子どもを産み育てることは、大変なことですね。
「もう嫌だ~」って叫びたくなることもあります。
一生懸命にやってても、思い通りにはならないことも多々あります。

でもね。
子どもがいる普通の生活だって思っていたことは、本当は普通じゃないんです。
子どもを授かることは、奇跡的なことなんですよね。

受精の瞬間を考えてみても、受精卵になるのは何億万分の一だったり、
この同じ時代に生まれて、親子になる確率もどのくらいか見当もつきません。

そのくらい、奇跡的に近い確率で親子になったのですから、
普通じゃないんですね。

世の中には我が子に会いたくても会えない人もいるのです。
子どもが授からない人もいます。
その中で、子どもを授かり子育てできるということは、
最高の喜びだし幸せなことなんですね。

「子どもがいる普通の生活は、人生の中で黄金の時期だ」と、
昔、子育ての先生に言っていただいたことがあります。
「子育ての悩みなんて、贅沢な悩みなのだ」とも言われました。
考えてみたら、本当にそうですね。

子どもがいてくれるお陰で、私たち親は成長させてもらえるのですから、
ありがたいことです。

自分の中にある答えの出し方

増改築工事が始まりました