今日は、ありんこ親子保育園の地鎮祭が行われました。

昨日は大雨。まだ水が引けない状態でしたが、地鎮祭の間はお天気がもってくれました。

DSCN0100.jpg

この日が来るのを心待ちにしていました。
来年は、ここに保育園ができるんだと思うと気が引き締まります。

ありんこ親子保育園への思い』をご覧ください。

DSCN0104.jpg

保育園を建ててくれる大里綜合管理の方々とスタッフで、お祝いの乾杯をしました。
おおきなかぶ児童館(垢材の家)を建ててくれた大工さんに、またお願いします。
着工は、9月5日からです。
どうぞ、お近くにお寄りの際は見学してくださいね。

jichinnsai.jpg

保育園スタッフ(保育士)です。皆さんにご挨拶しました。
これから、皆で力を合わせてがんばっていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

jichinnsai 2

これから始まる新しい夢の実現に向けて、おおきなかぶのスタッフも張り切っています。
どうぞ、保育園入園ご希望の方は、いつでもご見学にいらしてください。
お待ちしています。

ありんこ親子保育園のホームページも制作中

保育園情報は、随時、中嶋のブログにて発信していきますのでお見逃しなく







長い夏学童も、今日で終了しました~

プール・スライム・流しそうめん・ビンゴゲーム・スイカ割り・・・。
東金こども科学館にも行ったよね。
この夏は、たくさんの思い出ができました。

みんな、最初の頃より大きくなったんじゃない
ホントに、心も身体も大きくなりました

みんな可愛い子ども達ばかりです
DSCN0083.jpg

子どもの頃から、人の役に立つ喜びを覚えたら、きっと素敵な大人になれるよ

DSCN0089.jpg

今日は最後なので、「お別れ会」をやりました。
子ども達のアイディアで、楽しいゲームで盛り上がりました~

DSCN0094.jpg

リーダーさんたち、いつも子どもたちの面倒をみてくれてありがとう
先生達の力になってくれました。

みんな、9月から元気で学校に通ってください。
困ったときには、いつでも先生達を頼って来てください。
いつまでも、応援しています。 また冬休みに会おうね

DSCN0097.jpg

保護者の皆様へ

日頃より、おおきなかぶ学童保育にご理解・ご協いただきまして、ありがとうございます。
また、数ある学童施設の中から、夏休みに私達の施設を選んでいただき、心から感謝申し上げます。

この夏休みは、心・身体・頭を育てることを考えて、スタッフ一同1学期より準備してまいりました。
保護者の方からご覧になられたときに、至らない点が数々あったかとは思いますが、精一杯のことを子供達にはさせていただいたと思っております。

この夏休みに、私達から子ども達に伝えたことは、

・相手の気持ちになって考えてみよう
・思いやりの心を持とう
・誰も見ていないからといっても、天の神様が見ているよ
・お手伝いをすることは、人の役に立つことだよ
・自分がしたことは、返ってくるもの。「バカ」と言えば、「バカ」が返ってくる。優しくすれば、優しさが返ってくる。『鏡の法則』
・「ありがとう」と言ってもらえたら、それは天に貯金するようなもの
・損得ではなく、『徳』をつむんだよ
・リーダーになって思った、子ども達をまとめる難しさ。どうやったら、言うことをきいてくれるのか
・不審者から身を守る方法
・その場の空気をよむこと
・言葉遣い、挨拶
・掃除の方法
・勉強することの意味
・人の話の聞き方

他にも、いろんなことを教わったのではないでしょうか。

子ども達は、真剣に聞いてくれました。
本当にいい子ばかりでした。

夏学童最後日には、いつも涙が出ます。

また、何かの機会がありましたら、保護者の方もおおきなかぶにお立ち寄りください。
スタッフ一同、心からお待ち申し上げます。

ありがとうございました。


おおきなかぶ学童保育からのお知らせ


この夏休みに、9月からの学童保育ご入会1名、H21年度4月から 6名の方よりご予約いただきました。
誠にありがとうございました。

来年度は、25名の定員につき、残りわずかの定員になってしまいました。
来年度の学童入会を予定されている方は、お早めにご予約いただければと思います。
学区外の方も入会できますので、ご相談ください。

