今回の北海道の旅で、改めてPHPの素晴らしさを学んだように思います。

私がPHPを知ったのは20代の頃。
松下幸之助の生き方に感銘し勉強していたところ、松下さんが晩年に創設したPHP研究所を知りました。

PHPってなんだろう?
と思ったのが、PHP本誌の読者になったのがきっかけです。

PHPとは?
(株)PHP研究所は昭和21年(1946)11月3日に松下幸之助によって創設されました。「PHP」とは、“PEACE and HAPPINESS through PROSPERITY”の頭文字で、“物心両面の調和ある豊かさによって平和と幸福をもたらそう”という意味です。月刊誌『PHP』は、そのための知恵を集め、知恵を届ける機関誌として、昭和22年(1947)4月に創刊され、現在に至っています。
 (株)PHP研究所が創設された昭和21年は、第二次世界大戦の敗戦直後で、日本は日々の食事にも事欠く大変悲惨な状況にありました。その中で松下幸之助は、「これが本来の人間の姿だろうか」という強い疑問と憤りをもち、人間のあるべき姿を求めて研究し、さまざまな人に教えを請いました。そして、「万物の霊長たる人間は、本来、物心ともに豊かで、平和に、幸せに生きていくことができるはずだ」との信念をもつに至り、そのための方策を衆知を集めて見出すために、(株)PHP研究所を創設し、PHP活動を開始しました。

素直な心になるために
松下幸之助創設者は、「素直な心」を次のように定義しています。
「素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受ける心、分を楽しむ心であります。また、静にして動、動にして静の働きのある心、真理に通ずる心であります」。
お互い人間が最も好ましい生き方を実現していくには、それにふさわしい考え方や行動をすることが大切で、その根底になくてはならないものが「素直な心」であるというわけです。



私は、この「素直な心」というのがすごいことだと感じています。
大人になると、しがらみやプライドが邪魔をして、人の話を素直に聞き受け入れられなくなるからです。

どうして、しがらみやプライドが出てきてしまうのか?
それは、その人がそれまで生きてきた中で身につけた自分を守る生きる術だったからでしょう。しかし、それが強すぎると大切なものが見えなくなってしまいます。人の話を聞けなくなってしまいます。孤独な生き方を選ぶようになってしまうかもしれません。
それでもいいと思っていても、どこかで不安になるのが人間です。
独りでは生きていけないのです。

松下幸之助が言った素直な心とは、なんでも人の言うことを聞いて従うことではありません。心を澄ませて、大切なことを見つめなさいということです。真理を見極めることです。


今回の北海道の旅で、京都在住の88歳のKさん(女性)と沖縄以来の再会を果たしました。
Kさんはとても素直なのです。
年下の私たちにも、「うれしいわ」「ありがとう」「感謝しています」とニコニコと笑って頭を下げられていました。うれしい時にはうれしいと言い、楽しいときには楽しいと言い、人から手伝ってもらった時には感謝の言葉を何の見返りも求めずに、素直に言えることが本当に素晴らしいと思いました。

だから、Kさんの周りにはいつも人だかり。
全国を飛び回っているから、日本中に仲間がいます。
北海道からでも、九州からでも、何かあればKさんに会いに皆さんが集いに来られます。

人は独りでは生きていけません。
やさしさと思いやりの方が、しがらみやプライドよりも遥に自分を守ってくれる生きる術になるのです。

素直になるには勇気が要ります。
特に男の人は素直になるのはなかなか難しい。
心を開くこともできない。
頭を下げられない人も多いですね。

でも、神様はうまいこと見せてくれます。
周りの人が鏡になってくれるのです。
自分の周りの人間関係が良いか、悪いか、
それは他人が原因ではなく、自分自身を写す鏡なのかもしれません。

