毎日、暑い日が続きますが、皆さんお変わりございませんか?
私は夏休みに入り、暑い熱いおおきなかぶサマースクールで、毎日小学生たちと楽しく過ごしています。

夏バテなんてしていられませんから、
モリモリ食べて、夜も早く寝るようにし、体力温存して学童に臨んでいますよ


小学生は面白い!

我が子も4人育てましたが、やっぱり小学生時代が一番面白かった!
学童の子どもたちも、保育園や幼稚園から見てきましたが、小学生になって少し難しい遊びや会話もできるようになり、ようやく面白くなってきました。

幼児期にはなかった個性も出てきて、人間関係もだんだん複雑になり、問題を乗り越えたり解決したりする過程を一緒に体感することができる学童保育は、私にとっても貴重な勉強の場です。

今年も「子どものためのコミュニケーション講座」を低学年と高学年に分けて行います。毎年行っていますが、これを行うことで相手の気持ちを考えたり、チームで行動するのが上手になりました。
夏休みはグループ活動が多いので、リーダーが見違えるほど成長するんですよ。

教えたことが即行動になって現れる小学生は、大人が何をどうやって教えていくかで大きく変わる時期だと思います。
結果がでやすいので、わかりやすい。それが面白い理由かな?


大切なことを子どものうちに教える

小学生時代は、「心の教育」を一番行わなければならない時期です。
心の根っこを育てることで、将来、人の道に外れない人間に育っていけたらいいなと思います。そのためにも大切なことは、素直にきける小学生時代にしっかりと教えなければなりませんね。


そして、この時期にやらせたいことは、友達と思いっきり好きなことをして遊ばせることです。
自由にさせてあげることで、満足感や達成感、充実感を覚えることができます。
その気持ちが、将来、社会に出たときに試練を乗り越える原動力になるのだと思います。

おおきなかぶ学童保育では、イベントを通してチーム力を育てたり、自由時間で思いっきり遊んだりしてメリハリをつけています。それぞれが、自分の好きなことをして過ごすのですが、大騒ぎです。それでもいいのです。大騒ぎできる時に好きなだけさせたらいいと思っています。

私も子どもの頃に、思いっきり好きなことをして遊んだ経験を持っています。
楽しい、面白い、うれしいという感情は、自分自身の原動力になって、少しくらい嫌なことがあってもへこたれない、心の強さになっているのだと感じます。

楽しく過ごした経験を持つ人は、人も楽しませることができるようになります。
それは強いては『人徳』となって、自分を助けてくれる大きな力になるものです。

人はどこまで行っても人で悩むもの。
どうせ悩むなら、小学生時代にケンカや仲直りの経験をたくさんしたほうがいい。
躓いて転んで、自力で立ち上がる経験があるから、転んでも大けがをしないで上手に転べるようになるのだと思います。人間関係も同じではないでしょうか。


今日も子ども達に会えるのが楽しみで早起きしてしまいました。
楽しい1日にしたいと思います


夏休みの過ごし方

人の世の移り変わり