いきなりですが、質問です。

 コップに水が半分入っています。あなたはこれをどう捉えますか?

     1、もう半分しかない
     2、まだ半分ある

 あなたの答えは、どちらだったでしょうか?


「もう半分しかない」と思えば、マイナスの発想で、
「まだ半分もある」と思えば、プラスの発想になると思いませんか?

この宇宙には、+プラスでも-マイナスでもない、『0ゼロの法則』というものがあります。

世の中の出来事、身上・事情の全ての物事は事実であって、良いも悪いも、幸も不幸もないそうです。この世の事実はプラスでもマイナスでもない0、つまりニュートラルな世界なのです。

事実をどう受けとるかで、幸せになったり、不幸になったりするようです。
要するに、物事は受け取り方、捉え方次第、という訳です。

「病気=不幸」「貧しさ=不幸」ではないし、
反対に「お金持ち=幸せ」「エリート=幸せ」でもないのです。

いくら地位や名誉があっても、心が満たされなかったらその人は不幸だし、
お金や物は少なくても、健康であるだけで幸せだと感じる人もいますよね。

たとえ病気の人でも、「病気になったお陰で、命の尊さや家族のありがたさがわかりました」という人は、幸せになれるのかもしれません。

事実をありのままに受け取ればいいだけなのですが、それがなかなか難しい。
素直に人の話が聴けないし、ありのままを認められないからです。

でもそれが、宇宙の法則に逆らった生き方だとしたらどうでしょう?
事実に逆らって、人を憎んだり、恨んだり、羨ましがったり…
苦しくなるのは当たり前といえば、当たり前かな。

宇宙には、存在しないのが幸せや不幸ならば、幸せや不幸とは人間がつくり出した『幻』なのかもしれませんね。

だからこそ、明るく前向きに生きなければならないのだと思います。

子どもに見せられる

健康な心の状態とは?