保健所の1歳半検診、3歳児検診で、親が対処に困っている問題の一つが、公園などでの幼い子が集まる場所でのおもちゃの取り合いやケンカのトラブルだそうです。

兄弟げんかなら、毎日家の中で繰り返されているので、親も遊びにケンカはつきものと思って対処できます。ところが、公共の遊び場や集合住宅の公園などでは、他の親御さんとの付き合いなどを気にして、子どもの行動は頭の痛い神経をすり減らす問題になっているようです。

子どものケンカに口をはさんでもいいのか、それとも間に入った方がいいのかと悩むところですが、0~3歳以前の子どもは、まだ子ども同士で仲良く遊べる年齢ではありません。外へ連れ出すと他の子のおもちゃや遊びに興味をもっていきなり横取りしたり、他の子の遊びを邪魔したりします。叩いたり、突き飛ばしたり、噛みついたり、暴力的な行動で遊びに突入する子どもたちは、まだ言葉がうまくしゃべれません。「入れて」「貸して」「どいて」などの挨拶ができないのです。やられた子どもも「やめて」とか「待って」と言い返せなくてトラブルになります。

言葉でコミュニケーションができない年齢の子どもは、まだ遊びの内容をめぐって互角にケンカができる年齢には達していないのですから、大人の対処が必要になるわけです。親としても神経をすり減らしているようなケンカなら、かたずを飲んで黙って見守るのではなく、目撃したら引き離し、「このおもちゃで遊びたいんだね」などと、子どもの意志の疎通を手助けしてほしいと思います。
言葉が話せるようになり、自分の意志や気持ちを伝えられるようになれば、自然とトラブルはおさまってくることがほとんどです。

3歳になると3年保育で幼稚園に行く子が増えて、公園では0~3歳前の子どもたちだけになってきました。異年齢の子どもとの関わりがますます少なくなり、ケンカも遊び方も学べなくなったようです。子どもの遊びの世界は、上の子が下の子へ伝達しながら広がっていくのだと思います。異年齢で遊んでいた昔では、このような問題はなかったでしょう。年長の子どもが下の子の面倒をみたり、まだ話せない子の代弁をしてくれたからです。
母親だけで子どもをみる時代になってから、トラブルが増えてきたのではないでしょうか。歴史からみれば、まだ最近のことですね。

私が子どもの頃、近所のおじいさん、おばあさんがよく子どもたちと気長に遊んでくれていました。集団で遊びながらケンカの仕方やルールやマナーも覚えました。子どものケンカもはじめは大人の関与があって、そのうち自分たちで意志の疎通ができるようになり、人間関係やコミュニケーションも、上の子たちのやることを見て学ぶのだと思います。

母親一人で子育てしている人は、同じ価値観を持つママ友達をみつけるか、サークルなどに参加したりして、皆で一緒に子育てしてほしいと思います。子どもはいずれ成長します。子育ての時期は今だけです。

ママ自身も友達をつくって、今を楽しんでほしいですね。


☆すくすくクラブのお知らせ☆

おおきなかぶ児童館では、6月より「子育て支援サークルすくすくクラブ」を開催します。妊婦さん、6か月~3歳までの子どもとお母さんで、楽しい遊びや読み聞かせなどを行いますので、子育て中の方は、お友達づくりにも、是非参加してみてくださいね。お待ちしています。


昨日に引き続き、脳の特徴の話です。

男性からみたら、妻(彼女)や娘の女心がわからない・・・。
なんて、思っている人も多いのではないでしょうか?!
今日は、女脳の特徴について取り上げてみたいと思います。

昨日のブログで、女性は掃除機かけながら電話ができたり、洗濯機を回しながら、朝ごはんの準備をして、子どもの支度ができるといいました。あれもこれも同時に出来るけど、中途半端なのが多いのです。でも臨機応変に対処できるのが女脳の特徴。
男性は、一つの物事を追研するのに長けています。最後までやれるし集中力もある。これは男女の脳の違いなんですね。

女脳は、右脳と左脳の間を結ぶ『脳梁』(のうりょう)が男脳より20%ほど太いから神経の伝達がいい。だから、思ったことを即言葉に出したり、あれもこれも同時にできる人が多いのですね。


☆女脳の特徴☆

・自分の情感に敏感
・他人への共感力がある
・感じたことが即言葉になる
・物語が好き
・しゃべらないとストレスが溜まる
・確認したがる

女性って、よくしゃべりますね。あれも脳が原因なんですって。
雑談が多いでしょう。でも、女はしゃべらないと死んでしまう・・・と言われるくらい、しゃべることでストレス発散しているんですね。(一説には、女性は1日に2万語〈文庫本1冊分くらい〉を話さないとストレスを感じるといわれている)