私も素直な心になりたいな。
Kさんの生き方を見させていただき、そう感じました。

北海道2日目は、夕張にある”ユンニの湯”でお泊り。
温泉は、コーヒー色の美肌の湯で、お肌がすべすべになりましたよ。

女子組は5人部屋で、まるで修学旅行みたい。
おしゃべりが止まらず…
とても楽しいひと時を過ごしました。


3日目の最終日は、
DSC_2371-2.jpg
二条市場内にあるご飯屋さんでランチを食べ、解散。
それぞれ帰省する時間まで、別行動で観光に行きました。

私たち東京羽田組は、札幌の駅周辺を散策。

≪さっぽろテレビ塔・展望台≫
DSC_2338.jpg

展望台からの眺め 大通り公園
DSC_2377.jpg

二条市場
DSC_2381.jpg

時計台
DSC_2386.jpg

北海道庁
DSC_2387.jpg


3日間の北海道の旅を終え、昨日、無事に帰宅しました。
あっという間でしたが、北海道のPHPの仲間と交流できたことは、
とても有意義な時間になりました。

北海道の人は、おおらかで明るく楽しい方ばかり。
PHPの素晴らしい大先輩たちの後姿を追いかけていきたいなと思いました。

今度は、10月に福島で行われるPHP全国大会が合言葉でしたが、
時間が許せばまた是非、皆さんとお会いしたいです。

北海道の皆さん、お世話になりありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

7月11日(土)~13日(月)で、北海道へ行ってきました。
目的は、”PHP千草屋の集い”に出席すること。

11日、新千歳空港から札幌へ向かい、石狩当別駅で下車。
そこからバスで10分ほど行くと、森の中にポツンと可愛らしい小屋が現れてきました。
Tさんご夫妻が営む”千草屋”です。
陶芸の小屋もありました。

廃校された小学校をTさんご夫妻が買い取り、千草屋を建てたそうです。
私は初めての参加でしたが、今年で17回目の集いだそうで、
今年も全国のPHP友の会関係者の方が来られました。

今年は、世界中の秘境を旅して来られた有名な冒険家の方が、
スライドを見せて説明してくださいました。
chigusaya39.jpg


お待ちかねのジンギスカン・バーベキューが始まりました。
chigusaya27.jpg
chigusaya45-2.jpg
自然の中で食べるバーベキューは最高です。

その後も会は盛り上がり…
chigusaya52-3.jpg
chigusaya23.jpg
chigusaya25.jpg

この日は、千草屋でみんなで雑魚寝でした~

11月28日(土)に沖縄で開催された『第28回PHP友の会全国大会・沖縄大会』の中で発表した『会員発表』での本文をご紹介します。
一部省略がありますので、ご了承ください。

・・・・

 皆さん、はじめまして中嶋悦子と申します。私は高校3年生の娘を筆頭に、2男2女、4人の子どもの母親です。今日は、NPO法人民間児童館おおきなかぶ設立から、現在までのご報告と、私の思いを発表させていただきます。
 平成19年3月、私は民間児童館おおきなかぶを立ち上げました。学童保育、学習教室、母親セミナー、赤ちゃんサロン、PHP友の会「めだかのがっこう」などの子育て支援活動を行っています。
 設立は、6年前に0町に引っ越した時に、孤独な子育てを経験したのがきっかけでした。当時は引っ越したばかりで、友達が誰もおらず、親子の居場所がないことに、私は悶々としていました。この環境に納得できない日々が続いていたある日、「そうだ、なければ自分で創ろう!」と思い立ったのです。きっと寂しい思いをしているのは私だけではないだろう、という確信がありましたので、早速私は子育てサークルをつくるべく動き始めました。
 しかし、「一緒に子育てサークルを創りませんか?」と呼びかけをしても、まったく相手にされませんでした。親子のために活動しているのに、その母親たちからも冷やかな目で見られていました。でも私は、毎日地域の家庭を一軒一軒訪問し、歩き続けました。あまりにも悔しい思いをして、泣いたこともありました。しかし、どうしても自分の考えは間違いだとは思いたくなかった。だから頑張れたのだと思います。
 そうするうちに、末っ子の二男が幼稚園へ通うようになり、ママ友達や理解者もでき、一緒に子育てを考えてくれる仲間もできました。活動を始めてから1年後、おおきなかぶの原型である、子育て支援サークルが誕生したのです。
 当初は月に1回、お楽しみ会や母親勉強会などを開いていました。しかし、ここでも「子どもの声がうるさい」など、周囲の理解はありませんでした。私は次第に「児童館があったらいいな」と思うようになりました。そこで、今度は「児童館がほしい。学童保育がやりたい」といたるところで自分の思いをぶつけるようになりました。町がダメなら市へ、県へ、国へ、民間へと、理解してくれる人がいそうな所へ出向いては話し続けました。
 あれから5年の月日が流れました。私の話を聴いてくださり、理解して、支援してくださる人がだんだん増えてきました。児童館も地元の不動産会社の社長さんが、体に優しい全館無垢の木の家を建築してくださり、格安の家賃で貸してくださっています。
 現在、NPO法人おおきなかぶでは、正会員・ボランティアスタッフ合わせて、25名になりました。児童数は、学童保育20名、学習教室40名。母親セミナーの卒業生は、30名を超えました。現在も、皆イキイキと活動を続けています。

