『子の曰く、吾れ
十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順がう。
七十にして心の欲する所に従って、
矩を踰えず。』 (為政編)


わたしは十五歳で学問に志し、
三十になって独立した立場を持ち、
四十になってあれこれと迷わず、
五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、
六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、
七十になると思うままにふるまって、
それで道をはずれないようになった。

~孔子の「論語」の中にある言葉より~


私は今年で52歳になりますが、
50歳にして天命を知る人って、そうそういないんだな…と思う出来事がありました。
今の50代は見た目も若いですが、精神年齢も幼いのかな?

孔子はどうして50にして天命を知ったのでしょう。
それはきっと、覚悟ができていたのだと思います。

人生50年と言われていた時代なら、
とっくに死んでいる齢になった自分ですが、
人生を振り返ってみると、50歳なんてあっという間に来てしまいました。

気持ちが若いのはOKですが、
50代は50代に見合った中身が大切で、人間性や覚悟がなくてはいけないなと思います。
いつまでも娘のままではいられないのですから。
そうでなければ、50代になっても世間知らずね、と言われてしまいます。

いくつになっても、成長し続けていきたいものです。

喫煙者は採用しません

発達障害について