だから、友達とおしゃべりをして共感しあう。するとストレスが発散できて、気持ちよくなるのです。反対から言うと、女性はしゃべらないとストレス発散はできないってことですね。

それから女脳は、『忘れる』ように出来ています。
すぐに確認するでしょう?
恋人と、「好き?」「好きだよ」「私もよ」
みたいな会話を毎日でもやっていられます。

夫や子どもに、「あれはどうしたの?」「これはどうするの?」
と不安がり、すぐに確認したがります。

男性の「愛してる」の賞味期限は一生つづくけど、女は1日しかもたない・・・?! だから女性って好きな男性には、毎日「好きだよ」「愛してるよ」って言われたいのかも。

家族にも共感してほしいから、相手が何を考えているのかを知りたいのですね。

それに、女性は子どもを生むようにつくられてるから、忘れないとダメなのだと思います。だって、出産のあの痛さをいつまでも覚えていたら、2人目なんて産めないですよ~。(私なんて、すぐに忘れるから4人も産んじゃったし・・・)

女性は、男性が的確に自分の言葉で返してくれたら気持ちよくなって嬉しくなるんですね。逆に言葉をうまく返してくれなかったら、「寂しい」「冷たい」とか、「愛してないんだ・・・」なんて思う。自分を悲劇のヒロインにして、男にぶつけたくなる人もいますね。

「女の子はヨシヨシして育てる」といいます。
ヨシヨシと頭を撫でられることで、大事にされている、愛されているという安心感になり、情緒も安定するのだと思います。それはやはり、生まれ持った女脳の特徴からです。ですからできるだけ小さい頃には抱っこをしてヨシヨシして、娘には「あなたを大事に思っているよ。愛しているよ」という気持ちが伝わるように育てることが大切です。

愛情が伝わらないまま大きくなったら・・・
ひねくれる、殻に閉じこもる、黙り込む、男に走るなど、将来、とても生きづらくなるかもしれませんね。


男性諸君! 
女性の話はなるべく聴いて、共感してあげてくださいね☆



☆女はなぜおしゃべり?☆

女脳は右脳(感じる領域・潜在意識)と左脳(考える領域・顕在意識)が頻繁に連携する脳。感じたことを即言葉になってあふれてくるので、自分の情感に敏感(自我が強い)です。その分、他人の情感にも敏感に反応するので『共感力』があります。ですから、「誰でもいいから私の話を聞いてほしい」という『共感欲求』が高いのです。

*女脳にも個人差があります。全てのことに当てはまらない人もいますので、平均的な特徴として捉えてください。



先日のセミナーで、男の子と女の子の求めているものが違うという話題がでました。
男脳と女脳の違いによるものが大きいですね。
今日は、男脳について考えてみたいと思います。

よく、男性は集中型、女性は同時進行型だとかいわれますね。
例えば、女性は掃除機かけながら電話ができたり、洗濯機を回しながら、朝ごはんの準備をして、子どもの支度ができます。
しかし、男性はそんな器用なことは訓練しないとなかなかできないものです。
電話をしたら、電話だけに集中します。同時に掃除機はかけられません。
集中したい脳だから、雑音も気になるみたい。
「電話中だろ、静かにしろ!」なんてね。

他にもこんな男脳の特徴があります。

・ 客観性が高く公平
・ 集中力がある
・ 白黒つけたがる
・ 理論的なものを好む
・ 無駄がきらい
・ 自分の気持ちに鈍感
など、思い当たる方も多いのではないでしょうか?

実は男脳は、脳梁「のうりょう」(右脳と左脳をつなぐ管)が女性よりも20%ほど細いため、右脳と左脳があまり連携しない脳なのです。男性(男の子)は、時々ぼんやりしていることがありますね。反対からいうと、ぼんやりする時間で考えの整理をつけているので、この時間が男性には必要だってことなんです。

女性から見ると、「ボーとしている間にやったらいいでしょう!」と考えてしまいますが、それは女脳は器用だからできる技なんですね。男脳は女脳とは違うのです。
男脳は、「あれはやったの?」「これはどうするの?」と追い立てられるとついていけません。だから、『男の子は追い立てずに育てる』のが基本。

好奇心の旺盛な男の子は、興味を持ったものには追研するんですね。
女親からみたら、「またくだらないことやってる!」と思うことでも怒らずに、集中してやっているのですからやらせてあげてほしいですね。

大人の男性でも、趣味やスポーツなどをする時間やゆとりのある時間がなくなると、脳がパニックになってしまうので仕事の段取りやペースが乱れてしまうことも多いようです。そうなると、焦りやイライラなどが起こりやすくなります。
男脳には、ゆとりが必要なのです。


自分のことには鈍感なのが男脳?!

