日本の子育てとアメリカの子育ての考え方の違いに、セルフエスティーム(Self-esteem)を育むというのがあり、大きな差があるようです。

セルフエスティームとは、自尊心と言う意味です。
自尊心とは、自分を尊重する、大事にするということですから、それがあるかないかで、毎日の自分の気持ちが随分違います。自分自身を好きになり、大切にしようとする気持ちを持つことが大事だとされているのです。

日本は昔から叱って育てる風潮がありました。
『謙遜が美徳』の日本では、我が子を人前で誉めることはあまりしませんね。
叱られることはもちろん大切なことですが、ことセルフエスティームを高めるとなると、いつも叱られてばかりいる子どもは、「自分はダメな子だ」と思い、自信がなくなり自分が嫌いになってしまうようです。
親から大事にされていないんだと思うと自暴自棄にもなりますね。
「自分はいない方がいいんだ」とますます反抗的になるかもしれません。
これは、セルフエスティームが低い状態です。

このままセルフエスティームが低い状態で大人になると、人間関係で積極的になれない、自信がない、自立できないなど引きずっていくようです。

セルフエスティームを下げる対応には次のようなことが挙げられます。

・能力以上の課題(難しい課題)を与え過ぎて、子どもの失敗体験を増やしている
・結果だけで判断して叱責し、そのプロセスや努力を認めない
・他の子や兄弟と比較して、ダメだと決めつける

このような対応が続くと、自分は嫌われていると思い殻に閉じこもってしまいます。
しかし、少し対応を変えるだけでセルフエスティームは高められます。

・その子の実力に合った課題を与え、「できた」という体験を増やす
・「よく頑張ったね」と努力したプロセスをほめる
・周囲の子とは比較せず、以前からみてその子ができるようになったこと、上達したことをほめる

悪いことをしたら、その事柄だけを叱って、人格を否定するようなことは言わないようにしてほしいのです。「悪いことをしたから叱っているけど、あなたが大事なのよ」とメッセージを伝えてあげることが大切です。

自分は誰かに愛されている、大切にされていると思うだけで、セルフエスティームが高まることを忘れないでほしいなと思います。


人の縁

兄弟の関係