”運も実力の内”といいます。
なにが無い、これが無いと嘆くより、必要なものなら自分で創ればいい。
そう思えば、伸び代はまだまだある。

やりたいことがあるのなら、固く考えずにできることから挑戦してみればいい。
自分次第で、人生は明るくも楽しくもなるのではないでしょうか。

人は得てして、理由をつけては問題を難しくしています。
本当はもっとシンプルなはずなのに、理由をつけてはできなくしている。
心次第で、いいようにも、悪いようにも変わるのですから、複雑に考える必要はないと思います。シンプルに考えれば、原因や方法は自ずと見えてくるのではないかと思います。

何か心に引っかかるものがあったら、その原因を探り、
取り除くよう努力することが大切です。

そんなに難しく考えなくても、自然の道理がわかっていれば人間はもっと大きな仕事ができるはず。神様は私たち人間の生き方として、そう望んでいるのではないかと思います。

複雑な考えを持っている人は、前に進む”帆”がないのです。
ですから、追い風を受けることができないのだと思います。
その帆は何かといえば、どんな時も挑戦する”積極的思考”のことです。

何かを創り出そうとする精神。
変化を受け入れる勇気。
追い風を受けられる、積極的思考の”帆”を自分の中に持つことが大事です。

もっとシンプルに、柔軟になって、
積極的に前に進んでみたら、
きっと新しい世界が見えてくるかもしれません。

人生が面白くなるように努力することも大切ですね。

わが子は、どこで誰に、お世話になっているかわからない

サンライズ九十九里