手のかからない子大人しい子の気持ちを、見落としてはいませんか?

私は毎日、保育園や学童保育の子どもたちを見ていますが、手のかからない大人しい子は特に注意して見ています。手のかからない子は、手のかかる子に比べて何かあっても見落とされやすいのですね。

今日はこんなことがありました。
小学2年生になったRちゃんが、学童の部屋の隅で悲しそうにうつむいていました。
Rちゃんはどちらかというと大人しく、わがままを言わない子です。
でも、時々黙って一人でいることがあるので気にして見ていました。

今日は見るからに悲しそうな顔をしていたので、「Rちゃん、どうした?」と声をかけると、「なんでもない」と首を横に振るのです。「いいから言ってごらん」と言うと、「お友達に仲間に入れてもらえなくて悲しかった」と話してくれました。
私はすぐに子どもたちを集めて、何があったのか聞きました。
そして、
「ふざけて仲間に入れなかったかもしれないけれど、自分がそうされたらどう思う?」
「Rちゃんは悲しい気持ちがしたんだって。悲しい気持ちのまま誰にも話せず、おうちに帰るところだったんだよ。明日はお休みだし、この気持ちのままお休みを送ることになるところだったね。これでいいのかな?」
「自分が嫌だと思うことを人にもしないこと」と話しました。

すると子どもたちは、涙目になりながら私の話を真剣に聞いていました。
そして、子どもたちから「ごめんなさい」とRちゃんに誤ってくれて、「このままでは良くないと思う。一緒に遊ぼう」と言ってくれ、Rちゃんも「うん、いいよ」と仲間に入って遊ぶことができました。

手のかからない大人しい子は、我慢強いのでしょう。自分の気持ちを抑えてしまいがちです。
嫌だといい返したり、自分の本音を言うことが少ないですね。
でも、その気持ちをそのままにしておくと、大きくなってから爆発してしまうかもしれません。
そうならないように、手をかけなくてもいいから、心を離さないようにしなければなりませんね。

反対に、大人しい子は大人から叱られることが少ないので、叱られ慣れていない子が多いです。しかし、返事や挨拶をしなかったら、ちゃんと叱ってあげることも必要なのです。

それから、手がかからないから「いい子」だと錯覚しないでほしいです。
本音で甘えたりすねたりしながら、子どもは育つものです。
それをダメだと否定せず、表面的な「いい子」を求めないことですね。
表面的に言うことを聞かせても、心の中では反発しているのですから。

子どもは、自分のことを認めてくれた大人の言うことを聞こうとします。
こちらが真剣に言えば、真剣に聞いてくれるものです。

一見、手のかからない大人しい子でも、本気で叱って、本気で誉めて接してくれる大人が好きなんですよ。

今日は、二女の高校の入学式でした

地元の千葉県立大網高校へ進学しました。
DSC04512.jpg

大網高校は、山武農業高校と白里高校が合併して今年で3年目の学校です。
後援会長(大網白里町長)堀内慶三様をはじめ来賓の皆様をお迎えして、第3回入学式を盛大に挙行していただきました。生産技術科40名,生物工学科41名,食品工業科40名,農業経済科41名,普通科123名の合計285名が入学を許可されました。

規律ある教育方針を打ち出しているようで、校長先生をはじめ、先生方の教育意欲を感じました。昨年は「魅力ある学校づくり大賞」の最優秀賞「教育長賞」を受賞されたそうですよ

農業科では、野菜やジャムなどの加工品などを行っていて、地元では美味しいと有名です
11月20日には宮谷祭(文化祭)があり、一般公開できるそうなので楽しみだな~

そして、二女の農業経済科では、以下のような資格が取得できるようです。
・簿記 (3級、2級)
・簿記実務 (3級、2級、1級)
・簿記能力 (3級、2級)
・PC「文書制作・データ活用」(3級、2級)
・ワープロ実務 (3級、2級、1級)
・情報処理 (3級、2級、1級)
・販売士 (3級)
・商業経済 (2級、1級)

普通科でも、長期休み期間を使って資格が取れるそうですよ。


二女が農業に関心があったのには驚きましたが、自ら選んで決めた進学ですから親としても大いに応援したいと思い、またまた高校の役員を引き受けちゃいました~ 

大網高校では、町内外に立派な農園や農場を持っていて、役員も農業研修があるそうです。
私も個人的に農業に関心があるので、6月にある研修がとても楽しみです

学校に関わらないと経験できないことをさせてもらえるし、他の保護者の方ともお友達になれるので、お子さんのいる方は学校の理事・役員さんを引き受けられるといいですよ~

3年間、私も子どもと一緒に高校生活を楽しませてもらいたいと思います

昨日は、4月から長女が在籍する『千葉敬愛短期大学』の入学式でした

朝、出発前に自宅の庭でパチリ
DSC04453-1.jpg

私はありんこ親子保育園の入園式があったので、入学式には出席しませんでしたが、同じ高校から5人の同級生が入学したそうです。
その中で、親が欠席だったのはうちだけだったようです

娘は文句一つ言わずに、元気に出かけていきました
親ながら、しっかりした娘に育ってくれたと頭が下がる思いでした