以前、駅のベンチに座って電車を待っているときに、隣のベンチからこんな素敵な会話が聞こえてきました。同じく電車を待っていた老夫婦(だと思う)の会話です。
(ここではあえて、夫・妻とします)

妻:「お父さん、これ(チラシで作った入れ物)持って行こうと思って作ったの」
夫:「そうかい。よくできたじゃないの。いつ作ったの?」
妻:「テレビ見ながらでも作れるわ。これ便利なのよ。ミカンの皮とか入れると散らからないし」
夫:「そうだね、よく気がついたね。喜ばれると思うよ」
妻:「お父さん、はい」(飴を渡す)
夫:「ありがとうね」
妻:ニコニコ

私はこの会話を隣で聞いていて、微笑ましいと同時に「すごい旦那さんだな・・・」と感心しました。夫が上手に妻の話に相づちを打って、短い時間に妻を認める言葉を「よくできたじゃないの」「よく気がついたね」「ありがとうね」をふんだんに使っていたことに驚きました。それこそ、『コーチングのスキル』がこの会話にはあったのです。
それを言ってもらった妻は嬉しくなって、ニコニコと穏やかに会話ができたのだと思います。


きっとこのご夫婦は、お互いに相手のことが大好きで一緒にいるのだと感じました。
当たり前のことのように思いますが、「これが夫婦円満というものかな」と思います。

何十年連れ添っても、心の繋がりを築けるまでになった夫婦は意外と少ないのではないでしょうか。
最近、ある30代の男性から夫婦問題の話をお聴きしましたばかりですが、「夫婦の会話がない」とおっしゃっていました。また、相手のことが好きかもわからない(または嫌い)という夫婦も意外と多いんです。

相手が会話しなくなってきたら、自分の言動を見直してみましょう。
きっと気付いた人の方が成長できるのだと思います。

特に、子育て中の夫婦の会話は、子どもが見ています。
笑顔で会話している夫婦の家庭では、子どもの『会話力』が育ちますね。

家庭円満は、夫婦の会話から。
たわいのない楽しい会話ができたら、いい夫婦・いい家庭ですね。


子どもは十人十色。それぞれ個性があります。
好きなこと、やりたいこと、興味のあること、性格・気質も千差万別。
親兄弟だって違うものです。

親が育った時代と現代とでは、時代背景も違います。
「私が育った頃はこうだった」「こう育てられた」と思っても、同じやり方が通用しない場合もありますね。

「どうしてできないの?」「あれやっちゃダメ、こうしなさい」とマイナスのイメージばかりを伝えてしまうと、子どもは自分はダメな子なのかと自己否定の気持ちでいっぱいになり、これが将来自己肯定できない自信のなさになってくるようです。それが続くと、子どもは委縮してしまいます。そんな我が子を見てまた親の方も、心配したり、イライラしたり・・・。

知らず知らずのうちに、親が子どもの‘伸びる芽‘を摘んでいるのかもしれません。
そんな状態では、親も子どもも辛くなりますね。
何よりも子育てを楽しめなくなってしまいます。

そんな我が子でも、お腹にいたときは「五体満足で元気に生まれてきてほしい」「健やかに育ってほしい」と思ったことでしょう。我が子にどうなってもらいたいかは、子どもが成長するにつれ親の欲が出てきますね。

子育てがわからなくなったら、生まれた時のことを思い出してみてください。
生まれたばかりの我が子には、きっと何も求めなかったはずです。

成長した今はどうでしょう?
「あれができない、これができない」と嘆いてはいないでしょうか。

子どもは伸び伸びと健やかに育ってくれたら、それで良しとしませんか?
子育てでは、「これでいいんだ、このまま大きくなればいいんだ」という気持ちを子どもに持たせることが大事だそうですよ。

そのためにも、ありのままの子どもを認めて、
「こんなこともできるようになったのね。すごいよ」「やったね!」
とプラスの言葉を子どもに伝えることが大切です。

小さい子どもを育てている間は本当に大変かもしれませんが、それも過ぎて見ればあっという間。子どももいずれ大きくなって、楽になる日が必ず来るはずですから、あと少しの辛抱ですよ^^

