今日から8月ですね。
夏休みに入って、あっという間に11日が過ぎました。

夏今年の休みは、42日間あります。
この休みをどう過ごすかで、2学期以降の学力や意欲にも影響します。

おおきなかぶ学童保育では、体験活動や学習の習慣を付けさせることを重点に置きながら過ごしていますよ。


夏休みだからこそ出来る体験をさせましょう。

・お手伝い
 お使いに行く
 洗濯物をたたむ
 お風呂洗いをする
 ご飯を作る

 普段はお手伝いをする時間がなくても、夏休みならお手伝いする機会も増えるでしょう。
 お手伝いを通して家族の一員だということが自覚できるようになります。
 責任感やコミュニケーションも育ちます。
 役に立つ喜びを味わうこともできるでしょう。

・自然の中で遊ぶ
 海に海水浴に行く
 山にキャンプに行く
 川に魚釣りに行く

 親子で楽しめることを思いっきりすることで、子ども時代の楽しい思い出になることでしょう。

・日頃できない体験をする
 旅行に行く
 おじいちゃん、おばあちゃんの家に泊まりに行く
 お祭りに行く
 畑仕事を手伝う
 野球観戦に行く

お父さん、お母さんができる範囲で十分なので、
是非、新しい体験をさせてあげてください。

楽しくて面白い思い出をたくさん作ってほしいなと思います。
きっと一生の思い出になることでしょう。



今日のおおきなかぶ学童保育のイベントは、
子どものためのコミュニケーション講座(小学1~3年生)です。
今日の講座は私が担当します。
「おともだちって、どんな人?」というテーマでやりたいと思います。
子どもはケンカしたり、仲直りしたりしながら、子ども達はコミュニケーションを学んでいるんですね。
これも貴重な体験です。
毎年やっていますが、子ども達からはいつも感動する言動が見られたり、大人よりも広い心を持っていることがわかったりします。感性って、子どもの頃に培われるものなのかもしれませんね。
今日もどんな感動が待っているか、とても楽しみです。

改定保育所保育指針セミナー

小学生は面白い!