男脳は、奥行きを捉えることに長けていて、立体的なものの見方が得意です。
三次元の空間意識にも優れています。(だから男の子って、数学が得意な子が多いのですね)

その一方で、五感で受け止めたものを言葉にするまでに時間がかかるみたいです。

クライアントの男性たちから、「自分が何を感じているのか、自分というものがよくわからない」という言葉を時々お聞ききします。実は、男性は自分をよくわまっていないらしい人が多いようなのです。自分のことがよくわからないんだから、人のこともよくわからないのかもしれませんね。
女脳は人との共感を大事にする脳だと言われますが、男脳はそれとは違って共感しにくい脳なのかもしれません。

でも、そのお陰で客観性が高く、公平さや正義感、集中力があり、長期的な展望に立って物事を考えたり、粘り強く仕事をこなせる性質をもっているんです。

そして、人の役に立つことがとても大好きですね。
「ありがとう」「感謝しています」「パパのお蔭よ」なんて言われたら、ますます頑張ってお仕事をしてくれるでしょう。男脳の最大の報酬は、『感謝の言葉』なのですから。


また、男の人って「一度カップルになった彼女を自分から嫌いになることはめったにない」と言われます。男脳は機能上、自分の気持ちにとても鈍感だから、カップルになった彼女が自分のそばにいてくれて、楽しそうにしているのを見ると、しみじみ「うれしいな・・・」と感じるみたいです。それも、人の役に立ちたいと思う特徴からですね。

しかし・・・
一緒にいる女性が喜んでくれなかったり、いつも愚痴ばかりこぼしていたり、感謝もしてくれないと思ったら、男性は嫌気がさすでしょうね。気持ちが離れていってしまうかもしれません。
また正義感があるので、可愛い女性を守りたいとも思っています。いくつになっても正義のヒーローでいたいのです。女性があまり強すぎたり、自分を頼ってくれなかったりすると、「自分は役に立っていないのではないか」と思い、自信がなくなってしまうのです。

女性の皆さん、彼氏やパパのためにも甘え上手、喜び上手の可愛い女性になりましょう!


男脳が当てはまらない人は・・・

母親の胎内では、最初はみんな同じ脳なのですが、妊娠後期に母胎から出される男性ホルモンを浴びるので、脳梁だけが細くなるそうです。この時期に母親に強度のストレスがあったりして、男性ホルモンがうまく放出されないと脳梁が太いままの男が生まれるそうです。ホモセクシャルな男性の脳の中には、かなりの確立で女性と同じ大きさの脳梁が見つかっているとされています。

*男脳にも個人差がありますので、ここに書かれていることは平均的な男脳として捉えてください。



孟子の言葉に次のようなものがあります。

人皆人に忍びざるの心有り(中略)
人皆人に忍びざるの心有りと謂う所以の者は、
今、人たちまち孺子(じゅし)の将に井に入らんとするを見れば、
皆ジュッテキ惻隠の心有り
誉れを郷党朋友に要むる所以に非ざるなり
其の声を悪みて然るに非ざるなり


「よちよち歩きの子どもが井戸に落ちそうになったのを見た通りがかりの人は、誰でも我を忘れて走り寄り、その子を助けようとするに違いない。それは、子どもを救ってその親と近付きたいと考えるからではない。世間の人に褒めてもらうためでもない。また助けなければ非難されるから怖いからでもない。それは人が誰でも『かわいそうだ』と思う心を生まれながらにして持っているからなのだ」という意味だそうです。

私たちはもともと、この『惻隠の情』(かわいそうだと思う気持ち)を持っているというのです。遺伝子に備わっているものなんですね。この素晴らしい本質は、「善の心」であって、この善なる物欲によって隠し覆われるところから悪が生まれるのだそうです。いろんな事情によって、自分の本質が隠されているから大事なものが見えなくなっているのかもしれませんね。子どもを守ることも、可愛いというよりかわいそうだと思うことからかもしれません。

一つ注意しておかなければならないことは、この『かわいそうだと思う気持ち』は、子どもを育てるときの根底にあるものですが、親や周りの大人が『かわいそう』の意味をはき違えてはいけないということです。子どもが幸せに、逞しく人生を歩んでいけるためにはどうすればいいかを考えたら、自ずと答えはわかるものです。

本当にかわいそうなこととは、どんなことなのか?
子どもが、精神的にも肉体的にも、生きていけない状態になることが一番かわいそうだと思います。

『惻隠の情』は、私たちの心の中に元々あるもの。
子どもを産み育てて守る元になっているものかもしれませんね。