為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

どんなことでも強い意志を持ってやれば必ず成就するということで、やる気の大切さを説いたことば。

江戸時代後期、米沢藩主の上杉鷹山が家臣に「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という歌を教訓として詠み与えたという。

~ことわざ辞典より~

チベット死者の書

女性の受難期