先月、取材を受けた‘日本最大級の経営者ウエブ番組‘『千葉の社長tv』が、
今日から放映になりました。
chibanosyaqcyou02.jpg
ありんこ親子保育園やおおきなかぶ学童保育の写真もたくさん載せていただいています☆よかったらご覧くださいね

こちらをクリック
en-sta.jpg



本当に頭がいい人とは、『バカになれる人』のことだと思います。

ここでいう『バカ』とは、「私利私欲なく、損得を考えない、素直で思いやりのある行動」のことです。やさしさもここから生まれてくるのだと思います。

冗談を言って場を和ませたり、誰かのために泥をかぶるような思いも平気でやったり、利益にならないようなボランティアを一生懸命やったり・・・。
しかし、そういう『バカ』をやってくれる人は、実はその先のことを考えている人だと思います。

人の気持ちのわからない人は、そんなバカなことをしている人を見下したり、見向きもしないでしょう。
でも、バカになれる人は、そういう人の評価をあまり気にしないし、そんな人も許してしまいます。

もう一つ、『バカになれる人』ことがすごいと思うことがあります。
それは、バカになれる人=悪者になれる人 ということです。

世の中の人が正しい人ばかりだったらどうでしょうか?
「私は悪くない」「おれの方が正しい」となります。
すると、間違っているのは相手であって、自分が正しいとなると喧嘩(戦争)になってしまいます。
しかし、バカになって、悪者になれる人は、
「自分が悪かったよ」と言ってくれるでしょう。
自分が悪かったと言って悪者になってくれたら、相手も
「そんなことないわ、私も悪かった」となるものです。

バカになれる人は、世の中を明るく平和にしてくれる人なのだと思います。
こういう人が、本当はとても頭と心のいい人なのです。

見栄や体裁を気にしていくら自分を良く見せたって、その人の心は周りの人に丸見えかもしれません。だって、人はどうしても心に持っているものが波動となって伝わってくるからです。
どんな人でも、感覚的にその人の『人となり』というものがわかってしまいます。
気づいていないのは本人ばかり、ということもあります。
見た目は繕えても、心は繕えません。
出てくる言葉や表情、態度の端々で、周りの人はその人の人柄を敏感に感じとるからです。

だから、バカになってくれているいい人を周りの人がほっとくはずがありません。
バカになってくれた人(悪者になってくれた人)の役に立とうと思うのでしょう。


バカになることは『徳積み』

人徳のない人には、人はついてはいきません。
家徳のない家は、崩壊してしまうかもしれません。
社徳のないところには、人も仕事もお金もうまくは回りません。

『バカになれる』ということが、実は最も高貴な生き方なんだなと思います。

~子育てシリーズ~ 子どもの心を育てる『中学生編』です。

我が家の4番目の次男は、中学1年生。すでに思春期に入ったようで・・・(><)
半分子どもで半分大人。知恵も親以上です。心も身体もこの1年で急成長した感じですね。

身長が急激に伸び、声変わりもします。女の子は初潮があったり、身体面の変化が激しく、心理的自立をめぐる心の葛藤が子どもも中で起こるのでしょう、心理的に不安定になりがちです。親としては対処に苦しむ時期ですね。

子どもの言動に振り回されない

この時期の子どもは、外の世界に向いていた視線が急速に自分の内側に向き始めてきます。自分を強く意識し始めるようです。しかし、まだ中身は子ども。大人と違い、社会経験が浅いので自信のない年頃です。内向する視線の先に見えてくるのは、頼りない自分の姿なんですね。友達のことがやたらと気になり、比較しては自分の欠点ばかりを過大視しては、劣等感を感じてしまいます。
反抗期でもあるこの時期は、親に対して口答えしたり自分勝手な行動をとってみたりして、言動に振り回されることがあります。心理的に不安定になりがちですが、思春期とはそういうものだと心得て、注意深く見守りながらも、どっしりと構えて子どもの言動に振り回されないことです。

