今朝、というよりつい先ほどのこと。
いつものようにパソコンを開いて、いつものようにパソコン脇にコーヒーを置きました。
その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんですね。
その後、席を立って戻ってきた早々、案の定コーヒーカップを倒してしまい、コーヒーをこぼしてしまいました。

「やっちゃった。予感が当たった…」と思ったのですが、
これって、はじめに『こぼしそうだな…』と考えた私の脳がそのようにした、
ということなんですね。

よくやってはいけないことを親が子どもに教えるときに、
「○○はやっちゃダメよ!」と言いがちですよね。
だけど子どもって、ダメと言われたことをやりますよね…。
何度も言われているはずなのに、やっちゃいます。
これって、冒頭でお話しした脳の特徴なんですね。

例えば、「ケンカはダメよ!」と言われると、「ケンカ」という言葉が脳に刻まれます。
それまで意識しなかったのに、脳に”ケンカ”と刻まれてしまったことで、 ついついやってしまった…ということもあります。
ですから、心配の否定語は子育てにはあまり必要ないのです。

”心配したら、心配した通りになる”とも言われます。
もうおわかりですね。心配の言葉を言うと、その心配した言葉が脳にインプットされてそうなりやすい、ということです。

また、先回りして心配し、いろんなことを禁止したところで、親が見ていないところでその反動は出てきます。 注意されれば注意されるほど、子どものストレスは溜まっていくでしょう。


人間として守らなければならないことを教えるときには、
否定語ではなく、親がお手本を示しながら自ら行動することが大切だと思います。

子どもに理屈は通りません。
子どもの心に届けるためには、相手を信頼することです。
子どもを疑って否定語で注意されたら、否定されたようになってしまうかもしれませんね。


「ダメ!」を使うのは、命の危険があるときやルールを守らなかったときなど、やってはいけないことをやった時だけでいいと思います。先回りして「これはやっちゃダメよ」とやってもいないことを注意したり、「だから言ったでしょう」と失敗したときに「ダメ出し」をすると自信がなくなるだけです。

そうはいっても、心配するのが親心なのですが、
親自身も節度を持って、自分をコントロールすることが必要なのではないかと思います。

子どもに自律を促すためには、親子の信頼が大切です。
いずれは自分の手元から、子どもを手放すときが来ます。
そうなった後の繋がりは、信頼関係しかありません。

親の言葉は、隣で子どもが聞いています。
子育て中の親御さんは、なるべく未来志向で、
肯定語と感謝の言葉をたくさん使うようにしましょう。


さて、「フッと思った否定的な考えはどうすればいいの?」
と思った方もいらっしゃると思います。

フッと『こぼしそうだな…』と思った時に、そう思ったのなら、はじめからそこに置かなければいいのです。思った時点で、コーヒーカップを移動すれば良かったんですね。
これが”回避”です。
回避をせずに、そのままにしておくからそうなってしまうのです。
フッと思ったことは現実になりやすい。
だから、フッと思ったことは”転ばぬ先の杖”にもなりますね。

自分の脳と相談して、行動するといいですね。

福祉従事者を増やそう

自分の役割に気づく