初めての育児に戸惑いながら赤ちゃんを抱えて試行錯誤しているママたちを見るたびに、赤ちゃんにやっていいこと悪いことを教えてくれる人が身近にいないことがとても気になっています。

ママたちが良かれと思ってしていたことが、実は赤ちゃんにとっては生命の危険に及ぶほどやってはいけないことだったり、怪我や事故が起こる恐れがある、ということがたくさんあります。

今日は、育児でやってはいけないことをまとめてみました。

うつ伏せ寝
うつぶせ寝は、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関連性が指摘されています。まだ上手に首を動かせない赤ちゃんが柔らかいお布団の上でうつ伏せ寝した場合、鼻や口にお布団が当たって窒息する可能性もあります。うつ伏せ寝をさせるときは固い布団で寝かせ、決して目を離さないようにしましょう。

赤ちゃんを暖めすぎない
風邪を引かないように布団をかけてあげたり暖房をつけて、少しでも暖かくしてあげることがあると思います。しかし、赤ちゃんを暖めすぎることは危険です。赤ちゃんは呼吸中枢が未熟なため、呼吸が不規則になることがあります。
通常は自力で呼吸を再開しますが、眠った時に服を着せすぎていたり、布団をかけすぎていると、体温が下降しないため、この呼吸中枢の応答が低下し、無呼吸状態からの回復が起こりにくくなります。こまめに室温を調整したり、赤ちゃんが汗をかいていないかチェックしてあげることが重要です。また、赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、大人よりも1枚くらい服が少なくても平気ですのでその点も注意してください。

強く揺さぶる
「乳幼児揺さぶられ症候群」という言葉をご存知でしょうか?
赤ちゃんをあやす時によくされている「たかいたかい」ですが、それだけでも赤ちゃんにとっては深刻なダメージとなることがあります。 身体が強く揺さぶられることで脳が頭蓋骨の中でぶつかって、脳にダメージを受けることです。これにより脳に障害が出たり、寝たきりになってしまう赤ちゃんもいるので注意が必要です。
まだ首が座っていない時期には絶対やってはいけないことですが、大きくなってからも首を支えてあげるなどして充分気をつけましょう。

首への強いマッサージ
幼児・乳児にやってはいけないマッサージ一です。首ひねり死亡例もあるので絶対にしないでください。赤ちゃんの首を強く動かすことは頚椎を痛める恐れがあります。これにより、10〜20秒くらい無呼吸になることがあります。赤ちゃんは首の延髄にある呼吸中枢が未熟なため、このようなことがよく起こります。0歳児が不慮の事故で亡くなる場合、その原因は「窒息」であることが最も多いのはこのためです。

ベビーマッサージのやりすぎ
ベビーマッサージでついついやりがちなのが、1日に全身のマッサージをやってしまうこと。
マッサージ自体は親子の触れ合い(スキンシップ)ですので大切なことなのですが、全身を一気にマッサージしようとはしないでください。相手はまだ乳幼児です。大人の感覚でマッサージをしていては負担になることも多くあります。疲れの原因にもなりますので、1日に行うマッサージは部分的に短時間でやさしく行うようにしましょう。

手首や腕だけを持ち上げない
小さい子どもは間接が外れやすいので、脱臼する恐れがあります。手首や腕だけを持って強く引っ張らないようにしましょう。抱っこするときは手首や腕をもって立ったまま抱っこしたりしないように、脇の下に手を入れるようにして抱っこしてあげましょう。

子どもだけを残して車から離れない
悲しいことに毎年子どもの車内放置事故が起こっています。親が「ちょっとだけ」と子どもを車中に残し、その結果熱中症で死なせてしまったり、子どもが自分でドアを開けて外に出て事故にあう、誘拐など、少しの時間でも絶対に子どもを車内に残して車から離れないようにしましょう。

入浴中に首浮き輪を使わない
入浴時に赤ちゃんが喜ぶ首浮き輪。
楽しそうにしてくれるグッズですが、目を離すと大変危険なことになります。首浮き輪は、C型になっているため、首から抜けて溺れてしまう可能性があります。消費者庁からも注意を呼びかけているので、できれば使わない方が賢明です。

