運命の中に偶然はない。
人間はある運命に出合う以前に、自分がそれをつくっているのだ。

         ~アメリカの第28代大統領W・ウィルソンの言葉~

世の中には、何をやってもうまくいく運のいい人と、
何をやってもうまくいかない運の悪い人がいます。

毎日、いろんな偶然が起こっているかのように感じますが、他人が自分の人生を動かしているわけではないから、この偶然の出来事も、自分自身が選んできたことの結果なんじゃないのかな?

神様が自分の人生を動かしているとしても、神様に好かれる人間になられば天からの応援はもらえない。これも、日頃の些細な積み重ねや心持ちの結果だと思います。

”運も実力の内”といいます。
私は会社を経営しているので、運には少し敏感です。
経営者は、運を味方につけられるだけの器量(才能・徳・みめ)がなければなりません。自分の運が、経営にも影響しているのは間違いないようです。


『運を悪くする思考や言動』というものがありましたので、ご紹介します。

・マイナスの言葉を多く使う(不平・不満・悲観・愚痴など)
・マイナスの心遣いをすることが多い(ねたみ・恨み・嫉妬・ひがみ・プライドが高いなど)
・損得感情で動く(自分にとって、得にならないことはやらない)
・自己中心的である(他人のことはどうでもいいと考える)
・今だけ良ければいいと考える(計画性がない)
・人のせいにする(自分に置き換えて考えようとしない)
・努力をしないで、運が悪いと嘆く(運を天のせいにしている)
・準備をしない(最後までやり遂げるためにはしっかりとした準備が必要)
・先の心配ばかりする(心配し過ぎるとそうなりやすい)

日頃のこのようなことの積み重ねが不運をつくっているとわかったら、
今日からどう行動すればいいのでしょう?

運には種類があります。
金運・財運・健康運・家庭運・仕事運など。
どんな運も自分で引き寄せることができるそうですよ。
それには、やっぱり日頃の習慣と心がけが必要なんですね。

お正月になると、神社に初詣に行って「開運しますように」と、
100円のお賽銭でたくさんお願い事したりしてね。
でも、神様は何も努力をしていない人間に対して、
快く願いを叶えてくれるでしょうか?

私が神様だったら、日頃から何もなくても感謝して手を合わせてくれる人や、
元気な笑顔を振りまいて周りを明るくしてくれる人に幸運をあげたい、
困ったときには助けてあげたいと思うでしょうね。
素直が一番です。

運は、自分で切り開くもの。自分で変えられるもの。
自分を信じられるかが問題ですが…。
私は、自分を信じて、自分の責任で行動してきたから、
今の幸せが与えられたのだと思っています。

常日頃から、運を引き寄せる努力が大切ですね。


≪運を開く名言・名句≫

我々は、自ら幸、不幸をつくって、これに幸福なる名称をつける
  サミュエル・ジョンソン(イギリスの文学者・批評家)

世の中には幸いも不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるものだ
  シェークスピア(イギリスの劇作家)

成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるのかを見つけ出すことです。それがはっきりわからないうちは、何を期待しても駄目でしょう
 カント(ドイツの哲学者)

チャンスが目の前に現れた時にこれをつかむ人間は、十中八九成功する。不慮の事故を乗り越えて、自力で自分のチャンスを作り出す人間は、百パーセント成功する
 デール・カーネギー(アメリカの社会評論家)

ブッダの言葉

簡単な作文の書き方