9月30日(土)10時から、
来年度小学校入学予定の年長さんの保護者対象に、
入学準備説明会を行います。
場所:おおきなかぶ児童館
連絡先:0475-53-3509(15時~19時)

入学前に心配な事がある方、
小学校の教育内容を知りたい方、
入学準備に何をしたらいいのかわからない方、
是非、ご参加くださいね。


今日は、昨今の幼児教育の課題について取り上げてみたいと思います。

私が4人の我が子の子育てと保育園や学童保育の子ども達を見てきて感じることは、昔も今も”基本的に子どもは変わっていない”ということです。
変わったのは子どもを取り巻く環境や社会、家庭なのではないかと思います。

昨今の幼児期の課題(子どもの育ちの変化)とは、
・基本的な生活習慣や態度の欠如
・コミュニケーション能力の欠如
・自制心や規範意識の不足
・運動能力の低下
・小学校生活への不適応
・学びに対する意欲・関心の低下
等が挙げられています。

その背景として、
・子ども同士で遊び、葛藤しながら成長する体験の機会の減少
・身近な自然や遊び場の減少
・近隣の大人の無関心
というような”地域社会の教育力の低下”と、

・子育ての孤立化による親の育児不安や情緒不安定
・親のライフスタイルの変化
・親自身に模範意識や道徳性の揺らぎ
・子どもを叱ることを避ける傾向
・父性性の欠如
の”家庭の教育力の低下”があるようです。

では、課題をどのように解決していけばよいのでしょうか。
人間として成長していく上で、最もかけがえのない時期である幼児期の教育が、その後の人間としての生き方を大きく左右する重要なものであることを知り、幼児教育は、目先の結果のみを期待するのではなく、いわゆる「後伸びする力」や小学校以降の教育と比較して「見えない教育」を言われるように、幼児の内面に働きかけ、一人ひとりの持つ良さや可能性を見出して、その芽を伸ばすことをねらいとすること。

幼児期後半部分である5歳児あたりからの教育が小学校への学びの連続性となり、一つの大きなポイントになります。
そのための自発的な遊び体験や、ものや人の関わりによって自己表出やコミュニケーションの基礎を育てることが重要になります。また、見えない学力の根っこは、豊かな感性・基本的な生活習慣・旺盛な好奇心等を育てることで培われます。
それらを育てるのに、最も適した時期が幼児期後半なのです。

ですから、年長の時期の「遊びながら学ぶ教育」は、必修課題と言えます。

幼児の発達過程には飛び級はありません。
順々に育っていくことが必要なのですね。

私が20数年前に住んでいた地域は、母親が子育てを学べる環境が身近にたくさんありました。そこで私は先生や先輩たちから子育てを教えてもらいながら子どもを育ててこれました。今になって思えば、この環境が本当にありがたかったし、大切な場所だったんだなと思います。

子どもを育てるのに環境が大切だと言われますが、親の学べる環境も整備が必要ですね。


当時のことを思い出しました。
長男が3歳で二男が赤ちゃんの頃、近所の集会所で月に1回行われていた子育て勉強会にいつも参加させてもらっていたんです。

当時70代元教師のS先生が、赤ちゃんから高校生までの子どもを持つ母親たちに子育てのノウハウを教えてくださっていました。いつも近所の主婦5~6名が参加されていたかな。そこでたくさん子育てや人間勉強をさせていただいたものです。

S先生はいつも「子どもを連れておいで」と言ってくださっていましたので、私はお言葉に甘えて子連れで参加させていただいていました。
子どもを見ると、どう育てられているかがわかるのでしょう。
S先生はいつも子どもを見て、私にアドバイスをくれました。

そんなある日、「この子は、お父さんと遊んでいる子だね」と長男を見ておっしゃるのです。
「はい、そうです。お父さんが大好きで、いつも一緒に遊んでいます」というと、
「やっぱりね。頭がいいもん」とのこと。
どうして、そう思うのか?私はちょっと不思議でした。

するとS先生は、「お父さんと遊ぶと頭が良くなるんだよ。お父さんは、理論的に物事を見て子どもに話ができる。身体を使った大胆な遊びもできる。お母さんではちょっと難しいかもね。そうやって育った子どもは、理論的に物事を考えたり、見るところが違うんだよ。それにお母さんは口出し手出しが多いが、お父さんはあまり細かいことを言わない人が多いからね。伸び伸び育ってるよ」とおっしゃっていました。
確かに…。
伸び伸び育ったわ…

