昨日、はっぴーくらぶ主催のお餅つき会が行われました。
午後は、職員のクリスマス会&忘年会でした。
楽しい1日になりました。
来年も元気いっぱい過ごせそうです。

お餅つき会の様子です



12月23日(火)晴れ

今日は年末恒例の『お餅つき会』が行われました
お天気は晴天晴れ風も強くなく絶好のお餅つき日和
今年も大勢の地域の方々のご参加を頂きました


バザー&ゲームコナー
o0448029913167188021.jpg
o0448029913167256750.jpg
t02200147_0448029913167211414.jpgt02200147_0448029913167256752.jpg
『おおきなかぶ学童』で育ち巣立って行った現役中・高生を中心に
お店屋さん開店準備が進められています


o0299044813167211415.jpg
こちらはから揚げや豚汁などのお店屋さん
来年4月から新社会人になるお姉さん達が担当してくれています


o0448029913167150115.jpg
こちらはバザーコーナーで~す

o0448029913167149096.jpg
こちらは…くじ引きですよ

o0448029913167149596.jpg
o0448029913167149594.jpg
でました『大当たり


o0299044813167149595.jpg
的当てですよ
的に当たると景品選びどれにしようか迷っちゃうね


o0448029913167211412.jpg
もち米が炊き上がるにいい匂いが立ち込めると
お餅つきが始まりました

t02200147_0448029913167242969.jpgt02200147_0448029913167242968.jpg
お餅がつきあがるとすぐに丸めて…きな粉・あんこ・大根おろし・のり醤油の4種類の味に

o0448029913167150116.jpg
t02200147_0448029913167154525.jpgt02200147_0448029913167154524.jpg
o0448029913167150117.jpg
o0448029913167155682.jpg
o0448029913167154522.jpg
『どの味のお餅が好き』と聞くと…『全部』と即答
『いっぱい食べるぞ~

t02200147_0448029913167153471.jpgt02200147_0448029913167156298.jpg
t02200147_0448029913167240021.jpgt02200147_0448029913167240019.jpg
t02200147_0448029913167242971.jpgt02200147_0448029913167242970.jpg
o0448029913167156299.jpg
o0448029913167154521.jpg
o0448029913167153467.jpg
つきたてのお餅は柔らかくて香りもよくなんて美味しいんでしょう
ほっぺが落ちそうです

o0448033613167236539.jpg
お腹がいっぱいになると…お餅つき体験が大人気
元気な掛け声とともに力いっぱいぺったんこ


o0448029913167236541.jpg
o0448029913167150118.jpg
o0448029913167156302.jpg
o0448029913167249731.jpg
t02200147_0448029913167240022.jpgt02200147_0448029913167240020.jpg
大人も本気ですみんなで力を合わせてヨイショ


o0448029913167155681.jpg
もち米から段々とのび~るお餅になっていく様子が不思議で面白い
つきあがるのを待っているのも楽しい時間

o0448029913167249729.jpg
美味しいお餅をたくさん食べて元気いっぱい
寒さや風邪に負けずにこの冬を過ごせそうな程のパワー注入
ご参加ありがとうございました(すみよし)

この土日は、娘たちと京都一泊旅行に行ってきました

長女は来年1月に結婚が決まり、次女は4月から就職が決まりましたので、
独立前のいい思い出づくりになりました


夜の清水寺は、ライトアップ&満月の月がとてもきれいでした
20141206 (75)-1

紅葉がまだ残っていました
20141206 (50)
20141206 (48)-1
20141206 (65)-1

翌日は、東映太閤映画村に行きました
20141207 (47)
20141207 (38)
20141207 (28)-1
20141207 (14)-1
私は入りませんでしたが、お化け屋敷が最恐だったらしいです

行きの新幹線では関ケ原は雪景色だったので、お天気が心配されましたが、
京都についたらいいお天気だったので、たくさん楽しめて良かったです


おまけ
20141206 -2
舞妓はんに変身
40代最後の思い出に…

子どもを育てるときの言葉に、『子どもは寒い環境で育つ』というものがあります。

不自由、不便、物不足のなかにおいてこそ、頭も体も心も豊かにはたらき、『知・徳・体』教育への道が開ける、というものです。

自由で、便利で、物が溢れている環境では、子どもの脳は働きが鈍り、自分で考えない、自分で動かない、自分で伝えない、ということが起こってしまいます。これでは、世の中の試練を乗り越えられなず、すぐに折れて傷つきやすい人間になってしまうかもしれませんね。
現代は、生き辛い人がとても多いように思います。

子どもを温かく守ってあげることも大切ですが、それに慣れてしまうと学校へ行きたがらなってしまいます。

学校に行きたくないと言ったら、すぐに休ませる。
習い事で嫌なことがあると、すぐにやめさせる。
いじわるをされた相手の家に怒鳴り込む。

親は、子どもを過剰に守る必要はありません。

よく判断もしないで、我が子の言うことを鵜呑みにしない事です。
その背景に何があったのか?
本当の問題・原因は何なのか?

本当にそれが我が子のためなのか、客観的に見て先に繋がる判断をすることです。


『獅子の子落とし』ということわざがあります。
自分の子に苦しい思いをさせて力量を試し、這い上がってきた者だけをりっぱに育てるという意味のことわざですが、時には子どもを突き放すことも必要だということです。

突き放すとは、自分で考えて乗り越えさせること。
安易に手助けをしてあげないことです。

『手は外なる脳』とも言われます。
自分で考えて、自分の手で創り出し、仕上げていく。
完成・達成した喜びを体験することこそ、生きている充実感が味わえるのだと思います。

それを初めから親が保護し干渉しすぎて、伸びる芽をもぎ取ってしまったら、子どもはうまくは育ちません。

私がまだ子育て真っ最中の頃、先生に教わったことは、「子育ては環境整備から。お金や物は足りないくらいがちょうどいい」ということでした。つまりは、たくさんのお金や物を与えない事、贅沢をさせない事です。
ついでに、親の口出し・手出しも足りないくらいがちょうどいいようです。

そういえば、最近は厚着の子が多い気がします。
子どもは大人よりも体温が高めなので、1枚少なくてちょうどいいですね。

やっぱり、‘子どもは寒い環境で育つ‘ものなのでしょう。