4つのタイプ シリーズ最終回 ~アナライザータイプ~です。

アナライザータイプの人は、行動する前に多くの情報を集め、計画を立ててから動きます。
自分の主観よりも、客観性や正確さが第一であると考える完全主義者的なところがあります。人よりも事実、事柄の方に目が向きやすいタイプです。

行動は手堅く慎重で、新しいことや突発的なことに対しては、やや弱い傾向がありますが、一度納得したら堅実で優れた仕事をします。あまり感情を表に出さず、自分のことを積極的には表現しないことが多いようです。安定、安心を旨とし、リスクをいち早く感じ取ることができます。

アナライザータイプの人は、質問を正確に聞き取ろうとします。少しでもあいまいな表現があったり、いく通りにも解釈できたりする表現をされると戸惑います。質問を受けること自体に抵抗はないのですが、象徴的な質問や結論が見えないと質問には負担を感じるため、「それはどういう意味ですか?」「それはなぜですか?」というように逆質問をしてくることも多いようです。これは、あいまいさやアバウトさを極力排除しようとするためです。

①アナライザータイプの人に有効な質問の切り口
・質問はなるべく具体的にする
「ここの言葉の使い方はわかりやすいですか?」
「この流れでいかがでしょう?スムーズにいくでしょうか?」
「ここのところ、問題の捉え方の要素が3つ入っているからわかりにくくなっています。もっとわかりやすくするために、項目ごとになとめるようにしたらどうでしょうか?」

・突発的なことには特に理由をつける
「先方から依頼があって、急に明日プレゼンすることになったので、力を貸していただけますか?」

・大きな変化には相手のペースを尊重する
「これについて今まで出なかったような切り口で考えたらどうでしょうか?」

②アナライザータイプにとって苦手な質問の切り口と雰囲気
・フィーリング的な質問をされる
・象徴的な質問をされる
・答えをせかされる

アナライザータイプは、大きな変化を好まないので、大きな変化を促す時には、彼らからの様子に留意しプレッシャーを感じさせないように、彼らが受け止めやすい形で伝えるようにしましょう。言い換えれば相手のスピード感を尊重し、相手のペースを大事にしてあげるということです。

アナライザータイプは、自分の考えを可能な限り正確に整理して話したいと思う傾向があるので、多少、アウトプットに時間がかかるかもしれません。この「時間」を尊重してあげることが、相手のペースを大事にすることにもなり、アナライザータイプの気持ちがつかみやすくなると思います。

参考資料~質問の技術・質問力ノート~

「欲求5段階説」の先にあるもの

4つのタイプ シリーズ4 ~サポータータイプ~