保育士不足が叫ばれている昨今、当社では保育士候補生を雇用しています。
保育園で働きながら保育士を目指すというものです。

昨年は1名の候補生が保育士試験に合格し、念願の保育士になりました。
保育士試験に合格された方は、会社から表彰されて保育園で保育士として勤務しています。

今年は2名の保育士候補生が保育士を目指して勉強しています。
皆さん、子育て中のお母さんです。
保育の勉強を始めると、我が子の子育てにも役に立つようで、
子育て中のお母さんたちに保育の勉強をすることをお勧めしています。


子どもが大きくなってから資格を取ろう、と思っている方、
小さいうちだからこそ時間があると思っていた方がいいですよ。
大きくなったらなったで、幼稚園の送り迎え、園行事等、
小学校に行っても1学期はすぐに帰ってきます。

未就園児だからこそ、時間がたっぷりあるんです。
やろう!と思った時が好機です。
時間は工夫次第で隙間時間がつくれますよ。

保育士は比較的取りやすい資格です。
1. 保育原理
2. 教育原理及び社会的養護
3. 児童家庭福祉
4. 社会福祉
5. 保育の心理学
6. 子どもの保健
7. 子どもの食と栄養
8. 保育実習理論

それぞれ100点中、60点取れば合格です。
筆記試験が全て合格したら実技試験へ。

実技試験内容は、
①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術
(必ず2分野を選択)

ピアノが弾けなくても、絵が描ければ大丈夫。

有効期限は3年間で、年に2回(4月と10月)に試験がありますので、3年間(6回チャンスあり)のうちに取ればOK。
合格した科目は3年間(10月から受ける方は2年半)有効なので、次の試験の時には不合格の科目だけ受ければOK。

合格した方の中には、本代+試験費用だけで済んでいる人も多いそうです。
テキスト代+過去問題集=1万円以下で買えます。
テキストと過去問題集は本屋さんやネットでも買えますよ。
ユーキャンなどの通信講座でも、5~6万円で受講できます。
試験費用は1回13,000円しなかったと思います。

詳しくはこちらをご覧ください→保育士試験を受ける方へ
(受験資格がありますので、事前に確認してください)

平成3年以前に高校を卒業された方は、高卒でも受験できるんですよ。
これは絶好のチャンス!

子育て中の方は是非、将来のために勉強して資格を取ってみてはいかがでしょうか?


ダメで元々、やってみなければわからない

子どもは親の言葉通りに育つ!?