米蒔けば 米の草生え 米の花咲きつつ 米のみのる世の中
(二宮先生道歌選二)

因というのは、たとえば、蒔いた種のことだ。これを耕作培養するのが縁だ。種を蒔いた因と、培養した縁とによって秋のみのりを得る、これを果というのだ。
世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言より~

良い種も悪い種もすべて自分が蒔いたもの。
いつかは刈り取らなければならない日が必ず来るということでしょう。

これは‘因果の法則‘です。
昔から教えられていました。
もちろん、現代の私たちにも同じことが言えますね。

良い種を蒔けば良い芽が、悪い種を蒔けば悪い芽が生えてくる。
良い行いをしたら良いことが返ってくるが、悪い行いをしたら悪い結果となる。
それは、半年後かもしれないし、10年後かもしれない。
もしかしたら、子どもや孫の代になってからかもしれません。

撒いた種は、必ず刈り取らなければならない時が来るというのが因果の法則なのですね。

人のことを思いやれば、人は自分を思ってくれます。
しかし、ここに私心があっては何もならない。
もし、見返りを求めてやる行いなら、それは必ず相手に伝わります。
ですから、良い行いは無心で行うことです。
見返りを求めず、喜んで行うことです。

こうしてやったのに、ああしてやったのに、と思いながらやる行いは、
たとえそれが良い行いでも悪い種になります。
悪い種からは、悪い芽が生えます。

これが世の中の常だということを、覚えておかなければいけませんね。

楽しく食べる子どもに

第二のスポンジ期?!