人間には自分自身を評価する「自尊感情」というものがあるそうです。
「自己評価」や「自己肯定感」と同じようなものですが、これが低い人は自分を低く見積もりがちですね。このタイプの人は、人から自分がどう見られているかが気になるみたいです。
人から「好かれたい」と願う傾向が強いのかもしれません。

反対に「自尊感情」の高い人は、他人からの評価はそれほど気になりません。

どちらのタイプも度が過ぎると弊害が出てきてしまうようです。
「自尊感情」の低い人は、人から好かれたいと思うあまり、他人の言うことに振り回されたりします。反対に「自尊感情」が高すぎると、人のことは考えず、勝手気ままに振る舞うことになってしまいます。

「自尊感情」の低い人は、自意識過剰になりやすいと言われます。
自分が思うほど、人は自分のことを気にしていないのが実際のところです。
人からどう思われるかを気にする前に、自分のいいところや頑張っているところを見つけてみましょう。

人から好かれる性格って、絶対的にいいものではないんですね。
自分が好かれるだろうと思っている性格も、人から見ると違う場合があるからです。
相手の話に合わせてやさしく振舞っていても、優柔不断に見えたり、自分がないように見えたりする時もあります。ですから、人にどう思われるかを気にし過ぎないで、「自分は自分、人は人」と思うことが肝要です。

「自尊感情」が高すぎる人は、案外自分のことを気がつかないことが多いようです。
「自分らしさ」も相手があってのこと。
一度、言動を見直す機会があるといいですね。


「自尊感情」の自己判断は、自分が好きかどうかです。
自分が嫌いだと思う人は、「自尊感情」が低い人で、
自分が大好きだと思う人は、「自尊感情」が高い人なんだと思います。

どちらにせよ、人間関係には、自分と他人との「自尊感情」のバランスが大切なのでしょう。

大事な時間

悔しさをバネにできる人、人のせいにする人、クサる人