起業して10年になりますが、私は病気で休んだことは1日もありません。
仕事をする上で、一番大切なことは『自己管理』だと思っています。
ですから、体調や精神をコントロールするのが私の仕事のやり方なんですね。

でも私は、元々身体が弱い子どもでした。
子どもの頃は、蕁麻疹と貧血で、月に一度は病院に担ぎ込まれていました。
痛い思いをして定期的にアレルギーの体質改善注射もしていましたが、あまり効果はありませんでした。

大人になってアレルギー体質は改善されましたが、片頭痛と腰痛をもっています。
今でも時々頭痛と戦っていますが、頭痛の前兆があると少し休憩するようにしています。

腰痛の改善にも努めています。
体操や運動をしたり、重いものを持たないようにしたりと気をつけていますが、薬は飲んでいません。

私の仕事は代わりがいないため、寝込んではいられないのです。
ですから、自己管理も仕事の内です。

病気は一見、悪いものに見えますが、私は持病があるから無理をしないでいられるのだと思います。少し疲れたなと思ったら、早めに休憩を取る。イライラすることはなるべく避ける。気分が乗らないことは引き受けないことも私の自己管理の中にあります。
仕事には責任があるから、できないことは無理をしてやらないことにしています。
自分の身の丈を自覚しているので、背伸びはしません。

私の一番の自己管理は、何と言っても食事です。
栄養管理のできているお昼の給食はとてもありがたいです。

ちゃんと食べて、運動して、早く寝る。
無病息災ではなく、私の場合は二病息災かな


何事も 受け取り方・考え方次第

子育てハッピーアドバイス ようこそ初孫の巻