抱っこひもからの落下
外出時に便利な抱っこひも。人通りが多いところや階段も歩くことが出来るので、外出時の必需品だと思います。
しかし、絶対に安全だと過信してはいけません。抱っこひもを使用している時に赤ちゃんが落下する事故が後を絶たないため、東京都は利用者に対し注意を呼びかけています。また、人気メーカーの抱っこひもは残念ながら偽物が出回っています。
偽物は赤ちゃんを守るベルトの部分がゆるみやすかったり、バックルがはずれてしまうことがありますので大変危険です。物ブランドに騙されず、安全点検もきちんとされている本物を買うようにしましょう。

1歳以下の子どもに蜂蜜を与えない
蜂蜜(はちみつ)といえば、砂糖よりも健康的に天然の甘味を摂取できて、栄養もたっぷりだというイメージですが、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけないと言われています。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌として有名ですが、1歳未満の赤ちゃんは体内にボツリヌス菌が侵入したら、抵抗もむなしく菌が増殖する可能性が非常に高く危険です。昨年、離乳食に蜂蜜を使い、乳児が「乳児ボツリヌス症」を発症して死亡した事例もあります。厚生労働省は1987年から、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう指導しています。

2歳以下の子どもに井戸水を調乳に利用しない
ボツリヌス菌の存在は井戸水でも発見されています。
調乳には井戸水を使用しないでください。
また、井戸水や湧き水の中には、ピロリ菌も確認されています。ピロリ菌は主に2歳以下の子どもの頃に感染してしまうそうです。それが大人になって、胃がんの原因菌となってしまうこともあります。不衛生な水は使わないようにしましょう。

赤ちゃんへの無表情と無反応
赤ちゃんのストレスといっても、ほったらかしにするとかご飯をあげないとか、そんな当たり前の話ではありません。それはただの育児放棄です。実は赤ちゃんや乳幼児にとっては耐え難いストレスとなっていることは、親の無反応と無表情です。日常的に育児者にこの状態が続いた場合、子どもの言葉や発達、発育の遅れなどの報告があります。
赤ちゃんだから何もわからないと思っていると大間違い。急速に脳が発達する時期です。
赤ちゃんには愛情を持って、笑顔で接してあげましょう。



現代は核家族化が進み、育児を学ぶ機会がないまま親になっている人がたくさんいます。
知らないでやっていることが、とても危険だということに気づけないことが大きな問題です。
周りで気づいてくれる人や助言してくれる人もいないまま、悲しい事故や事件が起こっています。

最低限育児で絶対にやってはいけないことは知っておいてほしいですし、
反対にもっとやらせてほしい遊びや体験もたくさんあります。

親御さんたちは育児のポイントを学び、
どうぞ親子とも健やかに過ごされますよう願っています。


今日も保育について取り上げてみたいと思います。

そもそも「保育」とは何か?
ということも、人によってその理解が違うな、と思います。

全国の保育園の園長先生が大体同じことを言っていらっしゃるようですが、
もう一度、確認のために書きます。

「保育」を一言で言うと、『生きる力を育むこと』です。

そして、保育士は、
「保育=生きる力を育むこと」を乳幼児に身に着けさせる人(プロ)であり、
保育園は、
「保育=生きる力を育むこと」を就学時(小学生になる)迄に身につけさせる場
だということが言えますね。

平成30年度からの保育所保育指針に、保育所は教育施設と明記されます。
新しい保育所保育指針にも就学前までに身につけたい10の項目が記載されていますが、保育は養護と教育が一体化される行いであり、その中でこれまで以上に保育現場での養護と特に教育を重視されています。

何度も言いますが、保育の中の教育は、養護と一体化されるものです。
お着換え、トイレ、食事、午睡、遊びの中で、生きる力を導くようにするのが保育士の仕事なんですね。生活の中で生活を陶冶していくことで、生きる力を身につけていくのです。3歳未満児が自然とそれを身につけていくことはない、と思ってください。大人からの働きかけや誘導が重要なのです。これが保育の中の教育です。

保育士の仕事って、ただ子どもが好きな人が子どもが可愛くて面倒を見てあげるだけではないのです。可哀想だから抱っこしてあげる、おやつをあげる、言うことをきいてあげるというのでは、子どもの伸びようとする芽を摘んでしまっていることになりかねません。

子どもは少しの試練を与える方がよく伸びます。
我慢する心が育たないと、単なるわがままになってしまうかもしれません。
それでは、子ども自身が将来困った子、困っている子になってしまいます。

子どもの主体性を理由に、子どもがやりたいことを何でも自由にやらせている人もいますが、3歳未満児に正しい判断ができるでしょうか?やっていいこと悪いことも教えていかなければ、生きる力には繋がらないのではないかと思います。

どこまで手出し口出しするか、この見極めが重要なんです。
保育士も我慢が必要ですね。

今日は保育士について取り上げてみたいと思います。

保育士は保育の専門知識をもった国家資格なんですが、
実際の保育の場面においては、小さな疑問がたくさん出てきます。

学校で勉強しただけでは実際の保育現場では足りないのですね。
だから経験を積むために実習するわけですが、
頭ではわかっているつもりでも、想定外のことがたくさん起こります。

例えば、突然お友達をかんだり、突飛ばしたり、ケンカが始まったり…。
突然吐いたり、熱を出したり、ケガをしたりと事件事故が勃発するんですね。
それもいつ起こるかわからない”ヒヤリハット””が起こっています。

これは経験を積むしかないのですが、経験を積んだ保育士さえ、
子ども一人にあった関り方を常に模索しているんですね。

ですが、保育士は親ではありません。
子どもの第一責任者は保護者ですので、その旨をわきまえて保育しなければなりませんし、保護者の方も保育士に任せっぱなしではいけないのです。保護者と保育士は、共に子どもを育てるパートナーです。協力して子育て保育をする立場だということをご理解ください。

話は保育士に戻しますが、
保育士さんにもいろいろで、保育方針も園によっても人によっても異なります。
この園や保育士の保育方針でどんな子に育つのかを想像するといいと思います。

保育方針って大事なんですよ。
保育園に預けるときは、そこをよく確認してください。


これは私の考えですが、
長年、我が子や保育園・学童保育の子どもたちの育ちを見ていて思うことがあります。
「子どものためとか、可哀そうの定義って何だろう」です。

手助けしなければいけないところと、黙って見守っていればいいところ。
教えなくても学べることと、教えなければならないこと。
集団で合わせるところと、個別で対応するところ。
同意しなければならないんだけど、同意しちゃいけないところ。
のポイントがあると思います。

これはいいけど、これはいけない。
悪いことなんだけど、いいこともある。

なんだか矛盾した話ですが、要するに柔軟性が必要なんですね。
柔軟な対応ができるということは、それだけのスキルを持っていなければできません。
だから、研修で学んだり、実習で経験を積んだりするのです。
保育士は頭が柔らかい人の方が向いています。
現場では突発的のことが起こるし、時代とともに保育も変わっていくからです。

保育所保育指針には、保育士の自己研鑽のことも書かれています。
保育士は常に切磋琢磨して、自分磨きをしてほしいなと思います。

もうすぐ2歳の孫はよくしゃべるようになって、
何でも「じぶんで~ じぶんで~」と言ってやりたがります。

結局自分ではできないのですが、わが子と孫の違いはここなんです。
不思議なことに、私が待てるんですね。
わが子の時は待てなかったんです。

なんでかな? どこが違うのかな?

ちょっと考えてみたらいくつか思いつきました。

・その先が見えている
ここで自分がイライラして無理やりやってあげても、大泣きするのは目に見えている。それなら思う存分やらせて満足してあげた方がすんなり次へ移れるのがわかっている。
・客観的に見ている
我が子との決定的な違いは、親の責任がないこと。だから逆に客観的に見られる。
・余裕がある
我が子の子育て中は近くに頼れる人がいなくて、何でも自分でやらなければならない状況だった。今は他の子ども達も成人しており、手がかからないため心とお金に余裕がある。
・子育ての経験がある
我が子の子育てである程度経験しているので、焦りもなく慌てないでいられる。


自分で書いていて思いました。
一番変わったのは私自身の内面かもしれませんね。

ということは、親が頑張りすぎるよりも、先輩達に応援してもらう方がいいということではないでしょうか。

子育てというから親の責任が重くなるのです。
本来は子育ちなのかもしれません。
子どもには育つ力があります。
その力を信じて伸ばしてあげられるように、少しだけ手助けすればいいのかもしれませんね。