「男の子と女の子では育て方が違うんだよ」と、教えていただいたこともとても役に立ちました。

もし、あの時に子育てを教えてもらっていなかったら?
私は子どもの反抗期や思春期、受験の時など、どうしていいかわからず戸惑い、イライラしていたことでしょう。

節目が来た時に準備ができていたこと、子育てのポイントがわかっていたことで回避できたこと、子育て中の考え方を教えてもらったことで楽になったこと等、私が教わったこと+αで私が体験したことを付け加えて、今まさに子育て真っ最中の親御さんにお伝えすることができています。

皆さんの子育てがもっと自然体でできるようになれればいいな、と思います。


あれから、23年が経ちました。
長女、二女、長男はすでに社会人。
二男は高校3年生になりました。二男は公務員試験前の追い込みです。
それぞれ自分で目標を決めて進んでいます。

4人の子どもたちそれぞれが、自分の将来をきちんと考えられる人になってくれたようでありがたいです。これもS先生が、まだ新米母親だった私に子育てを教えてくださったお蔭です。子育てのノウハウがあったから、ここまであまり迷わず来れたのだと思います。

子どもが小さい頃に、子育ての基本を教えてもらったことは本当にラッキーでした。
子育てが学べる環境が、もっと地域に広がったらいいなと思いますね。

最近、子育てカウンセリングのご依頼が少し多くなってきました。

幼児の頃には気づかれなかった問題や育ちきれなかった”心”が、思春期という親の目の前でクローズアップされる時期になって、焦ってしまったり慌ててしまい、これからどう子育てしていけばいいかわからなくなるのだと思います。
思春期に問題が起こったら、それまでの子育てを振り返り、軌道修正することが必要です。
この時期に大切なのが、子どもの「自己肯定感」が育っているかです。

では、自己肯定感とはどのようなものでしょう?

“自己肯定感”とは、『自分が好き』という感覚です。
『自分はやればできるんだ』という有能感、自分を信じる力。
『自分は大切な人間なんだ』『私は私でいいんだ』という自分を肯定する気持ちのことです。

大人の皆さんも、自己肯定感を持っている人と自己否定されている人とでは、前向きになれるか、いつも後悔しているか、で行動や結果が変わっていくということを体験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自己肯定感を持っていると、前向きに生きようとしますね。
人の意見も受けとめられる素直さも持てます。
それらが、何かを学ぼうとする姿勢を育みます。

できるだけ、乳幼児期には親子のふれあいやスキンシップを増やすよう努力し、幼児期から学童期にかけては親子の会話を増やす努力をしてほしいなと思います。そうすることで、子どもは家庭という自分を無条件で受け入れてくれる安心地帯を得ることができます。

また、様々な経験をして多くのことを学んでいく幼児には、この「自分が好き」という“自己肯定感”がとても大切です。思春期になって困らないためにも、幼児の頃に自己肯定感を育てたいものです。


幼児期に‘自己肯定感‘を育てる方法をご紹介します。

幼児の頃に土台となるのは、安心して生きられる環境です。
びくびくせずに自分を出すことができる“居場所”が、家庭(家庭がないお子さんは施設等)にあることが大前提になると言われます。

いつも大人の顔色を窺うような環境の中では、自己肯定感は育ちません。
それには大人が、子どもを否定的に見ず、肯定的に受けとめることが必要です。
園と家庭と、両方に居心地のよい居場所があってバランスよく“自己肯定感”は育つでしょう。

自己肯定感は“有能感”でもあり、これは、「やればできるんだ」という自分を信じる力のことです。「今はできなくても、きっとできるようになる」と思える子どもは伸びていきます。この感覚を育むのが“挑戦する遊び”なのです。

挑戦する遊びとは?
少し難しいことができた時に達成感が味わえる遊びのことです。

外遊びでは、竹馬、縄跳び、長縄、鉄棒、跳び箱、平均台、木登り、補助なし自転車、一輪車などの身体を使った遊びです。

室内遊びでは、かるた、パズル、折り紙、あやとり、お手玉、けん玉、駒など、手先を使った遊びです。


これらは、最初はできなくてもやっているうちに少しずつできるようになる遊びですね。例えば、鉄棒の逆上がりなら最初は全然足が上がらなかったものが、練習していくうちに次第に腕に力がついてきておしりまで上がってくるようになり、回れるようになるでしょう。初めは補助の大人の手を借りますが、自分ででいるようになると大人の手はいらなくなります。できるようになると、自分の成長を感じることができますね。

できない時期というのは、見ている親の方がイライラしてしまいます。
でも、できないからとあれこれ教えることは控えましょう。
あくまでも、自分の力で乗り越えた時に達成感が倍増するのです。