 私は活動を通して、悩んでいる母親たちの苦悩も見聞きしてきました。「母親の心が楽になって、子育てが楽しくなれば、子どもも幸せになれるのに」と思い、『子育てが楽しくなる魔法のコーチング』と題して、千葉市で母親セミナーを行っています。
 本当は、子どもをちゃんと育てたければ、母親教育が先なのです。母親の心のケアも重要な子育て支援です。しかし、その母親たちもこの不況の時代、働かなくてはならなくなりました。保育所に入れない待機児童の数は、全国で2万5千人以上にもなります。「仕事もしなければならない。でも、子どももちゃんと育てたいし、子育ても学びたい」と、今の母親たちはそう思っているのです。
 だからといって、私たちは政治や教育が変わるまで、5年も10年も待ってはいられません。待っている間に、子どもたちは日に日に成長しているのです。「だったら、今、私ができることを迷わずやろう!」そう思いました。
 平成19年12月、人材育成会社「エンカレッジ・ステーション株式会社」を設立しました。母親も、保育士も、社会人も、人材育成が大事です。大人が変われば、子どもも変わります。子どもは大人の背中を見て育つのです。そして今年4月、おおきなかぶの隣に、「ありんこ親子保育園」を設立しました。これも全館無垢の木で建てていただきました。
 子どもは異年齢の中で育てることが大切です。子どもの心を育てるためには、0歳児から小学6年生までの子どもたちを一緒に保育できる環境が必要だと思い、これを創りました。
 母親が安心して仕事ができ、子育ても学べる「おおきなかぶ学童保育」と「ありんこ親子保育園」は、きっと素晴らしい人材を育てられると確信しています。

(ではここで活動の写真をご覧いただきます)
DSCN1515-1.jpg
DSC03680-1.jpg
DSC02428.jpg
DSC02406.jpg
DSC03599-5.jpg
DSC03751-1.jpg
DSC03575-2.jpg
DSC03685-1.jpg
DSC03627-1.jpg
DSC03588-3.jpg


 私は日本の将来がとても心配です。今の子どもたちが未来の日本を支えていくのです。生きる希望の持てない子どもたちは、いったいどんな人生を歩むのでしょうか。現在、日本のニートやフリーターの数は3百万人以上。自殺者の数は、なんと年間約3万2千人にもなります。これは、世界で起きている戦争犠牲者の数よりも遥かに多い数字です。また、引きこもりや不登校、少年犯罪も確実に増えています。そんな日本にした責任は、私たちひとり一人にあるのではないでしょうか。
 私は私の責任において、日本の子どもたちをちゃんと育てていこうと決意しました。子どもたちには、自分の人生を自分で切り開ける逞しさを身に付けて、幸せな人生であってほしい。そして、世界の子どもたちも幸せであってほしい。心からそう願っています。
 今後は、そのための活動も行っていきます。

