓 『お金をかけたら、お金のかかる子になる

3、時間をかけない

忙しい日常生活の中で、一つひとつにじっくり時間をかけていられないのが現状です。丁寧にやらなければならないこと以外は、そんなに時間をかけなくても構わないのです。料理・洗濯・掃除などの家事は育児中は大目にみてもらって、優先順位で動くといいです。育児中はそれでなくても忙しいので、一つのことに時間をかけていたら、他のことができなくなってしまいます。ほどほどでOKと思うことですね。

☆我が家の教訓 『時間の長さと愛情は比例しない

4、食事はシンプルに

我が家では、手間暇かけずに素材を活かしたメニューにしています。切った生野菜にドレッシングだけでもおいしいですよ。忙しい育児中は、手抜きもOK。
ご飯とみそ汁、おかずが1品と野菜があればバランスは十分。わざわざ子どもメニューは作りません。おやつもわざわざ買いません。お芋が取れたら焼き芋に、食パンが残ったらガーリックバターを付けて焼くだけ。ご飯が余ったらおにぎりにします。あるもので十分。お腹がすけば、自分たちで作って食べることも生きる知恵です。そのかわり、スナック菓子はほとんど食べなかったので、大きくなった今でも、たまにしか食べません。お菓子がないといられないという大人になってはかえって困りますからね。

☆我が家の教訓 『同じメニューで少しの工夫

5、子どもにかまいすぎない

放任とは違います。『心を離さず見守る』ということです。構いすぎると親に頼ってしまうからです。遊びも子どもたちで見つけて遊ばせ、わざわざ親が遊びをみつけて、遊んであげることはしません。息子たちは大人の手出し・口出しのないところで、いろんな遊びを見つけて伸び伸び遊んでいました。3歳には補助輪なしで自転車に乗れるようになり、小学4年生になった今では難しいスネークボードにも楽々と乗って、夢中で遊んでいます。小さい頃から思いっきり外で遊んでいるので、運動神経もいいようです。

☆我が家の教訓 『手をかけると、手のかかる子になる

6、心配しない

心配症のお母さんは、あれこれと気苦労が多いようです。そのため、子どもにあれこれと口出し・手出ししてしまうので、子どもは自分で考えない子になってしまいます。心配するなといっても無理かもしれませんが、心配して育てたら心配した通りになりますよ。だったら心配しない方がまだいいのかもしれませんね。心配するとストレスになります。そのストレスがお母さん自身をむしばんでいったらどうでしょう?健康を害することにもなりかねません。心身ともに健康で子育てするためには、心配したりくよくよと考えないことです。

☆我が家の教訓 『なるようにしかならない

7、わが子と自分を切り離す

わが子は可愛いですが、自分の所有物ではありません。天からの預かりものです。立派に育てたら、いずれ社会にお返しすると思って育てます。だったら、きちんと叱ることも愛情をかけて育てることも、ちゃんとした人に育てるためには必要なことです。

☆我が家の教訓 『私の人生、子どもの人生

DSC04360.jpg

皆さんと会話をしながら進めていきました。


~後半~

デスカッションのテーマとして、3つの質問をしました。

 「あなたは子どもをどんな人に育てたいですか?」
 「あなたはどんな母親になりたいですか?」
 「今日のお話でわかった、気付いたことをお書きください」 
 
DSC04358.jpg


皆さんから出た意見をまとめて、グループごとに発表していただきました。

・人の気持ちのわかる子になってもらいたい
・自立した人になってほしい
・自分の子とは自分で考えられる人になってもらいたい
・まずは子どもの健康
・常識ある人になってもらいたい

・口出し手出しせず、子どもを見守っていきたい
・ゆとりを持った母親になりたい
・ストレスを溜めない
・口出して出しせず、子どもを見守りたい
・主人との関係が大事。夫婦仲良く
・子どもから尊敬される親になりたい

・ものは考え方次第だとわかった
・子どもの人生と親の人生は別だと気付いた
・なるようにしかならないのだから、あまり心配し過ぎないようにしようと思った
・これでいいんだと思えた
・気持ちが楽になった
・今日のお話は、みんなの応援歌になった

DSC04356.jpg

皆さんから活発な発言がたくさんあり、とても充実した時間となりました。

ただ話を一方的に聞くだけではなくて、このようなセミナー形式での講座は、聞きたいことが直接聞ける利点がありますね。お母さん自身も、自分が思っていることを踏み込んで発言する機会はあまりないかと思いますが、思っていること、感じたこと、気がついたことを積極的に発言することで、心と頭の整理ができたのではないかと感じました。
また、他の人の考えを聞くことで、感じ方や考え方の違いがわかるのだと思います。

今日は寒い中にも関わらず、小さいお子さんを連れて講座を受講されたお母さんたちには頭が下がりました。「子どもがいるから勉強できないわ」と思わずに、これからもこのような機会があったらどんどん参加してほしいなと思います。

最後に、大網幼稚園のT先生、生涯学習課のK先生、家庭教育学級の役員の皆さんには、楽しい講座にするための準備等、お世話になりました。また、とても心温まるお言葉をいただきまして、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

受講してくださったママたちが、楽しんで人生を歩まれることを心からお祈りしています。

また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています^^☆


先日、大網幼稚園講演会のご依頼をお受けいたしました。

2月17日(水)家庭教育学級閉級式後の9:30~11:30のお時間をいただき、子育てについて楽になる考え方をご紹介したいと思います。

たくさんあるテーマの中から、今年は『シンプル子育てのすすめ』にしました。
お母さんたちの子育ての悩みや迷いが少しでも軽くなればいいな、と思っています。

大網白里町内にある公立幼稚園では、3か所目の講演会ということで少し慣れてきた?幼稚園の講演会ですが、講演だけでなく、後半にはデスカッションも取り入れ、皆さんと楽しくセミナー形式で行っていきたいと考えています。

大網幼稚園在園の方は、是非参加してみてくださいね。
皆さんにお会いするのを楽しみにしています^^