昨日、おおきなかぶ学童保育で、『子どものためのコミュニケーション講座(小4~6年生向け)』を行いました。
こちらをご覧ください⇒『子どものためのコミュニケーション講座(小4~6年生向け)
2012072609.jpg
2012072608.jpg

毎年行っている子ども講座ですが、本当に子どもたちは素直で気づきがいい!
小学生の頃から、人と人の関わりを知っておくと、もしかしたらいじめなども少なくなるかなと思います。そんなことを願いながら、今年も楽しく講座を行いました。

2012072618.jpg

今年やったことは、
・聴くことの意味
・ロールプレーイング
・メラビアンの法則
・修復不可能になる前に
・自分の中のフィルター
・脳の勘違いシステム
(いいことを考えれば、いい結果になる。悪いことを考えれば、悪い結果になるよう、自分の脳が働くシステムのこと)

大人向けに難しく書けば上記のようになりますが、
これを小学校高学年向けにアレンジして、面白く講座をやりました。
おおきなかぶブログで楽しい様子が伝われば幸いです。

でも、本当は小学生のうちから、コミュニケーションを教えていかなければならないと思います。中学生になったらもっと難しく、大人になっても悩みの種は人間関係だからです。

もっと多くの小学校で、子どものためのコミュニケーション講座が取り入れられたらいいなと思います。


子どものためのコミュニケーション講座(小1~3年生向け)もご覧ください。


道徳授業 『思いやりの心』

子どもの発達課題2 (児童・学童期)