皆さんは、『摩の2歳児』という言葉をご存知でしょうか?

2歳児は、見た目の可愛らしさとは裏腹に、かたときも目が離せないいたずらぶり。
好奇心旺盛な子は、あたりにあるものを手当たり次第に触る、投げる、ばらまく、壊す、引っ張り出す…。
ダメだと怒ると、火がついたように泣きわめく。
できもしないのに、自分でやりたがる。
言葉もまだ上手に喋れないし、言うこともきかない。
まさに‘摩の2歳児‘と言われる所以です。

息子たちが小さい頃の当時の我が家では、毎日、想定外の事件が勃発していました。
テッシュのばらまきは当たり前。
下駄箱の中に醤油瓶が見つかる。
VHSビデオデッキの中からハサミやカードなどがぎっしり。
テレビの消音穴に電子体温計を差して、音が出なくなった。
高いところにのぼりたがり、キッチンのシンクの中に入り落っこちる。
扇風機に割りばしを突っ込む。
電子ピアノの上でおもらし、音が出なくなった。などなど…。
親の予想をはるかに上回る想定外のいたずらをしていました。
お蔭で、我が家の電化製品は、ことごとく壊されました


昔から「三つ子の魂百まで」といわれる三つ子とは、満年齢の2歳代のことなんですよ。自由に歩けるようになって、細かいものがつかめるようになり、世の中を自分の目で見て、触って、試して、学習をしているのです。
自分の意志で行動し始めた頃が、ちょうど2歳という訳です。
人間らしくなる時期とも言えますね。

ですから、2歳児はかたときもじっとしていられません。
じっとしてしていられないのは、向上心の現れなのです。

ちなみに、午前9時から午後2時までの5時間で、特に意図的に歩いたわけでもない日常生活で、平均8,700歩以上歩いているというデータがあるそうです。1歩20cmとして計算しても、1.7kmにもなります。
2歳児の頃は、1日平均2kmは歩かなくては円満に育たないとも言います。
よく動く子が、よく食べ、よく眠り、よく育つのでしょう。

2歳児を持つ親御さんは大変でしょうが、人間らしくなるために学習している最中だと受け止めて、おおらかに育てていただければと思います。

不思議なことに、言葉がうまく話せるようになると落ち着いてくるものです。
なるべく色んなものに触れさせて、親子の会話を増やしながら言葉を覚えられるようにするといいですね。

先日の朝、保育園の前を中年の男性がジョギングをしているのを見かけました。
が…、その手にはタバコ
「健康にいいのか、悪いのか…?」と思いながら、少し眺めてしまいました。

私は保育園を経営している関係で、喫煙にはとても敏感になっているので気になったのだと思いますが、最近の人材募集広告などを見ると「ノンスモーカー」という言葉が多くなってきましたね。
保育士・保育ママ・ベビーシッターの広告にも、ノンスモーカーとなっているところが増えました。保護者がタバコの害について知っている人が増えたでしょう。


タバコが、何故身体に悪いのか?
タバコの害については多くの皆さんがご存知かと思いますが、中でも最近ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)がタバコが及ぼす病気として注意が必要です。COPDは世界の死亡原因の第4位にランクされている病気で、今後も増加が見込まれます。日本には500万人以上のCOPD患者がいると推定されています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?
タバコの有害な空気を吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。空気の出し入れが難しくなることで息がしにくくなります。せきやたんの症状が長い期間にわたり続く状態を「慢性気管支炎」、炎症が進んで肺胞が壊れてしまった状態を「肺気腫」と言い、この2つがともなって「COPD」になります。

長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、「肺の生活習慣病」と言われています。症状が悪化すると、肺がん、動脈硬化症、心・血管疾患、骨粗鬆症・うつ病などを発症しやすくなります。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)を知って禁煙を!

こちらもご覧ください↓
禁煙応援サイト:「もうやめよう!そのタバコ」
喫煙は、歯科治療にも大きな悪影響を起こす
喫煙者の呼気による健康被害のため、外で吸ってもダメなことがわかりました

今すぐ身体に異常が出るわけではないと思いますが、長年吸い続けていることで命に関わる病気になっていく確立が高くなっていくようです。喫煙者の近くにいる人、特に子どもに影響することは避けられません。
例え、子どもの前でタバコを吸わなくても、吐く息の中には肺に残留した有害物質が出ているということがわかっています。保育者はノンスモーカーであることは必須の条件ですね。

ちなみに、親が喫煙者の場合、子どもも喫煙者になる確率は70%だそうです。

自分の健康のため、家族のためにも禁煙しましょう!

1月11日(日) 清々しい青空の元、大網白里市の成人式が行われました

お蔭様で我が家の二女も、無事に成人を迎えました
4月から社会人。世の中に貢献できる人になってほしいです。
DSC_0715-2.jpg
馬子にも衣装です…


成人式の会場『大網アリーナ』
DSC_0759-1.jpg

マリンちゃんもお祝い
DSC_0763.jpg

新成人の皆さん

成人おめでとうございます。
これからの皆さんのご活躍を応援しています。

毎年、初詣をしている成田山新勝寺ですが、今年は少し感じるところがあり、
成田山に興味を持ったので、調べてみました。

成田山新勝寺の御本尊不動明王は、真言宗の開祖、弘法大師空海が自ら一刀三礼(ひと彫りごとに三度礼拝する)の祈りをこめて敬刻開眼された御尊像だそうです。

お不動様について、感動した記事がありましたのでご紹介します。


お不動様はなぜ怒りのお姿なのか

不空三蔵訳『底哩三昧耶不動尊聖者念誦祕密法』巻上に、お不動さまは「極悪醜弊の身を示現する」と説かれています。確かに、お不動さまの忿怒の相(怒りの姿)は、目を見開き、口を歪ませ、怖ろしい顔つきです。本来の姿である大日如来の穏やかな顔つきと比べれば、お不動さまのお姿は「みにくい」もののように見えます。なぜお不動さまは、このような姿をとっておられるのでしょうか。
この「みにくい怒りの姿」こそが、お不動さまの大慈悲の心を表しているのです。私たち衆生は、自分の都合や欲望のために、しばしば怒ります。しかしお不動さまの怒りは、自分のための怒りではありません。私たち衆生を迷いや苦しみから救いたい、ただそのために怒りを示しておられます。
穏やかな表情で優しい言葉をかけるだけでは、相手を救えない。そうと分かっていても、怒りを示すことには勇気が要ります。誰であっても、みにくい怒りの姿を好きな相手に見せたくはありません。また、怒ることで愛する相手から嫌われてしまうことは、誰だって避けたいことですから。
たとえ嫌われるとしても相手を救いたい。救えるなら、救った相手から嫌われても憎まれても構わない。そのような慈悲の心と覚悟がなければ、みにくい怒りの姿をとることはできないのです。お不動さまのみにくさとは、どのような不安にも揺るがされることのない大慈悲心のあらわれに他なりません。
新年は、新しい自分を見つける一年の始まりです。お不動さまの前で手を合わせる時、新しい自分の中にお不動さまがいるか、慈悲の怒りをとれる自分となれるか、心を開いて想いを巡らせてみてください。 (2015年1月1日)

a6_photo01_201501.jpg

~大本山成田山HPより~