あなたは上司や同僚、家族に信頼されていますか?


仕事をしていると、信頼関係が最も重要だということがわかります。
自分ひとりでは仕事と家庭の両立はできないので、家族からの協力もないとできないことです。

「自分は信頼されているか自信がない…」 と思った人は、
どうしたら周りの人たちに信頼される人間になれるかを考えてみましょう。

私は仕事を任せる立場の人間ですから、信頼は特に重要に思っています。


人と人とが信頼関係を築くためには会話が必要です。
会話のないところに、理解は難しいです。
相手を理解できなかったら、問題の解決も難しくなります。


あなたは周りの人の考えや思いを聴いていますか?
自分の考えや思いを話していますか?


いいことだけではなく、マイナス面も上手に伝えることが大切です。
そこに体裁があってはいけません。
自分の利益のためではなく、皆がよくなるために言った言葉はキチンと話せば理解してもらえるはずです。伝わらなかったら、もう一度話すくらいの勇気があるかどうかです。
それに対して、相手がどう思うかは相手が考えることです。

心を開くこととは、相手を受け入れ理解し、一緒に進もうという意図と準備があると言うことなんですね。それを相手に伝えることが大切なんだと思います。体裁やプライド、相手がどう考えるかを気にしすぎると関係はそれ以上進まなくなります。
通じないのは、単に会話が足りないのかもしれません。

他力本願ではいけませんよ。
待っていても相手は来てくれません。
黙っていても解ってはくれません。
自分からアプローチしなければ、伝わらないと思った方がいいですね。

しがらみや執着心も、それが邪魔をして生きづらくなっているのなら、そんなものは私たちが生きていく上であまり必要ではないのかも。なくても生きていけます。それどころか、しがらみや執着心が強ければ強いほど人間関係は難しくなるのではないでしょうか。

「話す=放つ」ことでスッキリして身も心も軽くなれれば、
また新しい景色も見えてくるかもしれませんね。


今年度もあと1か月半。
教育・保育業界は、4月がスタートです。
また新しい園児が入園してきます。

新しい年を迎えるためにも古い自分は捨てて、
新しい自分になって、心機一転して迎えたいと思います。

みんな一緒だけど、みんな違う

こやすこう