定員になり次第締め切りますので、年内に定員になりましたら来春の公募はいたしません。
どうぞ、ご了承ください。

来年度の保育料金、保育時間等は、お電話でお問い合わせください。


尚、一時保育の年間登録も定員になりましたので、9月からの新規ご登録は締め切らせていただきました。今後は、1回ごとのご予約を2週間前に受け付けますので、一時保育をご希望の方はお早めに日程をご連絡ください。

ご家庭の事情で、どうしても子どもの面倒がみられない方は事情によりお預かりする場合もございますので、ご相談ください。

お申し込みの際に、申し込み書と一時保育料金をお納めください。


詳しくは、お電話でお問い合わせください。

NPO法人民間児童館おおきなかぶ

0475―53―3473







今日は、「おおきなかぶ学童保育」の子ども達を連れて、
                     『東金こども科学館』に行ってきました

DSCN0324.jpg

科学館の先生が、子ども達に器具の使い方を説明してくださいました。

DSCN0291.jpg

とてもやさしい先生で、親切に教えていただいて、ありがとうございました

DSCN0295.jpg

3歳のMちゃん、動く人形に興味津々・・・

DSCN0303.jpg

AちゃんがMちゃんと遊んでくれています

DSCN0307.jpg

男の子達は、車のシュミレーションに夢中ですよ。
楽しそう~

DSCN0311.jpg

これは、真ん中の車を回しながら、ハンドルと切ると向きが変わる機械。
不思議だね~

DSCN0318.jpg

Sちゃんが、ユフォーキャッチャーみたいな機械に夢中です

DSCN0319.jpg

ボールを入れると人形が動く仕組みになっています

DSCN0320.jpg

Hくん、がんばれ~

DSCN0321.jpg

楽しいね、ちっちゃいAちゃんも夢中で遊んでいました

DSCN0327.jpg

Mちゃんもたくさん体験して、楽しんでいましたよ

DSCN0322.jpg

Tくん、ハンドパワーですか~

DSCN0336.jpg

科学館の中は、こんな感じ。たくさん遊べましたよ

DSCN0342.jpg

科学館の先生が、記念写真を撮ってくださいました
子どもも大人も楽しめました~

DSCN0353.jpg

東金こども科学館

〒283-0801 
千葉県東金市八坂台1丁目2107番地3
財団法人東金文化・スポーツ振興財団 東金文化会館内(2階)
e-mail tsc@isis.ocn.ne.jp
0475-55-6211




あの『ひまわりのかっちゃん』の著書 西川つかさ先生から、中嶋のブログを見たと
先ほどメールをいただきました~  (感激~


先日長野県上田市で講演をさせていただいた西川つかさです。
その節は、わざわざ遠いところからお出でいただき、ありがとうございました。
ブログを拝見し、一言お礼を申し上げたくメールいたしました。
「子育て」についてのご活動、感服いたしました。
これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます。

                     西川つかさ 拝



西川先生、お心のこもったメールをありがとうございました

西川先生の講演会の様子は、
中嶋悦子のブログ 『長野県上田市に行ってきました』をご覧ください

ひまわりのかっちゃんひまわりのかっちゃん
(2007/02/09)
西川 つかさ

商品詳細を見る


ひまわりのかっちゃんのその後
かっちゃんは どうなったのかな~~~ 読めばわかるよ

青春 ひまわりのかっちゃん青春 ひまわりのかっちゃん
(2008/07/05)
西川 つかさ

商品詳細を見る



西川つかさ先生のご紹介


1958年北海道函館市生まれ。大学中退後、アメリカをはじめ各国を放浪。帰国後、日本放送「夜のドラマハウス」脚本公募で入選し、デビュー。現在、NHKをはじめ、ラジオ、テレビの放送作家として活躍。自伝「ひまわりのかっちゃん」出版後、全国から講演依頼が殺到。

主なテレビ作品 「まんが日本昔話」「野生馬たちの詩」「驚きももの木20世紀」「おかあさんといっしょ・グーチョコランタン」などを手がけている人気放送作家西川つかさ先生は、自伝「ひまわりのかっちゃん」の出版によって一躍有名になりました。というのも、西川さんは小学校4年生まで一桁の足し算もできず特殊学級にいたのですが、森田先生との出会いによってまさに奇跡的に成長し、卒業式で答辞を読むまでになったのです。この本は涙なくしては読めません。