初めてのときはできなくて当たり前で、「こうすればいいじゃない」と上から教えられたのでは、子どもは楽しく遊べません。教えることよりも、見守り励ましてほしいなと思います。失敗することも貴重な経験なので、なるべく恐れずに挑戦させてみてください。

できないときには、子どもは悔しい思いをするかと思います。
そんなとき、「お父さん・お母さんも、小さいときできなくて悔しかったよ」という体験話をしてあげると、子どもは目を輝かせて聴いています。「お父さん・お母さんもできなかった」という親の体験は、子どもにとって「今はできなくてもいつかはできるようになる」という励みになりますね。


我が家の上の3人の子ども達は、もうすでに社会人。末の子も今年は就職試験が控えています。子育て中は長いように思いますが、我が子と一緒にいられる時間なんてあっという間に過ぎていきますよ。

小学生になったら、だんだんと親の目の届かないところでお友達と遊ぶことが増えてきます。その頃になってあれこれと心配するのではなく、幼児期のうちにしっかりとした親子の絆と子どもの自己肯定感を育てていきたいものです。

自己肯定感が育っていれば、あとは自分で伸びていくでしょう。

伸び盛りの子どもを持つ人に紹介したい「食生活指針」が一部改定になっています。
今一度、食生活を見直してみましょう。


食生活指針(平成28年6月一部改正)

食事を楽しみましょう。
•毎日の食事で、健康寿命をのばしましょう。
•おいしい食事を、味わいながらゆっくりよく噛んで食べましょう。
•家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましょう。

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。
•朝食で、いきいきした1日を始めましょう。
•夜食や間食はとりすぎないようにしましょう。
•飲酒はほどほどにしましょう。

適度な運動とバランスのよい食事で、適正体重の維持を。
•普段から体重を量り、食事量に気をつけましょう。
•普段から意識して身体を動かすようにしましょう。
•無理な減量はやめましょう。
•特に若年女性のやせ、高齢者の低栄養にも気をつけましょう。

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
•多様な食品を組み合わせましょう。
•調理方法が偏らないようにしましょう。
•手作りと外食や加工食品・調理食品を上手に組み合わせましょう。

ごはんなどの穀類をしっかりと。
•穀類を毎食とって、糖質からのエネルギー摂取を適正に保ちましょう。
•日本の気候・風土に適している米などの穀類を利用しましょう。

野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。
•たっぷり野菜と毎日の果物で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとりましょう。
•牛乳・乳製品、緑黄色野菜、豆類、小魚などで、カルシウムを十分にとりましょう。

食塩は控えめに、脂肪は質と量を考えて。
•食塩の多い食品や料理を控えめにしましょう。食塩摂取量の目標値は、男性で1日8g未満、女性で7g未満とされています。
•動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとりましょう。
•栄養成分表示を見て、食品や外食を選ぶ習慣を身につけましょう。

日本の食文化や地域の産物を活かし、郷土の味の継承を。
•「和食」をはじめとした日本の食文化を大切にして、日々の食生活に活かしましょう。
•地域の産物や旬の素材を使うとともに、行事食を取り入れながら、自然の恵みや四季の変化を楽しみましょう。
•食材に関する知識や調理技術を身につけましょう。
•地域や家庭で受け継がれてきた料理や作法を伝えていきましょう。

食料資源を大切に、無駄や廃棄の少ない食生活を。
•まだ食べられるのに廃棄されている食品ロスを減らしましょう。
•調理や保存を上手にして、食べ残しのない適量を心がけましょう。
•賞味期限や消費期限を考えて利用しましょう。

「食」に関する理解を深め、食生活を見直してみましょう。
•子供のころから、食生活を大切にしましょう。
•家庭や学校、地域で、食品の安全性を含めた「食」に関する知識や理解を深め、望ましい習慣を身につけましょう。
•家族や仲間と、食生活を考えたり、話し合ったりしてみましょう。
•自分たちの健康目標をつくり、よりよい食生活を目指しましょう。


楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~では、
発育・発達過程に応じて育てたい“食べる力”について以下のように書かれています。

授乳期・離乳期-安心と安らぎの中で食べる意欲の基礎づくり-
○安心と安らぎの中で母乳(ミルク)を飲む心地よさを味わう
○いろいろな食べ物を見て、触って、味わって、自分で進んで食べようとする

幼児期-食べる意欲を大切に、食の体験を広げよう-
○おなかがすくリズムがもてる
○食べたいもの、好きなものが増える
○家族や仲間と一緒に食べる楽しさを味わう
○栽培、収穫、調理を通して、食べ物に触れはじめる
○食べ物や身体のことを話題にする

