私はNPO法人や株式会社を起業して、今年で9年目になります。

ハッキリ言って、起業するのは簡単です。
1円から起業できる時代、やろうと思えば誰にでもできます。
事業は継続させるのが一番難しいのです。

創立当初は計画や目標を立ててやるですが、3年もするとやる気は失せていきます。
起業しても、10年後には1割しか残っていません。
あとの9割方は、倒産して潰れていくのが現状なのです。

起業を考えている人の中には、補助金がもらえるから起業するという方もいますが、補助金をあてにして起業するのはやめた方がいいでしょう。
実績のない企業に、行政が簡単に補助金を出すと思いますか?
自力で起業するくらいの覚悟もなく安易な考えで起業するから、資金繰りが難しくなるのです。

私は今でも志を高く持っていますが、現場の人は毎日コツコツと仕事をしています。大胆さと繊細さはセットで、それも何年もモチベーションを継続させなければ起業しても生き残れないのです。

事業を継続させるためには、3つのことが必要です。
1、マーケティング:お客様があなたから買うことの意義を明確にする
2、キャッシュフロー:買っていただいたお金をきちんと回収する
3、イノベーション:魅力を高め続ける


特に、お金の管理はキチンとしなければなりません。
経理は信頼できる人に頼むことが大切で、
信頼できなければ社長自らやればいいと思います。
任せっきりにするから、問題が起こるのです。

成功とは、継続の先にある結果のことです。
夢だけを追い求めるのとは違います。

まずは、今の自分の身の回りを整えて、
継続できる環境作りをしていくことが大切だと思います。

心の授業

イネイブリング