私の今までの人生を振り返ってみると、本当にいろんなことがありました。
うれしかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、辛かったこと、楽しかったこと…。
それは皆さんも同じですよね。
そのすべてが、今の自分をつくっているんだなと思いませんか?

子育てを通して思うことは、子どもは教えられることよりも、その子が体験・経験したことが、その後の伸びる力になっていることは間違いないなということです。それは、ただ勉強ができるだけでは身につかない『生きていく力』だと思います。その力こそが、自分の人生を切り開いていく原動力になっているような気がします。

子どもだけではありません。
大人も日々、色々な思いや経験をしながら成長しているのだと思います。

「昨日の自分より、今日の自分の方が成長している」
人生、一日として同じ日はありません。
落ち込む日もあれば、うれしい日もある。でも、それでわかることがありますね。
昨日は知らなかったことが、今日はわかった。
それが成長だと思います。

昨年から振り返ってみると、たった一年間ですがたくさんの経験をしたんだなと気が付きます。経験・体験したことが、私自身の成長の糧になり、どう生きぬいたかが『人生の価値』なのだと思います。



8日、お世話になっていた恩師が天国へ旅立ちました。
埼玉に住んでいた頃、子育て中だった私に子育て・教育を教えてくださり、大網に来てからも「おおきなかぶ」や「ありんこ」を支援してくださった方です。
正に生涯を子どもと母親に捧げた人生だったのではないかと思います。
奥様と一緒に大網まで来てくださった時のことを思い出されます。とても感謝しています。

今日はお通夜に行ってきます。
お別れするのはとても悲しいですが、教えていただいたことを心にとめ、ご恩返しができるようこれからも精進していこうと思います。

奇跡の出逢い

関わる人は意味のある人