毎日新聞 2014年08月07日より

不登校の児童生徒数
 2013年度に全国で不登校(年間30日以上欠席)だった小中学生は約12万人で、前年度より約7000人増えたことが、文部科学省が7日公表した「学校基本調査(速報値)」で分かった。12年度まで5年連続で減少していたが6年ぶりに増加に転じ、10年度の水準に戻った。
 学校基本調査は、全国の学校の生徒数など実態を把握するため、文科省が毎年5月に幼稚園から大学まで国公私立の全学校を対象に実施している。

 不登校の小学生は2万4175人で前年度より2932人増えた。全児童に占める割合(不登校比率)も0.36%と、0.05ポイント増で過去最高水準。276人に1人の割合だ。中学生は9万5181人で前年度比3932人増。不登校比率は2.69%で0.12ポイント増だった。37人に1人の割合だ。小中学生を合わせると11万9617人(不登校比率1.17%、中等教育学校含む)で、前年度より6928人増加した。

 不登校児童生徒数のピークは01年度の13万8733人で、不登校比率は1.23%。特に中学校では中学1年で急に不登校が増える「中1ギャップ」などもあり不登校比率が高く、1991年度は1.04%だったのが毎年増え続け、01年度は2.81%。ピークは07年度(2.91%)だったが、それ以降は減少傾向だった。

 不登校を巡っては、06年度に不登校だった中学3年生の5年後の追跡調査の結果、前回調査(93年度に不登校だった中3生対象)に比べ、高校進学率が20ポイント増の85%、高校中退率は24ポイント減の14%になるなど不登校後の進路状況に改善がみられた。文科省は、不登校生を対象にした高校の整備など「受け皿」の多様化が進んだ結果と分析していた。

 今回、不登校の児童生徒が増えたことについて同省は「今回の調査は理由を聞いていない。秋に公表予定の問題行動調査では理由を調べているので、その結果を分析しないと分からない」としている。

HP子ども教育支援センターHPより~


今の時代、特定の子どもが不登校になるのではなく、誰でも不登校になり得ると言われるほど、不登校児童の数が増えて続けています。教育期間もこの実態を深刻に受け止め、スクールカウンセラーの導入など様々な対応を試み、不登校の問題に真剣に取り組むようになってきましたが、このような献身的な対応が少しずつ評価されつつある半面、まだまだ問題に対応しきれていないのが現状です。

問題に対応しきれていない状況の背景には、家庭環境や学校での集団生活、子ども自身の性格である集団への適応の困難さなど、不登校独特の問題の複雑さが影響を与えているためと考えらえれています。

また、こんなデータもあります。
引きこもりにあっては、全国で70万人、予備軍が155万人、 合計225万人(2009年)になると言われています。
日本の15歳~39歳までの人口が3880万人。ということは、17人に1人が予備軍を含むひきこもりということになるのだそうです。
しかも、30歳代が約半数を占めるという統計があるとのこと。

この数字に危機感を覚えるのは私だけではないと思います。
少子化に加え、若い人たちの引きこもりや不登校が増加しています。
日本の将来は、本当に大丈夫だろうか?


私は、これからの日本の教育・子育てが重要になってくると思っています。

子育て中の親御さんは、「我が子に限って」ということは絶対にないものと思って育ててください。益々、何があるかわからない時代になっていく中で、子どもの育て方を真剣に考えなくてはならない時期に来ているのだと思います。

不登校や引きこもりになってしまってから慌てても、学校や社会に出すのは至難の業です。学校の勉強がいくらできても、生きる力が育っていなければ社会に出てはいけません。子どもをよく理解して、どう育てたらいいのかを考えてみましょう。

『心の根っこを育てる時期』(乳幼児~小学3年生)にやっておいてほしいことをご紹介します。

1、親子の関わり
2、異年齢との関わりや集団遊び
3、本の読み聞かせ
4、創意工夫できる工作遊び
5、失敗や成功の体験
6、自分で考えて行動する体験
7、自然体験
8、学習の習慣づけ


