私は子どもの頃、勉強が苦手で嫌いでした。
できないものだから親からきつく叱られ、ますます大嫌いになりました。

反対に、体育と図工は得意で、いつも皆の手本に選ばれていました。
できるものだから皆から誉められ、ますます大好きになりました。

その後、嫌いな勉強はあまり伸びませんでしたが、
好きな体育は、体操部の大会で3位になり、
好きな絵画は、展覧会で一席をとりました。

苦手なことを親がいくらきつく叱っても、子どもが素直に受けいれることはありません。厳しい言葉を受けいれるのは、『認める・誉める』が前提にあるからですね。

それには、できないところをきつく言うのではなく、
まずは、できたところや得意なところを認め、伸ばしてあげることです。


大人になって私は、得意な分野を追及していくことで、嫌いだった勉強をするようになりました。
わからないことや興味が出てきたことは、まるで乾いたスポンジが水を吸収するかのように、本を読みまくり知識を吸収していきました。
気がつけば、図書館一角の本を全て読んでいました。
20代後半になってから勉強することに目覚めたんですね。
そこで身につけた知識は、今でも頭の中に残っていて活かされています。

今は毎日、保育や福祉の勉強をしています。
わからなかったことや知らなかったことが、明確にわかるようになるのがこんなに楽しいことだなんて、子どもの頃に勉強する喜びを知っていれば、もっと違った人生になっていたのかなと思ったりしています。
今年は通信教育で1年間勉強して、資格取得を目指すのが目標です。


今になって思うことがあります。
人生は楽しむことが目的であって、苦しむことではない。
苦しいことをずっと我慢して人生を楽しめなかったら、せっかく生まれてきたのにもったいない、と…。

自分の得意なことを仕事にできたら、人から頑張れと言われなくても
自ら創意工夫して、結果として頑張ることができるのだと思います。

子どもは未知数の可能性があります。
どこで花が咲くかはわかりません。
花を咲かせるのは、子ども自身なのです。

親はその花を咲かせるために、お日様になり、水になり、時に土になりすればいい。
無理やり咲かせることは、誰にもできないのです。

子ども達が将来どんな花実をつけるのか、楽しみですね。

保育所ってどんなことをするところかご存知でしょうか?

仕事などで子どもの面倒をみられない家庭の子どもを親に代わって保育する場所、というイメージがありますね。それもありますが、ただ子守りをしてくれる場所だけじゃないんですよ。

保育所にはキチンとした「保育所保育指針」が存在します。
これは、学校に「学習指導要領」、幼稚園に「幼稚園教育要領」があるのと同じように、保育所における子どもの保育や施設の条件や年代別の対処、保育士や施設長の在り方や自己研鑽することまで事細かく書かれています。
これを元に、私たち施設長や保育士等は、保育環境を整えるために日々努力を行っているのです。

「保育所って何をするところだろう?保育って何だろう?」と思ったら、保護者の方も一度、保育所保育指針に目を通してもらえるといいかもしれませんね。
子育ての勉強にも役立ちますよ。


まずはじめに、
「保育所保育指針」(ほいくしょほいくししん)とは、1965(昭和40)年に保育所における保育内容の基本原則として、厚生労働省が告示する保育所における保育の内容に関する事項及びこれに関する運営に関する事項を定めたものです。現行の保育所保育指針は、平成20年に改定されたもので、10年に一度改定されます。

保育所は、この基本原則に沿いながら、保育所の実情や地域性などに応じて、創意工夫を図り、保育所の機能や質の向上に努めていかなければなりません。これは、保育所保育指針においても、各保育所の独自性や創意工夫が第一義的に尊重されるべきであるとしたうえで、保育所における一定の保育水準を保持するためには、各保育所が行うべき保育の内容等に関する全国共通の枠組みとして、各保育所が拠るべき保育の基本的事項を定める必要があることを示しています。

つまり、保育所保育指針には法的効力があり、保育所はこれに従って保育することが求められていて、これに従わなければ罰せられることもあります。ですから、保育所(園)の施設長や園長はこれを監督しなければなりませんね。

次回の改定は、2017(平成29)年度に厚生労働省から告示され、2018(平成30)年4月1日に施行される予定となっています。

この改定は、
 ①2015(平成27)年度から子ども・子育て支援新制度が施行されたこと
 ②0~2歳児を中心とした保育所利用児童数が増加していること
 ③児童虐待相談件数が増加していること
などの社会情勢の変化を受けて、以下の保育所保育指針の改定の方向性に沿った見直しが図られています。

保育所保育指針の改定の方向性(平成30年4月施行予定)
 ①乳児、1歳以上3歳未満児の保育に関する記載の充実
 ②保育所保育における幼児教育の積極的な位置づけ
 ③子どもの育ちをめぐる環境の変化を踏まえた健康及び安全の記載の見直し
 ④保護者・家庭 及び地域と連携した子育て支援の必要性
 ⑤職員の資質・専門性の向上

