昨日のブログ「保育士を目指しませんか?」には、思いのほか反響がありました。

保育士になりたいけど…
やっぱり無理。時間がない。お金がない。
短大や専門学校に行かなければなれないと思っていた。
子どもが大きくなったら考えようかな…って、思っていた人たちに刺激になったようです。

後回しにして、結局やらなかった。
夢があったのに、無理だと諦めた。
できないと決めつけて、努力しなかったら?
「ああ、やっぱりあの時にやっておけばよかった…」という思いは、自分の中に残りますね。

私は自分のことでも他人でも、このようなことがあると、とても悔しく思います。
少しやる気を出せばできるのに、できないと諦めてしまったら本当に残念に思います。

私は常に「ダメで元々、やってみなければわからない」と言っています。
「できないと思えばできないよ」とも付け加えます。

できないと思ったことでも、工夫次第では「できる」になることもあります。
「どうしたら、できるようになるか?」という視点で見てみると、糸口が見つかるものです。

先日、ある難題を突き付けられ、クリアできる可能性のあることを片っ端から考えました。そして、それを可能にさせられる人を探し、説明して協力してもらいました。何とかなるものです。難儀・難題と思っていたことが、結果として「できる」に変わりました。

これが人生の醍醐味だし、面白いところです。
こうやって、「できた!」が増えると、自信になっていくんですね。

達成した後は、精一杯生きているという満足感と充実感を感じます。

保育士になった時の自分を想像してみてください。
これほどの達成感はないですよ。なりたい自分になれるのです。

しかし、保育士試験に合格し保育士になることは、スタート時点に立つということです。
保育の勉強を現場で活かせて初めて保育士になったということですから、
その楽しみとやりがいは想像を超えるものではないでしょうか。

自分の人生を切り開いて、一歩踏み出す勇気を持って進んでほしいなと思います。

大人になるということ

保育士を目指してみませんか?