今日の夕飯に、6年生の二男がたまごやきを作ってくれました
とても美味しかったですよ
2012012514.jpg
洗い物もやってくれて、とても助かりました

うちの4人の子どもたちは、交代で家事を分担してやってくれるので、私が全ての家事をやらなければならないということはまずありません。
高校生以上の上の子たちは、毎朝、自分のお弁当を作って学校へ行きますし、次女はお父さんの分も作ってくれます

娘たちから見たら、
「お母さんが作ってくれないからでしょ」になるでしょうが・・・
結構、好きで作っているようです

夕食の支度、お米とぎ、お風呂の準備、買い物など、できることは家族で協力しながらやっています。
お風呂洗いは誰がやるか?などを4人集まってルーレットで決めたりするんですよ
何でもゲームにしちゃう子どもたちを見ていると、とても面白いです

共働き家庭ですが、仕事の両立も子どもが育っているのでそれほど難しいことではありません。

我が家では、小さい頃からお手伝いをするのが当たり前で、働かなくては他の兄弟から厳しく非難されます

でも、そのお蔭で責任感も身についたのだと思います。


子育てって、親が子どもにどれだけ何かをやってあげたかが重要なのではなく、子どもが家族のためにどれだけ何かを考えて行動してくれたかが、子どもの‘徳‘になり、その徳が大人になった時に結果になるのだと思っています。

ですから、子どもたちには家族や人の役に立つ喜びや、働く喜びを教えてほしいなと思います。特に男の子は家族の役に立つことを望んでいます。母親が喜ぶ顔が見たいのですね。

子どもを親孝行な人に育てることが、子どもにとっては幸せなことなのでしょう。


二男がたまごやきを作ってくれたことを、大げさなくらい喜んで
「上手にできたね!すごいね!美味しいね!」といいながら、一緒に食べました
私が「写真撮ってもいい?」と言うと、照れながら「いいよ」だって
やっぱり嬉しいんだね

☆ありんこ発表会☆

長男は受験生!