われわれは、
現在だけを耐え忍べばよい。

過去にも未来にも
苦しむ必要はない。

過去はもう存在しないし、
未来はまだ
存在していないのだから。


~アラン(フランスの哲学者)の言葉~

つらい過去は、今では思い出。
先のことは幻影。
だから、この瞬間だけに専念すればよい。



私たちは往々にして、過去を思い出しては後悔したり、悩んだり、
未来を想像しては不安に思ったり、迷ったりしています。

でも、過去や未来は今ではないのですから、
あまり思い悩むこともないのですね。

子育ても、老後の心配も、
未来の準備をするために、今、目の前にある課題をやればいいだけです。

沈まない太陽は昇ることができないのと同じ。
気持ちを切り替えて、今日の課題をクリアしていきましょう。

否定語より肯定語

高校生のお弁当 親が作る? 自分で作る?