干渉するより見守ること

親離れも次第に進み、自立へと大きく踏み出す時期です。親のちょっとした言動に激しく反発したり、いちいち口答えしてきます。「わざと怒らせてるの?」と思うほどです・・・。
学校であったことを話してくれていた学童期とは違い、親に対して秘密を持つようになるのもこの時期です。
親にしてみれば、反抗され、秘密を持たれ、何のために今まで一生懸命子どもを育ててきたの・・・と思うと、自分の子育てがわからなくなることもあるでしょう。しかし、これも普通のことですよ。こんなことでいちいち落ち込んでいたら、中学生の親は務まりません。反抗も秘密も、自立へのステップだと心得て、干渉するより見守ることが大切です。特に男の子は、言わなくてもわかっていることをいちいち母親に口出しされると反発します。
そして、一番重要なことは『男の子はほっといてあげること』です。この時期は、男にしかわからないこともあるんです。エッチな本やDVD、朝のお風呂場での洗濯も見て見ぬふりをしてあげてね。男の子の対処法がわからなくなったら、パパさんに聞いてみて^^

進路は自分で考えさせる

将来のことは、なるべく自分で考え決めさせてください。親の希望は希望として言うことも大切ですが、結局は自分で決めていかなければならないのです。自分がやりたいと思うことなら、少しの苦しみも乗り越えられます。それで失敗しても本人が納得できればいいのです。
幼児期から学童期にかけて自立がうまく育っていたら、この時期にしっかりと自分の意思を持って歩むことができるのだと思います。『自分で考えて行動してきたか』が、その子の結果になるのです。
日頃から親子の間で将来の夢や職業に関する話をしていくことも大事ですね。いろんな人の人生を提示したり、さまざまな職業についての話をするなど、将来の展望につながっていくような情報提供や対話をしましょう。


中学生の時期は親も試練ですね。
でも、その数倍の楽しみが将来待っていますよ!

少しのことは気にしないで、思春期はユーモアを持って笑い飛ばしましょう~^^

~子育てシリーズ~ 子どもの心を育てる『小学校高学年編』です。

高学年のこの時期は、どっぷりと小学校生活に浸かって過ごす時期ですね。
我が家の次男は昨年まで小学生でしたが、体操部に入っていたので、朝練・夕練がある日は朝7時半から夕方4時半くらいまで1日の大半を小学校で過ごしていました。
勉強も学習指導要領が変わり、H23年度から教科書が変わった影響でゆとり教育が廃止され、復活されたものや中学から降りてきた単元がかなりありますね。

友達関係も難しくなって、さまざまなストレスをため込みがちな時期なので、この時期は家族によるサポートが求められてきます。

家族の会話が重要

いろんなストレスを抱えている時も、家族との会話で発見・発散されたりします。何かあっても、会話がある家庭は問題を見逃されないで済みます。特に男の子は高学年になると話さなくなる子がいますので、小さい頃からユーモアのある会話ができる家庭にしておくといいですね。
両親が仲良くホッとできる家庭なら、少しくらい学校で嫌なことがあっても乗り越えられるものです。親は、そんな家庭を子どもに与えてほしいと思います。

つまずきを放っておかない

学校の勉強が益々難しくなってきます。勉強についていけなかったり宿題が出来なかったりすると、友達との学力の差を感じたり、不安を感じてイライラしがちです。できないことによる自己評価の低下は、心にも影響を及ぼします。中学校になる前の基礎学力の時期ですから、今のうちにできることを増やすようにサポートしましょう。