年に数回やるだけでは効果はありません。
できれば、幼稚園・保育園や学童保育と連携しながら、育てて行ければいいですね。

それと、親自身の子育ての勉強も必要だと感じます。
子どもを育てるのに、無知では育てられません。
子どもが成長するように、親御さんも成長してほしいですね。

子育ての最終目標は、子どもの自立ですから、
将来、親も子も幸せのためになるための自立に向けて、子どもを育てていただけたらと思います。


今でも行っていますが、子育て相談室、子育て勉強会を来年から本格的に『子育て支援センター』として地域に創っていきたいと思っています。
地域の子育て拠点となれるように、取り組んでいきたいと考えています。
詳細が決まりましたら、ブログでご紹介していきますね。

人間関係を示唆するお話に、『ヤマアラシのジレンマ』というものがあります。
これは、哲学者ショーペンハウエルの寓話を元に、心理学の大家フロイトが考えたお話です。


ヤマアラシのジレンマ

寒さの中、二匹のヤマアラシのカップルが暖め合おうと近づきます。寒くて孤独で、一人ぼっちでいるのは耐えられない。あんまり固く抱き合い過ぎますと、相手のトゲが自分を刺して、痛いのです。見たら相手も自分のトゲで傷ついているのです。

そんなに一緒にいたら痛いぞと思い離れますが、離れると確かにもう痛みはありません。しかし、寂しくなり、寒くなり、孤独でたまらなくなります。

だからまたそろそろと近付きます。
そしてまた、あんまり無謀な近付き方をすると、自分が苦しくなってきて、また離れます。二匹は近づいたり離れたりを繰り返し、要約お互いに傷つかず、寒くも無い距離を見つけていきました。

というお話でした。


お互い踏み込んだ人間関係になると、傷つけたり傷つけられたりして、関係が悪化します。だからと言って離れすぎると疎遠になり、関係が保てないで苦しみます。

このように人と人の間には、自立と共存の間で感じられるジレンマが少なからずあります。このお話の中には、「お互い紆余曲折の末に、適度な距離が作れるようになる」という肯定的な意味もあります。

相手の針の長さをよく考えて、適度な距離感が掴める様になることがコミュニケーションのコツであり、最も難しいところです。

ヤマアラシジレンマは、自分が付き合いたい相手や自分にとって必要な相手だから起こるのだと思います。相手のトゲで傷ついてもなお、一緒にいたいと思うから紆余曲折するのでしょう。


ヤマアラシのジレンマは、元々はカップル(男女関係)のお話ですが、人間関係の中には相手のトゲに一方的に傷つけられている人がいるのも現状です。
ドメスティック・バイオレンス〈DV〉、性犯罪、買春、ストーカー、セクシュアル・ハラスメントなどの暴力は許されません。

今、あなたの付き合っている人は、
『自分だけ我慢すればいいんだ』と思っている相手ではないですか?
反対に『誉められたい、愛してほしい』だけの相手ではありませんか?
その関係は、あなたの人生にどう影響しているのでしょうか?

本当に必要なことは、勇気を出して自分にとって正しい人間関係を築くことだと思います。相手の感情に振り回されている人は、相手のトゲで大怪我をさせられるかもしれません。

