あなたはたばこを吸いますか?

これは、星野リゾートの採用ページの冒頭の言葉です。

「喫煙者は採用しない」という企業が増えているのをご存知でしょうか?


「平成28年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の喫煙率は29.7%で、昨年と比べの-1.3%減少し、全体的な喫煙人口は現在2027万人と2015年度と比較して57万人減少。全体的に見ても喫煙者は徐々に減ってきているようです。

喫煙者にとっては肩身の狭い時代になりつつありますが、最近では、業務効率の低下防止や社員の健康増進を理由に「喫煙者は採用しない」と銘打っている会社も増えてきているのだとか。

例えば、北信越地方を中心に展開する株式会社ワシントン靴店では新卒大学生向け採用ページで、応募条件の2つ目に、「タバコを吸わない人 会社の経営方針で現在は、非喫煙者のみを採用しています」と明記しています。
また、システム開発やコンサルティング業務を行うAcroquest Technology 株式会社も全社禁煙がポリシーであるということが公式HPにて記されており、赤字で「当社では喫煙者の採用はしておりません」とわかりやすく表記されています。ほかにも人材コンサルティング業の株式会社ウィルワンも今年度の新卒採用活動から喫煙者を対象としないことが、採用ページにて記載されています。
わかりやすい例としては禁煙補助薬を取り扱うファイザー製薬の例があります。禁煙をサポートする製品や「すぐ禁煙.jp」など、禁煙を積極的に進めている同社はそのイメージを壊さないために、社内でも「喫煙者ゼロ宣言」を行なっているといいます。

「喫煙者は採用しない」企業が増加中!? タバコは就活に不利って…ホントなの!?より


当社でも喫煙者は採用していません。
何故なら、保育園や学童保育という子どもの命を預かる仕事をしているからです。

保育・教育関係者は、絶対にたばこを吸ってはいけないと思っています。

それは、たばこは子どもに与える悪影響があるからです。
例え、子どもの前で吸わなくても、喫煙者の肺の中の蓄積された有害物質が息として吐き出されていて、それを子どもが吸って有害物質を取り込んでいるという問題が指摘されています。
これを「見えない煙」と呼ぶそうです。
こちらをご覧ください→たばこの害 写真


おおきなかぶ学童保育では、今年も夏休みに「たばこの害について」の子ども講座を行います。それは、将来子ども達を喫煙者にしないための取り組みです。
たばこはニコチン中毒ですので、一度喫煙者になってしまうとなかなかやめられなくなります。子どもの頃からのキチンとした禁煙教育が必要です。

これは、小学校で行ってほしいところですが、
学校の先生の中には、職員室の外で吸っていたりしますからね…。
学校内で吸うのは絶対にやめてほしいです。

親が喫煙者の場合、70%以上の確率で子どもが喫煙者になる可能性があると言われています。
また、現在はカードがないとたばこが買えないシステムになった影響で、中学生や高校生のたばこの万引きが多発しているそうです。その子たちが喫煙のきっかけになった原因は、親が吸っているたばこを家庭内で入手したことが主な喫煙のきっかけになっています。

子どもがいる家庭では、親が思っている以上に子どもへのたばこの影響は大きいです。

それよりも何よりも、一番は自分や家族の健康被害があります。
昨年、喫煙者だった叔母が肺がんで亡くなりました。
家族は介護と医療費の負担が大きく辛い日々でした。

これから就職する人、子どもを産み育てる若い人たちは、たばこは相当なリスクになると思って禁煙してほしいと思います。

子どもは親の言葉通りに育つ!?

五十にして天命を知る。