子育て中のママたちにとって、一番大変だと感じることって何だと思いますか?

休む時間がない、睡眠不足、子どもがいうことをきかない、手伝ってくれる人がいない、等…。

どれも大変そうですが、
実は、休む暇がないとか、睡眠不足などの“時間”という概念ではないんです。
考えてみてください。
自分の好きなことをしているときには、休む暇なんてなくても大して疲れません。
睡眠時間が短くても、熟睡できればスッキリ目覚められます。

本当に大変だと感じるのは、
自分のやろうとしていたことやしたかった行動を、ことごとく子どもに邪魔されること
なんですね。

食事を食べさせたいのに、じっと椅子に座ってられない。
洗濯物を干したいのに、「ママ~おしっこ」や兄弟喧嘩が始まる。
トイレに行きたいのに、後追いしてくる。
4時までに買い物を終わらせたいのに、「おかしかって~」とお菓子売り場から離れない。
というように、自分の意思に反して子どもによって遮られる時に、「大変だな…」と感じるのです。

独身だった頃には感じなかったフラストレーションが究極に溜まった状態に耐えられなくなり、爆発するわけです。でも、これって子育て中には当たり前にあることで、子どもを変えるわけにはいかないですよね。

この時のママの心理は、
・達成感を得られない
・やり遂げる喜びを実感できない
・頑張っているのに誰からも認めてもらえない
・社会から孤立していると感じる
このような状態なのだと思います。
ですから、リフレッシュしたくなるのです。

休むことも必要ですが、それだけではなく、”自分の好きなことをしたい”という欲求を満たせればフラストレーションも少しはなくなるのかもしれません。

・友達と思いっきりおしゃべりをしたい
・趣味に没頭したい
・ショッピングを楽しみたい
・おしゃれをしたい 等…。
人によってやりたいことは違いますが、達成感や充実感を感じられることが、最も子育て中には必要なことなのでしょう。

若いころの私の趣味は縫物だったので、子育て当時、子どもを寝かせつけた後に1時間ほど自分の時間を持つようにしていました。その時に作った子ども服や袋もの、パッチワークは今でも数点取ってあります。

長女が生後4か月の頃には、着付けの資格も取りました。
自分で着付けができるようになりたくって、着物を着ると普段の自分とは違った気分になれてリフレッシュできました。

4人の子育ては忙しい日々でしたが、自分のやりたいことができるようになってからは充実感を感じる子育てができるようになりました。

このように、子育て中だからこそ、自分がやりたいことをやったらいいのです。
自分のやりたいことができなくって、子どもに当たるよりよっぽど精神衛生上いいことだと思います。

休ませてあげるだけでは充実感や達成感は感じられないのですから、ご主人や周りの家族の人たちは少しの時間でもママのやりたいことができるようにサポートしてほしいなと思います。

やりたいことができるようになれば、子育てにも余裕が出てきますよ。
お試しあれ

噛みつく子の気持ち

きっといつかは良くなる