学童期-食の体験を深め、食の世界を広げる
○1日3回の食事や間食のリズムがもてる
○食事のバランスや適量がわかる
○家族や仲間と一緒に食事づくりや準備を楽しむ
○自然と食べ物との関わり、地域と食べ物との関わりに関心をもつ
○自分の食生活を振り返り、評価し、改善できる

思春期-自分らしい食生活を表現し、健やかな食文化の担い手になろう-
○食べたい食事のイメージを描き、それを実現できる
○一緒に食べる人を気遣い、楽しく食べることができる
○食料の生産・流通から食卓までのプロセスがわかる
○自分の身体の成長や体調の変化を知り、自分の身体を大切にできる
○食に関わる活動を計画したり、積極的に参加したりすることができる


食は身体をつくる元になります。
一緒に食べたい人がいて、食事を楽しむことができる子どもは幸せですね。
この機会にご家庭でも食生活を見直してみてはいかがでしょうか。


保育所だけでなく、学童保育にも食生活を大切にする活動を増やしていってほしいですね。
おおきなかぶ学童保育ブログ「調理実習」
t02200147_0448029914001944510.jpgt02200147_0448029914001946578.jpg
t02200147_0448029914001947368.jpgt02200147_0448029914001948353.jpg
t02200147_0448029914001948910.jpg


今振り返ると、子育て真っ最中の大変だった頃が一番、乾いたスポンジが水を吸い込むようにいろんな事を吸収していたように思います。1週間に数十冊の本を読んだり、子どもを連れて行ける講演会や勉強会に参加したり、いろんな人の話を感動しながら聴いたり、何でも吸収していました。それがあったから子育てをテーマに起業できたし、子育てセミナーなどでアウトプット出来きて、微力ながら世の中のお役に立つことができているのだと思います。

あれから25年が経過しましたが、今また第二のスポンジ期が到来したようです。
以前は家庭教育や子育ての分野でしたが、今は保育の専門的な勉強をしています。

私は保育士ではないので、他の先生たちのように大学で保育を勉強したことがありません。知識よりも実践が先だったため、わからないことだらけから子育てが始まりました。だからこそ知識が大切だと感じたのですね。わからないから調べようと勉強し始めたのがきっかけで、保育に出合いました。

今、保育の専門的なことを勉強するたびに、自分の子育てを振り返って考えてみることができるので本で勉強していてもイメージすることができます。体験が理解につながるということは、こういうことを言うのだと実感しています。

だから、何事も遅いということはないのですね。
子どもの頃は、あれほど勉強嫌いだった私が、今勉強することがとても面白いと感じています。


話は変わりますが、これからの学校教育は大きく変わっていくそうです。
今までの一斉型の授業ではなくなっていくそうですよ。

子ども達が大人になる数十年後は、今ある職業が半分ほど消えていくと言われています。
第一に消える職業は、銀行の窓口業務だと言われているそうです。
人工知能が発達し、そのような業務はロボットが行えるようになります。
究極のところ、人工知能のロボット社会になればなるほど、人間の手作りの仕事が重要視されることは間違いなさそうです。

ですから、今のように一斉授業で知識を詰め込む教育をしても、将来使えない教育なのかもしれません。だって一次方程式なんて、大人になって一回も使ったことはないです。それよりも、意欲や根気、好奇心といった心は社会に出てから絶対的に必要な資質・能力になります。

このような背景から、これからの学校教育は子どもが興味があることを追及していく授業が増えていくと思われます。それは、資質・能力を育てるためであり、その傾向は保育の分野にも降りてきています。

保育所の役割は、ますます重要になっていて、平成30年に改定される保育所保育指針では、保育所は教育機関にあたることが初めて記載されました。これは保育所は、養護と教育を一体的に行うことを業務とすることを表しているのです。

従って、保育所の保育士は、幼児教育も勉強する必要があります。
特に3歳児以上では、小学校就学までに育てたい10の項目を指導案の中に取り入れてほしいです。

新しい保育所保育指針だけでも、かなりの量を勉強する必要があります。
それだけでなく、幼稚園教育要領や小学校の学習指導要領も併せて確認しておくことが必要だと思います。

読むだけで大変な量の資料ですが、私はこれが面白くてもっと知りたいと思いながら読んでいます。

興味のあることは、大変だとは思いませんね。
子ども達もきっと、自分の興味のあることなら進んで勉強するようになるでしょう。
もしかして、私のように勉強だとは思わず、自分の興味を満たすための楽しみに思ってくれるかもしません。
そう、乾いたスポンジが水を吸い込むように、勝手に知識を身につけていくことでしょう。

保育も教育も日進月歩。
好奇心と探究心をもって、先生たちも新しい知識を勉強してみませんか?