今振り返ると、子育て真っ最中の大変だった頃が一番、乾いたスポンジが水を吸い込むようにいろんな事を吸収していたように思います。1週間に数十冊の本を読んだり、子どもを連れて行ける講演会や勉強会に参加したり、いろんな人の話を感動しながら聴いたり、何でも吸収していました。それがあったから子育てをテーマに起業できたし、子育てセミナーなどでアウトプット出来きて、微力ながら世の中のお役に立つことができているのだと思います。

あれから25年が経過しましたが、今また第二のスポンジ期が到来したようです。
以前は家庭教育や子育ての分野でしたが、今は保育の専門的な勉強をしています。

私は保育士ではないので、他の先生たちのように大学で保育を勉強したことがありません。知識よりも実践が先だったため、わからないことだらけから子育てが始まりました。だからこそ知識が大切だと感じたのですね。わからないから調べようと勉強し始めたのがきっかけで、保育に出合いました。

今、保育の専門的なことを勉強するたびに、自分の子育てを振り返って考えてみることができるので本で勉強していてもイメージすることができます。体験が理解につながるということは、こういうことを言うのだと実感しています。

だから、何事も遅いということはないのですね。
子どもの頃は、あれほど勉強嫌いだった私が、今勉強することがとても面白いと感じています。


話は変わりますが、これからの学校教育は大きく変わっていくそうです。
今までの一斉型の授業ではなくなっていくそうですよ。

子ども達が大人になる数十年後は、今ある職業が半分ほど消えていくと言われています。
第一に消える職業は、銀行の窓口業務だと言われているそうです。
人工知能が発達し、そのような業務はロボットが行えるようになります。
究極のところ、人工知能のロボット社会になればなるほど、人間の手作りの仕事が重要視されることは間違いなさそうです。

ですから、今のように一斉授業で知識を詰め込む教育をしても、将来使えない教育なのかもしれません。だって一次方程式なんて、大人になって一回も使ったことはないです。それよりも、意欲や根気、好奇心といった心は社会に出てから絶対的に必要な資質・能力になります。

このような背景から、これからの学校教育は子どもが興味があることを追及していく授業が増えていくと思われます。それは、資質・能力を育てるためであり、その傾向は保育の分野にも降りてきています。

保育所の役割は、ますます重要になっていて、平成30年に改定される保育所保育指針では、保育所は教育機関にあたることが初めて記載されました。これは保育所は、養護と教育を一体的に行うことを業務とすることを表しているのです。

従って、保育所の保育士は、幼児教育も勉強する必要があります。
特に3歳児以上では、小学校就学までに育てたい10の項目を指導案の中に取り入れてほしいです。

新しい保育所保育指針だけでも、かなりの量を勉強する必要があります。
それだけでなく、幼稚園教育要領や小学校の学習指導要領も併せて確認しておくことが必要だと思います。

読むだけで大変な量の資料ですが、私はこれが面白くてもっと知りたいと思いながら読んでいます。

興味のあることは、大変だとは思いませんね。
子ども達もきっと、自分の興味のあることなら進んで勉強するようになるでしょう。
もしかして、私のように勉強だとは思わず、自分の興味を満たすための楽しみに思ってくれるかもしません。
そう、乾いたスポンジが水を吸い込むように、勝手に知識を身につけていくことでしょう。

保育も教育も日進月歩。
好奇心と探究心をもって、先生たちも新しい知識を勉強してみませんか?

因果の法則

子どもは小さくて未熟なもの