先週、ありんこ親子保育園で、Yさん(68歳・女性)の保育支援者を採用しました。
保育支援者とは、保育士の負担を軽減するために、配膳準備、清掃、環境整備などを業務としている職員のことをいいます。

それが、とっても穏やかで、上品で、意欲があって、とても68歳には見えません。
配膳準備や保育士がやりきれてない細かな掃除や片付け、草むしりなどを率先してやってくれるんですよ。
仕事は丁寧だし、子育て経験や保育園の保育補助の豊富な経験もあります。落ち着きのある安定感がまたいいんです。

シニア世代の人と触れ合うことができて、子ども達にはとてもいいことです。
でも、一番刺激になっているのは私たち職員です。
68歳が若々しく意欲あふれて楽しく仕事をしているのに、まだまだ現役の私たちが弱音を吐いていてはと、発奮させられています。仕事がスムーズになり、活気にあふれてきました。
とてもいい刺激になっています。


シニアの力って侮れないですね。
これなら、もっとシニア世代を採用してもいいかな、と思っています。

現役を引退したシニア世代の保育士さんとかいないかな…。
どなたかいい方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください


今日という日

ご入学おめでとうございます