今日、秋の花を探しにホームセンターに行きました。

やっぱり、花はいいな。
暑いも、寒いも、何にも言わずに黙って咲いて、
人の心を癒してくれます。

動物もそう。
比べることもせず、文句も言わず、
人間よりもよっぽど神様に近いです。

どうしてかな、人間だけは、
欲深く、嫉妬深く、業が深い。

時々、どっと疲れます。

それでも、人間の中にも、
花のような人がいて、
黙って、世の中のために働いている。

そんな人を見ると救われるようです。

一生勉強と言いますが、
何を勉強すればいいのでしょう。

どんな人になればいいのでしょう。

今の人は、恵まれていることが当然のように、
損得で物事を捉えます。

子どもはその澄んだ目で、大人の姿を見ています。

そんな私も、
人のことはどうでもいい。

自分も花のように、動物たちのように、
心が純粋に、許せるように。

もう少し、勉強しなければと思った雨の日の午後でした。

分け与えられる子に

手を出さない選択