相手を傷つけてばかりいる人は、自分の考え方と行動を改めなければなりません。

お互いにいい関係であり続けることとは、
決してずっとそばにいることだけではないのかもしれませんね。

昨日、二男が通っている中学校で合唱祭が開催され、
見事、二男のクラス3年H組が最優秀賞に輝きました!
2014102211-1.jpg

クラスがまとまっていると、歌声も一つになって
素晴らしいハーモニーになるんですね
感動して目頭が熱くなってきました。

長女の時から数えると11回ほど毎年合唱祭を観てきましたが、毎回感動しますね。高いお金を払って鑑賞するコンサートよりも、よっぽど貴重で価値があります。

最後の先生たちの歌声と吹奏楽部の演奏も大変良かったです

子どもたちのがんばりに大きな拍手を送ります

今年、私たちを震撼させた「佐世保の同級生殺害事件」は、子どもの心の教育の大切さを改めて感じた事件でした。

致知11月号に「いのちの教育」とは何かの中で、教師や保護者の質問に答える形で、中村学園大学教諭の占部賢志先生の興味深い話が載っていたので抜粋してご紹介します。

~略~
枯れたまま放置されていたプランター

教師 以前先生が教師塾の師範塾長をされていた時、米飯完全給食と花壇づくりで荒れた中学校を再建された大塚貢先生を講師にお招きされたことがありますよね。
ああいう花壇づくりもいのちの教育につながる気がします。
占部 大塚先生の画期的な実践は本誌や『正論』誌で取り上げられましたね。なかでも驚いたのは、『正論』に載っていた大塚先生撮影の写真です。その写真は、凶悪事件を引き起こした児童生徒が在籍していた学校を写したものでした。
大塚先生は思い立ってそれらの学校を事件直後と数年後の二度にわたって視察する。その結果、その学校にも共通の特徴があることに気づかれるのです。
保護者 興味がわきますね。どんな共通点だったのですか。
占部 それは、どの学校も校内に花が乏しいということでした。運動場の隅にプランターがあっても、見れば花はとっくに枯れ果てて雑草が生えていたそうです。しかも、数年後二度目に訪れた時も同じ傾向だったらしい。
もちろん、それがそのまま子供の凶悪事件に直結しているとは言えないでしょうが、何かしらすさんだものを覚えましたね。
我々教師が見据えるべきはここなんですよ。それらの学校もいのちの教育や道徳教育はやっていたでしょう。だけど、校内の花は枯れて春夏秋冬うろおいがなくなっていると気づく感受性は枯渇していた。命の教育と称して特設授業を何時間も設けたところで感化力は生まれるはずもない。


私はこの記事を読んで、共感すると同時に深く納得しました。
植物や動物への愛情を育むことが、道徳教育に繋がっていくのではないかと思いました。

そういえば、日本一住みたい街ナンバーワンの吉祥寺のことを思い出しました。
吉祥寺は、駅から数分のところに井の頭公園を擁するなど「公園・自然が多い」ことや、JR中央線と京王井の頭線のターミナル駅であることから「交通の便がよく」「商業施設や飲食店が充実」していることなどの理由が挙げられていますが、実は商店街のお店一軒一軒で、通り沿いにプランターの花を置いているのだそうです。
そこを通りがかった人は、きれいな花を見て和み、街の印象もよくなって住みたくなる心理が働くのだといいます。

学校や幼稚園、保育園、街づくりも同様、花いっぱい運動が盛んな地域は、そこにいる人の心が和み治安も良くなる効果もあるそうです。

荒れた学校を再建された大塚先生は、子どもの心を育てることを一番に考えて花いっぱい運動に取り組まれたのではないでしょうか。私たち子育て関係者も、見習う点が多々あります。

ありんこ親子保育園も、子どもたちの心が育つように、
一年中きれいな花がいっぱい咲いている保育園にしていけたらいいなと思いました。

行ってきました!
近畿大学水産研究所

大学の研究所と言っても…
201410145.jpg

場所は、東京銀座6丁目
201410146.jpg

学生さんたちが、丹精込めて育てたお魚を美味しくいただける料理屋さんです。
201410141.jpg
3種類のお魚の煮つけ。やわらかくて美味しかった!


今年、近畿大学がテレビで放映されたのを観ていたので、「あの養殖場で泳いでいたお魚なんだ」と思うと、大事に食べてあげたくなりました。
201410142.jpg
プリプリのお刺身は、絶品でした!


お魚への『卒業証書』がついていました。
記念にもらって帰りました。
201410143.jpg

他にも、「熊野牛の鉄板ステーキ」と、「大根とクレソンの和歌山しらすたっぷりサラダ」「高菜のおにぎり」などもいただきました。

どれも本当に美味しいお料理でした。
お客さんの年齢層は高く、サラリーマンの方や女性だけで来られている方もいらっしゃいました。
お店の雰囲気も落ち着いていて、ゆっくりお料理をいただきたい方にはお勧めのお店です。

大学とのコラボで、アイデア事業ですね。
勉強になりました!