友達と積極的に関わる

友達関係が盛んな時期です。大幅に親子関係から友達に移行してきますね。友達関係の世界でよいポジションを得られるかどうかは、子どもにとって最大の関心ごとで重要課題です。
この時期に思いっきり友達と遊んでいる子は、中学になってからも友達作りがそれほど苦にはなりません。少しくらい学校が嫌でも、友達がいるから行けるのです。
親は子どもが付き合う友達のことが気になるようですが、あまり干渉し過ぎると子どもは親から「信じてもらっていない」と思い反発するかもしれません。さらに、友達の悪口を言う親は許せません。子どもは友達のお陰で逞しくもなり、やさしくもなっているのです。親は友達も認めてあげるくらいの広い度量がほしいですね。


中学生になったら、いろいろと難しい時期に入ります。
この時期までに、親子の絆をしっかりしたものにしておきたいですね。

~子育てシリーズ~ 子どもの心を育てる『小学校低学年編』です。

初めて子どもの小学校入学を迎えたママさんが、私のセミナーに参加された時に心境を語ってくれました。幼稚園時代と違って、自分で学校に行って、自分で帰ってくる息子。放課後も自分たちで約束して、友達と遊びに行く。見えない時間が多くなって少し戸惑いがあるようです。

「小学校になったら、それが当たり前」と頭ではわかっていても、親の心境としては嬉しくもあり、淋しくもあり、なのでしょう。親なら一度は通る道だとお話しましたが、親子中心から友達の世界へと徐々に移っていく時期ですから心配もおありでしょう。
今までは、幼稚園の送り迎えをしたり、遊ばせるのも親子セットで出かけていたのが、小学校に入学すると『親抜き』です。離れていってしまう淋しさ(分離不安)が母親側に生じることが多いですね。

また、私立幼稚園に通わせていた方が、公立小学校に入学するとそのギャップの大きさに戸惑いがあるようです。私立幼稚園は、ある程度園の趣旨に賛同と理解をされて入園された方が通ってきます。言いかえると、同じ考えの人たちが集まっていると言えます。しかし、公立小学校はいろんなところから来ています。保育園の子もいれば、ハンデキャップを持っている子もいるし、過保護で育った子もいれば、放任主義の家の子もいます。いろんな教育方針の家庭の子どもたちが一斉に集まったのが公立小学校なのです。

友達の影響で言葉も悪くなります。行動も変化してきます。それは、ちっとも特別なことではないのです。こうやって、いろんな経験をして育っていくのですから、成長の過程を見せてもらっているだけです。

今までは、親の考え方だけで済んでいたことも、小学校に入学すると考え方が多様になってきます。そのギャップに戸惑ったり、受け入れられなかったりするから、悩んだり迷ったりしてしまうのでしょう。親としても成長するときですね。

子どもの成長に目を向けて

逆に言うと、親子関係中心でずっといられては困るのです。この時期に友達との関わりの世界にうまく入っていけるかどうかが、子どもの社会性の獲得に大きく影響するといってもいいでしょう。親は淋しさを克服して、子どもの成長を楽しめる余裕があってほしいなと思います。

自信の根っこを育てる

大人になっても、自分に自信が持てない人って多いです。自信満々になりなさいと言っているわけではなく、自信のなさは社会人になって仕事をする上でマイナスになることが多いということです。

自信がないとこんなことで困ります。
・積極的な行動ができない
・自分の思っていることや意見が言えない
・いつも不安そうに見えるので、人から信頼されない
・信頼されなければ仕事を任せてもらえない

ここで言う『自信』とは、人の役に立てること、社会で何らかの役割りを担えること、人から喜ばれることができることで、自分の人生を前向きに楽しんで進むことのできることを言っています。

そういった『自信』は、どう育てるのでしょう?
実は、「幼児期の成功体験が自信につながる」という学者もいます。
3歳くらいまでは、あまり失敗をさせないで、成功した体験をたくさん与えた方がいいそうです。3歳くらいまでは親が少し手助けして、「じょうずにできたね!」と大げさに喜んであげる。そうすることで、自信の芽が育つといわれます。

チャレンジする姿が見られるようになる4歳~中学生までの間は、たくさん小さな失敗経験をさせます。自信の元が育っている子は、少しの失敗も恐れず乗り越えていけるでしょう。失敗経験から、たくさんのことを学んでいき、失敗しないための知恵を身につけていくのです。

