保育の勉強をした人なら知っているジャン=ジャック・ルソー(18世紀のフランスで活躍した哲学者)ですが、彼の著書『エミール』(1762年出版)の中に、「消極的保育」という言葉が出てきます。
この本は今でも教育学の名著として読まれています。そして、この本に書かれたような彼の思想はその後のフレーベルやマリア・モンテッソーリといった幼児教育の実践者の背後に大きな影響を持っているといわれています。

ルソーの教育観を一言で表すとすれば、それは「消極的教育」ということになります。つまり、大人があれこれ教えるよりも、子どもたちが自発的に行動し大人はあくまでもそれを援助する存在であるべきだということです。

知識よりも経験

ルソーは、「知識を与える前に、その道具である諸器官を完成させよ。感覚器官の訓練によって理性を準備する教育を消極教育と呼ぶ」と『エミール』のなかで言っています。知識を詰め込むよりも、運動や様々な経験を通して、子どもたちの心身を鍛えることを最優先に考えているのです。これは現代の教育・保育に大きく影響を与えていると思います。

子どもは「未完成の大人」ではない

昔は、子どものことを「未完成な大人」として見ていました。子どもでも労働をさせられていたのです。しかし、ルソーは子どもを「未完成の大人」とは見ませんでした。子どもを大人とは全く違う生き物であり、子どもには子ども固有の世界観があるのだと考えました。このことから、ルソーは「子どもの発見者」と呼ばれています。

ルソーの生い立ちは非常に不幸なもので、彼は社会に対して大きな不信感を持っていました。彼の考えのなかでは、人間は生まれた瞬間(自然状態)がが善であり、そのような子どもたちに文明や文化を教えるということは、堕落の道へと導いてしまうというものでした。「いかなるものでも、造物主である自然の手から出るときは善だ。人間の手に渡って悪となる」という言葉を残しています。これが彼の「消極的教育法」の根となっている部分です。


現代の幼稚園や保育園は、積極的保育が支流となってきたように思います。
お勉強や運動をわざわざお金をかけて大人が子どもに教えますね。
生活面でも子どもに考えさせるより、親や先生があれこれ教えてあげることの方が多いのではないでしょうか。「失敗するとかわいそうだから」という大人の気持ちが優先してしまい、せっかくの失敗という貴重な経験をさせなくしてしまっています。

しかし、幼児期に大切なのは、スキルを教えることではなく、体力をつけさせることです。サッカーやスイミングなどのやり方を教えるのではなく、歩く、走る、跳ねる、ぶら下がるなどの基礎体力をつけることが幼児期の課題なのです。
これを保育の中で遊びながら身に付けていくことが大切で、とにかく遊びの時間を削ってまで教えることをやるべきではないと思います。
”運動神経は6歳までに決まる”と言われます。運動神経を育てるためには、先ほど書いたように、歩く、走る、跳ねる、ぶら下がるなどの基礎体力がものを言います。スポーツを教えるのはその後でも十分です。というか、その方が効果が上がります。

生活面では、口うるさく躾をしてもあまり効果はありません。
躾をしたいのであれば、始めはやりたいようにさせてみることです。
それで、うまくいかなかったらもっとうまくいく方法を考えるでしょうし、自分でできた時の喜びは、教えてもらったこと以上にその子の中に残るのではないでしょうか。

ルソーが言っているように、
子どもの教育は経験が先で、知識は後でもいいのではないかと思います。
どうすればよかったのか?もっといい方法はないか?など、
子ども自身で出した答えが、「最適解」(自分で納得して出した答え)なのです。この自分なりの最適解が出せなければ、生きる力に繋がっていきません。

教えるのは、子どもが乗り越えられない問題に直面した時で、答えがどうしても出せなかったときです。それでも、ヒントを与えるようにして、最初から答えは教えません。

そうやって、良い答えにたどり着けるように導くことを「誘導」と言います。
倉橋 惣三(日本の児童心理学者)なども、「誘導保育」を提唱しています。


私は、ルソーやフレーベル、倉橋 惣三の保育に共感しています。
「保育所保育指針」でも、この保育思想が反映されていますので、私が経営する2か所の保育園では「保育所保育指針」に忠実です。

私の長年の子育てや保育の経験から、積極的な教育(小学校教育)に入る前段階では、消極的保育が不可欠だと感じます。それは、学習面からも感じ取れます。
根っこを育てなければ、大木にはなれない。十分な養分を与えなければ、立派な花実は実らないように、心の根っこが育つ時期に早く結果を出せとばかりに知識ばかり与えていたのでは、心は育たないと思うからです。

やはり、保育はじっくり行うことが大切です。
流れ作業のように、保育をしていたのでは子どもの最適解は出せない。
だから、保育の質を高めるよう保育者は常に自己研磨が必要なのです。

我が子をこんな素晴らしい保育園に預けたい!
と思っていただけるような保育園にすることが、私の目標です。

子どもの道徳的発達

子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題