以前、ある30代の主婦の方が、こんなことをおっしゃっていました。

「平穏無事に生活ができていて問題もないのに、
なんだかもの足りなさを感じるんです」

こんな人って、意外と多いんですよね。

「何が足りないんでしょうね?」との問いに、
「何でしょうか?何か自分にとって成長できることが足りないのかな…?」
という答え。

人には成長欲がありますから、
今の自分が足踏みしている状態に思えてしまうと、
なんだか「これでいいのかな…?」って思ってしまいます。

もの足りなさを感じたら、今の生活を見直してみるといいかもしれませんね。


心理学者アブラハム・マズローの「欲求の5段階」という、基本的欲求というものがあるのでご紹介します。

①生理欲求=ねむい・お腹がすいた
②安全欲求=怖いのはイヤだ
③社会欲求=仲間が欲しい
④尊敬欲求=尊敬されたい・愛されたい
⑤自己実現欲求=より良い自分になりたい

平穏無事だということは、③までの欲求は満たされていて、④以降の欲求が強いのかもしれません。

人は、「自分が成長できる・勉強できる」と感じられるところに所属したいと思うそうですから、成長や勉強が感じられないところからは、充実感が得られないのかもしれませんね。

自分を成長させてくれる組織や人に、人はついていきたいと願うものですから、「どんな自分になりたいのか?」をイメージして、ロールモデルを探してみるのもいいですね。

自分がどれだけ進んだのかで、1年前の自分と現在の自分を見比べることもできます。すると、成長した自分に出会えるので充実感や達成感も得られるでしょう。

目標とすることは、自分にとって負荷をかけることになります。
負荷をかけることはキツイときもあります。
しかし、だらだらと生活していては、そこから抜け出さない限り(負荷をかけない限り)次のステージへは行かれません。

やりたいことは何かを、きちんと把握して進んでいけるといいですね。

女性の受難期

明るく 素直に あたたかく