出典:『保育所保育指針の改定に関する中間とりまとめ』の情報を基に作成(平成29年2月現在)

保育のヒントより~

また、保育士等は、保育の質を高めるために園内外の研修を行わなければなりません。
当園では、毎月の園内研修と日本保育協会等の研修を毎年受けています。研修報告は園内外で保護者や行政にも行ったり、自己評価チェックリストで自分の保育を見直したりしています。


年長児の保育については、今年から小学校教育を考慮して、入学準備として生活面と学習面の自立を目指していきたいと思います。

ちなみに、小学校には小学校学習指導要領があり、公立の小学校はそれに従い授業を行っています。

文部科学省HP「現行学習指導要領・生きる力」に
「生きる力を育むために、子どもたちの未来のために」とう記述があります。

現在の学習指導要領は、子どもたちの現状をふまえ、「生きる力」を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視しています。 この基礎となるものが、実は乳幼児期の保育なのです。「すべては保育に繋がる」との言葉もあるほど、乳幼児保育はとても重要なのですね。

現行の学習指導要領の特徴に、この「生きる力」を育てることがあります。

では、生きる力とは何でしょう?
生きる力とは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力。
自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性。
たくましく生きるための健康や体力。
こうした資質や能力を、変化の激しいこれからの社会を[生きる力]と称することとし、
これらをバランスよくはぐくんでいくことが重要。
と述べたことから、教育の新たな目的の一つとして上げられるようになりました。

保育所でもこれを受け、保育と教育を一体的に行うことにより、
”生きる力の基礎”を培うことが大切だとされています。


ご家庭での子育て・教育方針のご参考にしていただければと思います。


ご興味のある方は、こちらもご覧ください→保育所保育指針解説書

保育の場面では、子ども達とのいろんなエピソードがありますが、
とっても微笑ましくて面白い保育士さんの投稿があるのでご紹介したいと思います。
子供たちとの「ピュア過ぎる」エピソードで話題! カリスマ保育士てぃ先生の、マニュアルがないからこそ楽しい保育とは?
保育士さんには是非、読んでほしい内容でした。

保育の仕事は大変なことも多いのですが、
保育の魅力は、なんといっても子ども達とのやり取りですね。

去年はできなかったことが、今年は楽々とできるようになる子ども達。
子ども達の成長が感じられると同時に、親御さんや保育者の成長も感じられます。

この仕事をやっていてよかったと思う瞬間です。

これからも、子どもも大人も成長できるような保育園にしていきたいと思います。

先日、半日だけ1歳の孫を預かったのですが、
お昼寝をさせようと一緒に布団の上で横になっていたら私の方がウトウトしてしまい…

ハッと気づいたら、部屋はテッシュだらけ…。
バックの中身は全部ばらまかれ、紙袋をビリビリに破いている最中でした

その時の私はというと、「ま、いいか」の気持ちでした。
そして気づきました。
我が子の子育て中は、こんな時イライラしていたかもな…と。

そして、一通りいたずらをした後、なんと自分から布団に来て、
何事もなかったかのように、すやすや寝てしまったんです。

な~んだ、子どもって寝かせつけようとしなくても、眠くなったら勝手に寝るんだな。
と思ったら、我が子の子育て中には、相当無駄なエネルギーを使っていたことにも気づきました。

そして、我が子を育てているときには見えなかった親という自分の姿が、
孫は親と対で見えてきますね。
だから、一歩下がった所から、親子のやり取りを見ることができるので、
子育てを客観的に見ることができることにも気づきました。


子育てで、イライラしたりストレスを感じている人は、
「ま、いいか」と思う心のゆとりを持つといいかもしれません。

イライラしてエネルギーを使っても、「ま、いいか」と思えばイライラも軽くなります。
イライラしても、「ま、いいか」と思っても、どちらでも行き着くところは同じ、ということの方が多いような気がします。だったら、余計なエネルギーを使わず、余裕のある1日にした方が、私は良いと思います。

掃除は?
⇒今やらなければならないことを優先させて、「とりあえず、夕方までは掃除機だけでもかけておこう」とか、「とりあえず、玄関だけはきれいにしよう」とか、とりあえず、毎日一か所掃除をしていればOK。全然やらないのは問題ですが、今やってもやらなくても、どちらでもいいという気持ちでお掃除しましょう。

洗濯は?
⇒育児中は、洗濯物が山のようですね。 雨の日が続くと最悪です…。
まとめてコインランドリーでもよし。部屋干しでもよし。
思いきって、乾燥機や除湿機を買ってもよし。

育児は?
⇒ミルクでもOK! 母乳ならなおよし!
どちらでも子どもは育ちます。

家事も育児もキチンとこなせればいうことないですが、そのためにお母さんがイライラして家庭の雰囲気が悪くなるようならこれは問題です。家事や育児を完璧にするよりも、お母さん自身の心のゆとりを持つことの方が家族にとっては重要なことです。ですから、この時期は家事は少しくらい手抜きしてもOKだと思いますが、いかがですか?


