もうすぐ新年度が始まります。

昨日まで認可保育園の資料の訂正をしたり、役所や行政書士とのやり取りをしていましたが、やっと締め切りに間に合い全ての書類が終わりました。

今年度は小規模認可保育園の開園から始まり、3月の監査、本園認可化移行のための増改築工事、認可申請書類作成、消防や建築確認申請等、本当に目まぐるしい1年でした。

3月の仕事はまだまだ終わりません。
2か所の決算、来年度の収支予算作成、補助金申請、認可化移行保護者説明会、学童入会説明会、卒園式、入園準備等、やることが山のようにあります。
チームワークで乗り切っていきたいと思います。


子どもが好きでやり始めたこの仕事ですが、こうして私の仕事内容を見ていくと、子どもと触れ合うことよりも書類作成や管理、職員教育等が主な仕事になっています。
経営者とはそういうものですね。
私の夢を後輩たちが引き継いでくれています。
その様子を見ているのが、今の私の楽しみでもあります。

起業してから10年。
試練は数えきれないくらいありました。
例え好きなことでも、やり続けるのは至難の業ですね。
組織が大きくなればなるほど、守り続けることも大変になってきます。

だから、私は創業者なんです。
創ったものの責任があるから、覚悟をもってこれをやる。
言いだしっぺは私ですから、やめるわけにはいきません。

でも、がむしゃらにやってきたわけでもないのです。
いつも、あせらず、くじけず、くさらずに、
適度にいい調子でやっています。

トップはいつも心に余裕が必要だと思います。
心に余裕を持つために、忙しい中でも遊び心や前向きな考えを持つようにしています。

わからなくなったときには、元を辿るようにはじめの時を思い出すようにするといいです。
くじけそうなときって、初心を忘れかけたときなのだと思います。

物事の本質を見極める心を持っていると、迷わない、悩まない、くじけない強さが身につくようです。
「何のためにこれをやろうと思ったのか?」が大事ですね。
いつも自分に言い聞かせています。

私はよくいろんなところに行ってリサーチをします。
流行、子育て、仕事、遊び、家庭、建築物、不動産等、 
違う視点を持つことが時々必要になるからです。

長く同じところにいる人は、時々外を見てみるといいですね。
自分とは違う生き方をしている人を見たり、違う世界を見てみると、自分の置かれている場所がよくわかるものです。

あせらず、くじけず、くさらずに、
時々休みながら、でも歩みを止めずに、
これからも確実に前に進んでいきたいと思います。

一時が万事

夢を叶えるためには?