米国のある調査で、経営トップ1500人に「なぜ成功できたのか?」と質問したところ、「コミュニケーションを勉強したから」との回答が、なんと72%に上ったそうです。

たかがコミュニケーション、されどコミュニケーションですね!
人間関係が良好になれば、仕事の能率も上がります。
その結果として、お客様に満足していただける事業ができ、結果へとつながっていくのだと思います。

先日、ある重役の会合に参加しました。
やはり話題の中心は人材のこと。
職場に仕事に出てこれない人が、全体で十数人もいるとのことでした。
学歴があっても、恵まれていても、それだけではダメ。
人間関係・コミュニケーションの問題がほとんどを占めているようでした。

重役のひとりに、私の役目は何かを聞いてみました。
「仕事のやり方なんかは自分たちでも教えられるが、心の悩みを聞きだすだとか解決方法を教えるだとかは自分たちでは無理だ。しかし、それがとても重要だ。中嶋さんから教えてもらったことを自分が言っても、やはり違う。そこをやってもらいたい」
とのことでした。

コミュニケーションが重要だとわかっていても、どうやってコミュニケーションをとっていったらいいのかがわからないということは多いですね。お互いに歯車がかみ合っていないのなら、間に私と言うもう一つの歯車をかみ合わせてみると、お互いにうまく回ることもあります。
私は、私を必要だと言ってくださる方がいたら、全力でサポートしたいと思っています。悩んでいるが私を通じて世界が広がれば、もっと違う考え方になって明るく前向きになってくれるかもしれません。それが、私の役目だということを再認識させられました。


これからの時代は、心の時代です。
売る人も、買う人も、造る人も、人がやること。
技術やサービスはすでに開発されています。
残りは、心のレベルアップだと思います。
心を磨く時代です。
それは、コミュニケーションを勉強し、
意識を変えて行動することで叶うのだと思います。

成功した人たちは、きっとこれに気が付いた人たちなのだと思います。

小さな一歩だけれど

3つのしつけの基本