 冒頭に話をしましたが、私は4人の子どもを持つ母親です。子育て中の一介の主婦でした。お金も、時間も、地位や名誉も、学歴もありません。でも、子育てに対する思いや情熱は人並み以上に持っていました。それを教えてくれたのは、松下幸之助さんの本でした。松下さんの情熱ある経営の心を、私もこのPHPで学びました。どんな試練にも負けない心にさせていただきました。今私が活動できるのは、このPHP活動のお陰です。心から感謝しています。
 将来は日本全国、更に韓国、台湾を始めとする全世界に子育て支援の輪を広げていきたい。それが私の夢です。
 日本と世界の子育てをPHPの皆さんと共に考え、共に助け合いながら、世の中を『素直な心』で、良い方向へ導くことができたなら、きっと平和で幸せな世界に変わっていくことでしょう。そんな未来を夢みて、これからも自分を信じて進んでいきたいと思います。
 今日は皆様にお会いでき、子育てについて、お話ができて、とても幸せです。ありがとうございました。

2日目は分科会でした。

①「首里城とおきなわワールド文化王国」コース(集合8:30~空港着15:30頃)
②「美ら海水族館と北部観光」コース(集合8:30~空港着16:30頃)
③「王家の別邸と沖縄の市場(まちぐゎ)めぐり」コース(集合9:00~空港着13:30頃)
観光3コースがあり、私は②に参加しました。

その前に、なんと沖縄タイムスにPHP全国大会沖縄大会の記事が載っていました。
紙面から400人の会場の熱気が伝わってきました。
DSC03929.jpg


さあ、観光バスにて北部観光へ出発です。


始めに到着したのは、『万座毛』。
断崖絶壁の景色は綺麗でした。
DSC03930.jpg

昼食後、次に向かったのは『美ら海水族館・海洋博公園』。
DSC03986.jpg

ヒトデなどを触って体験できるコーナーです。
DSC03942.jpg

可愛らしい熱帯魚もたくさん泳いでいましたよ。
DSC03951.jpg

巨大アクリルパネルで見る水槽。
DSC03957.jpg
黒潮に育まれた沖縄の海が再現され、雄大な命の営みが繰り広げられています。
まるでコバルトブルーに潜り込んだような輝きや神秘、美しさを体感できる世界最大級の水族館でした。

エイやマンタの優雅な泳ぎをいつまでも見ていたい気分になりました。
DSC03960.jpg

まじかで見る巨大なジンベイザメは迫力がありました。
DSC03969.jpg

オキちゃん劇場では、青い海をバックにイルカショーが行われていました。
DSC03972.jpg

すごいジャンプ!
DSC03974.jpg

かわいいイルカたちの演技に感動しました!
DSC03976.jpg

曇り空でしたが、コバルトブルーの海がはっきり見えました。
本当にきれいな海でした。
DSC03982.jpg

沖縄には色鮮やかな南国の花がいっぱい咲いていましたよ。
DSC03983.jpg

次に向かったのは、『名護パイナップル園』。
DSC03987.jpg

ガイドの方が、パイナップルができるまでを説明してくれました。
DSC03989.jpg

「パイナップルは木になるのではないですよ~」とおっしゃっていました。
DSC03990.jpg
パイナップルのワインと試食のパイナップルをいただき、満足のコースでした。


この日、たまたま偶然?(必然?)バスで一緒の席になったOさんが、なんと以前住んでいた埼玉県所沢市狭山ヶ丘の方で、わが子たちが通っていたM小学校のすぐ近くにお住まいだったんです。お子さんたちもM小学校に通っていたとか。
そしてなんと初対面だと思っていたのが、(お互いに覚えていませんでしたが)3年前に松下政経塾でご一緒していたのです。「バスには他にも席が空いていたのに、私はどうしてここに座ったんでしょうね?」と言ってしまいましたが、きっと何かのご縁があって必然的であったのかもしれませんね。また近いうちにお会いする約束をしてお別れしました。


初めての沖縄は、私にとってとても印象深いものになりました。
皆様との素晴らしい出逢いがあったこそだと思います。
そんな沖縄が大好きになりました。

また皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました。