子どもをしつけようとするとき、どこを基準としてしつければいいのか迷うときがありますね。実は、しつけの基本は3つしかないそうですよ。

1、他人に迷惑をかけないように
2、自分の体の健康と、心の精神衛生を損なわないように
3、困難に立ち向かえる力を培うように

端的にこの3つを心がけておけばよいといいます。

同時に大人は、
・きまりや秩序は明確にする
・違反の行為は罰する
・行為を罰するのは、人格を罰することではない
この3つのことを頭に入れながら、子どもをしつけることが大事ですね。
お前はバカか、グズな子など、子どもの人格を否定するようなことは、そもそもしつけではありません。


子育て相談でもよく問題に上がるのが、子どものおねだりです。ご飯の前にお菓子をねだる。スーパーに連れて行くとお菓子を買うまで駄々をこねるなど、泣かれると困るからお菓子をついつい与えてしまう・・・。

ここで大事なのは、子どもの我慢を支えるための、まず親の我慢がポイントです。「ご飯の前はお菓子を食べない」「スーパーに行ってもお菓子は買わない」と子どもと決めたのなら、泣こうが駄々をこねようが、最後まで一貫して決めたことを通すことがしつけになるのだと思います。

そして、子どもに「いらだたない。おだてすぎない。見くびらない」で、しっかりこうと決めたパターンを必要な限り、繰り返して示すことですね。
繰り返しが「しつけ」の大切なコツ。これは自身のマイナスのしつけになっていると気づけば、決意してやり続ける。繰り返しているとつまり、プラスの「しつけ」がしっかり身についてしまうわけです。

しつけるとは、し慣れて身につくことなのですから、ガミガミ言って聞かなかったら、もうガミガミはやめるぞ、それを自分のしつけとして自分がしっかり身につけることにするぞと誓ったら、またしてもガミガミ言わないことにする。

だから、「しつけ」とは、単に決まった形のやり方を一方的に押し付けることとは理解しないで、し続けていたら、いいことでも悪いことでも、なにもかもがやり慣れて身に覚えた「しつけ」になるのです。
「しつけ」とは慣れて身につくすべてのことだ、と理解し直すといいと思います。

我が子たちが小さい頃は、私も我慢がきかなくて、すぐにカッと怒ってしまっていました。自分のしつけがなっていないから、子どももしつけが利かなくて、悪いしつけが身についているのかもしれないと思いました。

子どもに、我慢させるべきところは我慢することをきちんとしつけるためにも、親である私がそれを見せていかなくてはなりません。このことは、子育てだけではなく、社員の人材育成にも通じることです。

しっかりとしたゆるぎない信念を伝えていかなくてはならないと、子どもを育ててみると親としての自分に気が付きますね。

遠い昔から、朝日が東から昇ってくるのが変わらないのと同じように、人間の営みや子育ての大切さは時代が変わっても変わらないものです。人間として生きるための基本は変わらない。子どものうちに生きるための基本のしつけをしっかりと身につけさせたいですね。
それが、きっと親としての自分に与えられた役目なのだと思います。


コミュニケーションは成功へのカギ

人間関係の境界線