8月26日は、おおきなかぶ学童保育ありんこ親子保育園合同で、
『こども夏まつり』が開催されました

たこ焼き屋さん
DSC07017.jpg


焼きそば屋さん
DSC07022.jpg

綿あめ屋さん
2011_0826_102716-DSC00643.jpg

ボーリング屋さん
2011_0826_102914-DSC00650.jpg

くじ屋さん
2011_0826_103301-DSC00669.jpg

輪投げ屋さん
2011_0826_103334-DSC00673.jpg

かき氷屋さん
2011_0826_105405-DSC00753.jpg

ジュース屋さん
2011_0826_110205-DSC00779.jpg

学童児が保育園児の手を引いて、「どこにいく?」「何がしたい?」とやさしく声をかけてくれる姿があちこちで見られました 
本当に見ているだけでほのぼのとして、楽しい夏まつりになりました

夏まつりの企画や準備は、何日も前から学童の子どもたちが力を合わせて行ってくれたんですよ 小さい子たちが楽しめるように、いろいろ工夫して準備してくれました


ここには、異年齢の集団で一つのものを作りあげていく姿や、みんなで楽しく生きていく知恵がたくさんあります。これが、私の描いた「異年齢保育」という‘夢‘が‘形‘になったものです。

年齢の枠を超えた中で、いろんな経験や思いをして育った子ども達は、きっと大きくなってからも、楽しかったことやここで学んだことを忘れずに心に残ることでしょう。
子ども達には、たくさんの経験や体験を通して、優しさや逞しさを身につけて、
自立した幸せな人生を送ってほしい。

それが私の願いです


忘れられない思い出があります。

長女が小学1年生に上がった年(13年前)に、私も何か勉強がしたいと思い、小学校の「家庭教育学級」の委員会に入りました。周りは私よりも10歳以上も年上の子育てのベテラン先輩ばかりだったのでとても緊張しましたが、まだ小さかった下の子ども達を連れて行っても、先輩たちはイヤな顔一つされないで私を受けいれてくれました。

その年の暮れ、みんなで忘年会をしました。
私は久々に一人で外出です。それまでは、どこへ行くにも子どもが一緒だったのでとてもリフレッシュできました。

忘年会は盛り上り、お酒も入っていたせいか、
先輩たちの温かくて、思いやりのある言葉に、私はありがたくて泣いてしまいました。
それを見た別の先輩も、「今は子育て中で大変だろうけど、あと3年経ってごらん。下の子が幼稚園に上がる頃は楽になるよ。みんな通ってきた道だから大丈夫だよ」と言ってくれたんですね。

その頃の私は、一生懸命に生活するのが精一杯で余裕がなく、一人で子ども達を抱えて時間に追われる生活をしていました。そんな中、ホッとできる仲間を授かったことで、私はたくさん周りの人たちから助けられ、支えられて子育てができました。
結局、長女が6年生の途中で転校するまでの5年半、家庭教育学級の委員をやらせていただきました。今でも、一緒に頑張ってきた先輩たちのご恩は忘れてはいません。


はじめに思いありき
私を支えてくれた先輩たちに「子育ては頑張らなくてもいいんだ。仲間同士で楽しく子育てできたら人生も楽しくなる」と教わりました。私に楽しい子育て、楽しい人生を送ってもらいたいと思ってくれていたのだと思います。その思いが、私と私の子ども達、いいえ私の家族だけでなく、その小学校の子ども達や保護者の支えになったのです。

私が先輩たちから受けてきたご恩を、今度は今住んでいる地域の子どもたちやその保護者のためにお返しをしたいと思いました。そして、大網白里町に引っ越した後、地域での子育て支援を始めました。

地域支援は町の財産
町の財産は人です。人を育てられる地域にしてこそ、町も発展するのだと思います。
みんなで支え合って、子どもたちがのびのびと育つ町にしていきたい。
それが、私たちおおきなかぶスタッフみんなの思いです。

今日から、K中学校の教員で、2人の子どものお母さんのF先生が
おおきなかぶ学童保育と、ありんこ親子保育園で明日まで研修に入られています。

よろしくお願いします
201108220104.jpg


教員10年目の研修で、学校以外の職場で研修をするものだそうで、
研修先に、おおきなかぶとありんこを選んでくださったんですね。
選んでいただいて、嬉しいです

今日は実習が主だったのですが、やはり学校の先生だけあって子ども達を見るところが違いますね。異年齢保育でしっかりと育っていることがわかるそうですよ

「おおきなかぶのような学童保育で育った子どもは幸せですね。
給食があるのもお母さんたちはありがたいですね」と言っていただきました。

明日はありんこ親子保育園での実習です。
普段は中学生相手でしょうが、小さい子どもたちも手ごわいぞ~

おおきなかぶは、今年で5年目の夏を迎えました

今年は過去最多人数で、毎日がお祭りの様ですよ~
遊びも、勉強も、お手伝いも、みんな『元気、やる気、根気』で、よく頑張っています

DSC002392-1.jpg


こちらは、もう一つの売り 学生スタッフ(12歳~20歳)です
なんと、おおきなかぶスタッフの子ども達(二世)がほとんどなんですよ
まるで、みんな姉妹のように仲がよくて、団結力があるんです

DSC06587-1.jpg

これが、おおきなかぶの素晴らしいところ
お母さんがやっている学童保育のお仕事を小さい頃から見て育ち、
自分もまた同じように保育の道を目指している子ども達なんです。

たかだか5年足らずのおおきなかぶですが、
子ども達の成長は目を見張るものがあります。

親の背中を見せられる職場で働けることが、どんなにありがたくて尊いことか、
子ども達の成長した姿を見ていると、頑張ってやってきて良かったなと感じます。

私たちスタッフにとって、立派に成長した子どもたちの姿を見ることが、
何よりのご褒美ですね   感謝、感謝・・・

夏休みはまだまだ続く・・・
若いパワーに負けないで、おばちゃんたちもがんばるぞー