今の大学生や専門学生に将来の夢について聞いてみると、
お金持ちになりたいとか、社長になりたいとかではなく、
「幸せになりたい」と答える人が多いのだそうです。

幸せって人それぞれなので、
自分が幸せだと感じることができればいいのかな?

私の幸せってなんだろう?
フッとそんなことを考えてしまいました。

一日で一番幸せな時は、布団に入った時かな?
次がご飯を美味しく食べている時、その次がお風呂に入っている時かな。

でも、それは仕事が充実していて、命一杯働いたからですね。
身体が疲れていなければ、熟睡できないし、食欲も出ません。
お風呂でホッと一息つけるのも、一日の疲れを癒しているからです。

幸せになりたいと思っていても、何にもしなければ幸せはやって来ない気がします。
幸せになりたいと思うのであれば、日々の生活を整えることが大切ですね。

安定した基盤があるから、その上に建てられる柱も大きくなるのです。
それが夢や目標となって、やがては雨風をしのげる大きな屋根となっていくのだと思います。

学生さんたちが、「幸せになりたい」という希望を持つことは、実は一番難しいことなのかもしれません。
幸せとは自分の心が決めることなので、普段の生活から幸せを感じることもできるし、資産家になっても悩みがあれば本当の幸せにはなれないでしょう。

少しの幸せも感じられることが、幸せになれる方法なのかもしれませんね。

サンライズ九十九里

ついていく人を 間違えてはいけない