昨日、ありんこ親子保育園の主任から、ワクワクする内容のメーリングが流れてきて嬉しくなりました。

ありんこ親子保育園ありんこの森保育園、地域子育て支援センターすくすくクラブの職員を対象とした『ありんこ保育研究会』を発足したとの連絡でした。

『保育所保育指針について学びながら、「こんなおもしろい保育があるよ!」「子どもたちのこんな素敵な姿を見つけたよ!」など職員の皆さんの気づきや研修等での学びも自由に伝え合い、互いの保育を共有できる場にしたい』とのことでした。

保育所保育指針とテキストを使って、月1回2時間ほど行う予定だそうです。

保育所保育指針の研究については、各章ごとに社員・保育士が交代で講師を行います。
 第1章 総則…E先生
 第2章 子どもの発達…F先生
 第3章 保育の内容…S先生
 第4章 保育の計画及び評価…S先生
 第5章 健康及び安全…K先生
 第6章 保護者に対する支援…M先生
 第7章 職員の資質向上…E先生

素晴らしい活動ですね。
エンカレッジ・ステーション(株)からも全面バックアップで応援したいと思います。


保育所保育指針には、『第7章 職員の資質向上』とあります。
職員の資質向上のための園内研修は、施設長と職員の責務です。
職員全員がスキルアップに努め、より良い保育サービスを行うことは、園児やその保護者のためにやらなくてはならないと思います。

また、法律や制度、保育の常識も昔と随分変わってきました。
昔の保母免許を取得された方は、新規で学ぶこともあると思います。

自分の保育の学び直しのためにも、保育士を目指す方も、
保育者全員の参加を期待しています。


初回は、9月17日(土)です。
もちろん、私も受講します。
学びたいことがたくさんあるので、一から保育を学ぶつもりでやりたいです。
講師の先生方、よろしくお願いします。

おおきなかぶサマースクール 無事終了しました!

世の中が明るくなるような仕事をしているだろうか