今年のおおきなかぶ学童保育も、毎日のようにトラブルやハプニングが続出です…
特に男の子は1年生から6年生まで、学年に関係なく起こりますね。

ふざけが過ぎて女子から総スカンされたり
部屋の中で帽子を飛ばし合いっこして、ロフトに引っ掛けてしまったり、
一昨日はデッキで靴飛ばしをしていて家の屋根に上履きがのってしまい、
とうとう取れなくなりました。

毎日が驚きの連続で、本能のままに過ごしている?と思ってしまいます。

他にも、
 ・マイペース
 ・落ち着きがなく、動きたい子が多い
 ・やりたいこと優先?自分の好きなことにはまっしぐら
もはや笑うしかない…

あと、うちの息子たちもそうでしたが、よく柱に上っています。
高いところが好きなんですね。
お隣の保育園にあるジャングルジム(幼児用)は、小学生は登れないことになっているのですが、いうことをきかずにとうとう壊してしまいました。

水たまりをみれば、スイッチが入ります。
長靴は意味がない。
傘は消耗品。剣にもするし、穴という穴に刺して帰ってくるみたいですね。

それに、とにかくうるさい。
会話が擬音、擬態語のオンパレード。
ドーン、バーン、グワァー、うおぉぉ、みたいな感じで、
言いたいことの要点なんてないみたいです。
男の子は大変ですね。

でも、これが男の子なんです。

でも、単純に可愛いんです。

お母さんにやさしい。正義の味方。
リーダーをさせると張り切ってやります。
役に立つことをよろこびます。

そんな男の子ですが、心はナイーブ…。
男の子らしく逞しく育てることって、本当は難しいのかもしれませんね。

男の子は、男の子の育て方があります。
大らかに、だけど繊細に、よく観察しながらいいところを伸ばし育てていきたいですね。
今年の夏もおおきなかぶ学童保育で、成長してほしいなと思っています。

学童保育は体力勝負!
小学生に負けないように、今日も自宅で腹筋を鍛えています

「信頼」に応えると「信用」になる

事態が変わらなければ、対応を変えてみる