そして、16歳になったら、もう失敗はさせない。
子どもが成長してからの失敗は、取り返しのつかない大きな失敗になりやすいからです。人生を狂わすことにもなったり、命に関わることだったりします。そういう失敗は、親として絶対にさせない。

しかし、それまでに失敗経験がなかったらどうでしょう?
自分でどちらの道に進んだらいいかという判断力や、先のことを考える力が身についていなかったら? この代償は子ども自身が背負うことになります。ですから、たくさんの小さな失敗経験をさせて、考える力を身につけさせておく必要があるのです。


小学校へ上がったら、親が手伝うのは始めだけにして、「自分のことは自分でする」を基本にやらせてみてください。
自信がまだ育っていない子は、この時期でも遅くはありません。勉強でも、運動でも、お手伝いでもいいので、成功体験を増やして、「よくできたね!」と大げさに誉めてあげるようにしましょう。


体験・経験が人を育てます。
『可愛い子には旅をさせよ』といいますが、小学校では小さなことで親が口出し手出しせず、たくさんの経験・体験をさせて見守ってほしいなと思います。

子どもが育つ過程で、親の役割は大きいですね。
子どもは、学校や幼稚園(保育園)で頑張っています。
家に帰ってホッと一息つける。
家庭は子どもが心から安らげる場所であってほしいと願います。

今日は、~子育てシリーズ~ 子どもの心を育てる『幼児・園児編』です。
子育て中のママたち、よかったら参考にしてくださいね。


自分でできることは、なるべく自分でさせる

子どもの朝の支度が遅いとイライラするママも多いでしょう。ついつい口出し手出ししてしまいますね。でも、顔を洗ったり、お着替え、朝食、カバンの準備など、子どもが一人でできることはなるべく自分でやらせてください。幼児のうちから基本的な生活習慣を身につけさせるようにしましょう。そして、大人と一緒に何かをやるのが嬉しいこの時期に、お手伝いの習慣もつけておくといいですね。

あいさつ

コミュニケーションの第一歩はあいさつからです。社会に出て適応していくためには、他人との関わりをうまくとっておくことが大切です。そのためにはあいさつが大事です。きちんとあいさつやお礼を言ったりできるようになるためには、親の姿を見せることも大事です。子どもは親の真似をするのですから、親自身もあいさつができる人でないといけませんね。

読み聞かせ

幼児期から学童期にかけて、絵本の世界が広がっていきます。
この時期にいい本をたくさん読み聞かせすることで、心が広がったり思いやりが生まれたりします。それが友達との関わりで、共感したり思いやったりすることが出来るようになるのですね。絵本の主人公になって、絵本の中を旅するのはとても楽しいです。この時期の特権ですから、親子でゆったりと楽しんでくださいね。

好奇心の芽を摘まない

我が家の息子たちは、2歳くらいから外で虫取りをして遊んでいました。
バッタ、カマキリ、シジミチョウ、ダンゴ虫、カブトムシ、クワガタムシ、トンボ、トカゲ、カナヘビ、ザリガニ、カエル、サンショウウオなどなど・・・。春から秋にかけて、我が家は虫や生き物が勢ぞろい。。。
今でも息子たちは、お友達たちから一目置かれる?虫取りの名人になりました。そして、興味が発展してオスメスの違いや、種類、飼い方、自然観環境までもわかるようになりました。これを大人の感覚で、危ない、汚い、気持ち悪いと思って息子たちの好奇心の芽を摘んでしまっていたら、今頃は意欲も好奇心もない子になっていたかもしれません。
子どもは何に興味があるのかを早い段階で親が知ることは大切です。そして、その興味に対しての好奇心をできるだけ応援してください。子どもが小さい頃は、よく図書館に行って虫の図鑑や絵本を借りていました。そこから本にも興味が湧いてきたのだと思います。
好奇心は波紋です。どんどん大きく広がっていきますので面白いです。


次回は、小学生低学年編です。
お楽しみにね