おおきなかぶ児童館でも「ひまわりのかっちゃん」の本を置いています。
今、中学生のMちゃんが読んでいますよ

読みたい子は、学童保育の読書タイムに順番で読んでね

「西川先生~ ひまわりのかっちゃんを書いてくれてありがとうございました

misari.jpg

「感動するなぁ・・・・」

daiki.jpg


ブログ読者の皆さんも、お薦めの本だから読んでみてね


北海道のみなさ~ん 西川先生の講演ツアーがあるそうですよ

今月19日から一週間ほど北海道で講演ツアーだそうです。
お近くの方は、是非、聴いてみてください
多くの方に先生のお話を聴いてもらいたいです 感動しますよ


西川先生からのコメントをいただきました

多くの親御さんたちには「子供が好きなことを見つけられるよう、見守ってやってください」、
子供たちには「勉強やスポーツが苦手でもぜんぜん大丈夫。好きなことを見つければできる
ようになるんだから」と伝えてこようと思っています。


西川先生、たくさんの人の支えになってください。
感動の講演会、千葉から子ども達と応援しています




今日は、家族で 『養老渓谷・粟又の滝』 (千葉大多喜町) に行ってきました~

房総半島ど真ん中

DSCN0223.jpg

養老渓谷

雨水が途方もない年月をかけて浸食してできた渓谷の大地。
あまり風の影響を受けない現在の渓谷の姿に変わり、それがまた深い緑を繁らせ、
紅葉を長持ちさせる原因にもなっていると言われています。
養老渓谷一帯は、そんな地質学上貴重な断層があちこちで見られます。
ここは黒滝(くろたき)不整合と言って房総半島と三浦半島にかけて追跡できる広大な断層帯。
このたび「日本の地質百選」に選定されました。
せせらぎに配された飛び石をわたりながら、100万年前の太古の地層をイメージハイキング。

滝の全長は約100m。初夏から夏にかけては渓谷に沿って下る遊歩道が〔納涼コース〕になります。
カジカの声を耳に、魚影を追いながら川べりを歩く森林浴の道もあります。


DSCN0235.jpg

子ども達は1時間ほど泳いでいましたが、人も少なくて貸しきり状態でしたよ

私はというと・・・・
緑が気持ちよくて、子ども達が遊んでいる間、しばらく大自然に抱かれて昼寝をしました


DSCN0242.jpg

滝つぼは、結構深いみたいですよ
雨が降っていないので、水量は少ないようでした。

DSCN0238.jpg


養老渓谷の昆虫たち

トンボ、バッタ、カマキリ、カブトムシ、セミなど・・・
湧き水とみどりが豊かな養老渓谷には、たくさんの昆虫が住んでいます。
そしてその昆虫たちが一番活躍するのが、夏
だから夏休みは昆虫を知る絶好のシーズンなのです

小さな昆虫もよく見るととてもおもしろい表情や動きをしています。
人が近づくと木の裏に姿を隠すヨコバイ(横這い)、人の顔に似たワタムシ(綿虫)、
掴んだ葉をなかなか離さないナナフシなど、結構、笑える虫たちです

渓流の水の中にも昆虫はたくさんいますよ。
よーく観察してみましょう


今日は、『カワトンボ』がたくさん飛んでいました。
ちょうど、トンボの結婚式のシーズンなんでしょうね。
カップルでクルクル回りながら飛んでいました

とてもきれいな青緑色をしていましたよ。
ホントに自然はなんてきれいなんだろう・・・

--------------------------------------------------------------------------------


科  名   カワトンボ科
標準和名  アオハダトンボ
学  名   Calopteryx japonica Selys



雄の翅が青藍色に輝く美しい中型のカワトンボ。腹長40~48mm。国内では本州東北部から九州南部にかけて分布し、国外では朝鮮半島、ロシアに分布する。滋賀県ではかつて、湖南地方や甲賀地方でしか記録されていなかったが、最近の調査で湖西地方および湖北地方で記録されている。成熟成虫はおもに平地から丘陵地の川岸にアシなど挺水植物が多生した河川中流域で見られるが、水質や周囲の環境にかなり敏感なようで、自然度が高くないと見られない。成熟成虫は6~7月に多い。


DSCN0251.jpg

観光のお問い合わせ
大多喜町観光本陣 TEL0470-80-1146
市原市観光協会 TEL0436-22-8355

観光MAP www.yorokeikoku.com/top.html