してあげることより、させてみる。
小さいころの少しの失敗は大したことはありませんよ。

自分が出来なければ、祖父母さんにお願いしたらいいです。

祖父母さんは、わが子の子育てをちょっとだけ手助けして。
だけど、孫の甘やかしはダメですよ。

今の親御さんたちは、働いている人が多いので仕事と育児の両立は大変ですね。
頑張りすぎないようにしてくださいね。

私が子育てしていた頃と違うな…と思うことがあります。
それは、子どもがヒートテックを着ていること。

大網白里市は温暖な気候なので、東北や北海道よりもそれほど寒くないと思いますが、子どもたちの中にはヒートテックを着てその上からトレーナーとジャンバーを着ている子がいます。
案の定、「暑い暑い」と言って、シャツ1枚になっています。


子どもが寒がりだというご家庭のお子さんは、小さいころから親が「寒くないの?」「寒いから靴下をはきなさい」「寒いわよ」など、「寒い」という言葉を多く使っていることが多いようです。親が寒がりだと子どもも寒がりになります。
子どもを強くしたければ、「このくらい寒くない」と言わないとね。

我が子ことでなんですが、高校3年生になった二男は今でも家では年中半そではだしです。
ヒートテックを着て学校に行くことはありません。
それでもめったに風邪など引かずに過ごしています。

…という私は宮崎生まれなので、とっても寒がりなんですよ。
でも、子どもには「このくらい寒くない」と言って育てました。

子どもは風の子。寒くてもいいのです。
寒ければ子どもは自分で動いて温まります。
厚着をするとかえって動きづらくなり、動かない子になるかもしれませんよ。


実は、「子どもは薄着がいい」というのには根拠があります。
保育園や幼稚園でも、風邪への免疫力をつけるなど、健康的な体づくりのために冬場でも薄着を実践しているところが多いですね。園だよりに書いてあるところもあると思います。やはり子どもには薄着がいいんです。

もともと人間は「暑さ」や「寒さ」に対して対応できる力を持っていて、子どもの頃からの「暑い」「寒い」を肌で感じることで、この対応力が高まっていくといわれています。そのため、冬場でもある程度寒さを感じるようにしておくことが、健康的な体づくりには大切なのですが、厚着をしているとこの感覚が鈍ってきてしまうことがあります。

そもそも子どもは大人よりも体温が高いため、そこまで服を着込む必要がありません。
むしろ、あまり服を着込み過ぎると、汗をかいてかえって風邪をひいてしまったり、体の体温調節機能を養うことができなくなってしまいます。普段はできるだけ薄着で、外気温の変化に対応できるような体を作っていきましょう。また、屋内でも冷暖房に頼らず、冬場の時期なら体を動かして温かくすることで、体温調節機能が養われます。

生後半年過ぎたら、大人よりも1枚少なくするのが目安です。
3歳を過ぎたら、体調が良ければ2枚くらい少なくても大丈夫です。


薄着は自律神経が強化されます。
自律神経は生命活動を維持するために必要な神経で、眠っているときの呼吸や心臓の動き、暑いと汗を掻くなどの体温調節をコントロールしています。自律神経の機能に支障をきたすと、子どもも大人と同様に、貧血、頭痛、冷え性、低体温、下痢や便秘などの体調不良が起こりやすくなります。

薄着で過ごすことにより、皮膚は暑さや寒さを敏感に感じやすくなります。血管の収縮・拡張を繰り返し、体の体温調節機能が養われると、自律神経のバランスが発達していきます。

逆に言えば、普段から厚着をしていると、皮膚の感覚が鈍くなり、本来なら寒いときに体を温めようと働いてくれる自律神経の働きも鈍くなってしまうのです。


寒さ対策のために厚着をするのも一つの方法ですが、薄着を心がけて動きやすい服装にして、たくさん運動させてあげることも寒さ対策になります。

子どもは大人よりも基礎代謝が大きいため、少しの運動でも体が温まりやすいです。
自分自身で動いて温まる、ということを教えてあげてほしいと思います。