子どもが大きくなると、もっとたくさん選択肢が出てきますよ。

保育園がいいか、幼稚園がいいか。
私立にしようか、公立にしようか。
習い事や塾はどこにしようか。
進学は。
就職は…。

子どものためにどちらかを見極めることは大切ですが、第一志望がダメで第二希望に進んでもそれも人生。一生懸命に取り組んだ結果なら、どっちの道に進んでもよしとする心のゆとりがあったらいいですね。

結局は、どちらにころんでも自分次第。
親も子も、どんな道でも、自分の人生を受け入れられる人に育っていることが大事なんだと思います。

皆さんは、レジリエンスをご存知でしょうか?

レジリエンス(rasilience)とは、
困難な状況であっても、柔軟に対応しそれを乗り越えていく力のことで、精神的回復力、抵抗力、復元力、耐久力などとも訳されています。いわゆる「折れない心」のことです。

実は今の教育・保育では、このレジリエンスを育むことが求められているんです。
乳幼児だけではありません。今、都内の私立高校でレジリエンス 逆境力 “折れない心”を育てる授業が行われているそうです。また、日本の企業でも独自のやり方でレジリエンス研修を行っている会社も出てきているようです。

ということは、現代人は、すぐに心が折れてしまう人が多いということでしょうか…。

この現代社会で生き抜いていくためには、やはり子ども時代に”心を育てる”ことが大切だということです。


レジリエンスという概念が注目され始めたのは1970年代。
きっかけの1つとなったのが、第2次世界大戦でホロコーストを経験した孤児たちの研究でした。
孤児たちのその後を調査すると、過去のトラウマや不安にさいなまれ生きる気力を持てない人たちがいる一方で、トラウマを乗り越え仕事に前向きに取り組み、幸せな家庭を築く人たちもいたのです。
同じ経験をしながら、その後の人生が大きく違うのはなぜか?
研究から、逆境を乗り越えた人たちには共通の傾向がある事が分かってきました。
NHKクローズアップ現代「“折れない心”の育て方 ~「レジリエンス」を知っていますか?」より~

レジリエンスには、心が折れないための4つの要素があります。
・感情のコントロール
・自尊感情
・自己効力感
・楽観性
・人間関係

このどれも、結局は「人間関係」に繋がっています。
・感情のコントロールは、ケンカをして悔しい思いや仲直りして嬉しい気持ちの感情体験が必要です。
・自尊感情は、アタッチメント(愛着)理論から成り立つものです。親子のふれあいや親しい大人とのしっかりとした愛着の形成が大切です。
・自己効力感とは、人が何らかの課題に直面した際、こうすればうまくいくはずだという期待(結果期待)に対して、自分はそれが実行できるという期待(効力期待)や自信のことを自己効力感といいます。つまり、「自分を信じて頑張れる気持ち」のことです。これも自尊感情があればこそです。
・楽観性とは、プラス思考のことで、物事を肯定的な方向に捉える考えを行う傾向のことです。 ポジティブシンキング(Positive Thinking)、積極思考ともいいます。

保育園という立場からレジリエンスを考えた時に、私が今までやってきた保育経験から言えることは、

・乳児期はアタッチメントの形成を重要視すること
・自然の中で伸び伸びと自分のやりたいことをやれる時間があること
・異年齢の中で、様々な年齢の人とのふれあいが多いこと
・乳幼児期に小さな成功体験をたくさん積ませること
・幼児期に小さな失敗や課題を乗り越える経験を積ませること
・心が解放できる時間をつくること

そのうえで、躾を教えることです。

心が育っていないうちには、いくら厳しくしたところで乗り越えることは困難になります。
人間の基礎となるものを、子どもの頃に身に付けておく必要があるのではないでしょうか。

なぜ教育するのかと言えば、その子が将来社会に出た時に自分の人生を自分の力でたくましく乗り越え、自分の夢や希望を達成するために必要な知恵や経験を持たせるためではないかと考えます。
それならば、大きな根っこのあるたくましい人間に育てておくことが大切ですね。
乳幼児期は人生のはじめのたかが数年間ですが、その子が生きる寿命の大部分の人生の基礎が集約されていると思えば大変貴重な時間です。

学力だけあってもダメな時代です。
知・徳・体のバランスのいい人間の育成が、レジリエンスを育てるということだと思います。