法務省が出している『犯罪白書』というものがあります。

その中の「入所受刑者の人員・人口比の推移(男女別)」によると、
平成24年入所受刑者は、女子2,225人に対し、男子22,555人となっており、犯罪者のなんと9割が男子だということがわかります。

少年院に収容される少年も9割は男の子。
興味深いのは、その育てられ方の統計です。
少年院に収監される少年の6割にあたる子どもが、子どもの頃に親に溺愛されて育てられたというのです。これは、以前少年院に指導員をしていた方が、「少年院に入ってくる子どもの幼少期の育てられ方はどうだったか」という生育歴を調査した結果だそうです。それに対し、虐待や親の愛情欠如で非行に走ってしまった子どもは、ほんの数%でした。

溺愛がいかに子どもをダメにしてしまうか、ということがわかります。

さらに、その調査結果には注意する点があります。
父親の溺愛が原因で非行に走った子どもは1・3%、祖父の溺愛が原因は0.9%。
父親は仕事などで外に出ていることが多く、物理的にも子どもと関わる時間が短いのと、母親ほど気が回らないために、溺愛してもさほど大きな影響はないのでしょう。

それに対し、母親の溺愛が原因は69.5%、祖母の溺愛は22.1%にも及びます。
女親の溺愛が、非行の大きな引き金になっていることは明らかです。

溺愛された子どもは、何もかもを「人のせい」にする甘えきった青年に育っていきます。現代の不登校、引きこもりの数は、160万人以上ともいわれます。これは男女を含めた総数ではありますが、自立できない人がいかに増えているか、ということです。

男の子を育てるお母さんは、溺愛の過保護、甘やかし、手出し・口出しがいかに我が子をダメにするかをよく考えて子育てしてほしいと思います。

男の子と女の子の育て方は違います。
母親は自分が女性だから、男の子の特徴や気持ちがよくわかりません。
ですから、父親の考えをよく聴くことです。
だいたいのお父さん方は、「ほっておけ」と言います。
それでいいのです。

泣いたら抱っこで、「かわいそう、子どもの気持ちを考えてよ」と母親は言います。
そうやって、母親に助けられて育てられた子がどうなるかを考えていません。

「ほっておけ」というのは、「自分で考えさせろ」という意味です。
男の子というのは、本来弱いものです。
うまくいかなかくて泣く、自分の思いが通じなくて泣く、痛くて泣く、悔しくて泣くのです。それをいちいち母親が手を貸していたら、泣けばお母さんが助けてくれると学習してしまうでしょう。

次第に欲求するものが大きくなり、泣くどころかわめき散らして、終いには暴力に発展する、という図式になるのです。

手が付けられなくなってしまったら、元に戻すのは至難の業。
そうなってから、「私の育て方が悪かった」と後悔しても遅いのです。

ですから、男の子は突き放すくらいがちょうどいい。
「かわいそう」という母親の気持ちが、男の子をダメにするのです。

男の子のやる気スイッチは、悔しさです。
負けて悔しい、できなくて悔しい。
だから、
負けたくない、できるようになりたい、強くなりたいと思うのです。

1番になったら、できるようになったら、強くなったら、すごく嬉しい。
すると、もっとがんばりたくなるのです。


悪い道に行くのは、エネルギーが余っているからです。
男の子は、幼い頃から十分に運動をさせてあげましょう。

運動神経機能を司る小脳は、6歳までに出来上がると言われています。
幼児期は走らせることで、走り方の基本を覚えてきます。
自分の身体の使い方を覚えさせることです。
すると、学童期になって運動の基本ができている子は、その後に行う様々なスポーツがうまくできるようになります。

運動神経を育てることは、エネルギーを良い方向へ使うことになり、悪いことを考えなくなっていくものです。男の子は頭で考えるより、身体を動かしながら体験を増やすことで考える特徴があります。

母親の仕事は、男の子にスイッチを入れさせてやること。
一歩下がって、伸びるように見守りながら育てることです。


子どもは寒い環境で育つ

人間の常識 天の非常識