この4月から、社会人2年目の次女が姉ヶ崎から茂原に転勤になりました。
「新しい職場はどう?」と聞くと、ストレスフリーになり快適だそうです。

前の職場は人間関係がうまくいっていない職場だったようで、
仕事帰りにストレス発散することが多かったようです。

社会人になって、社内の人間関係が大切なのがよくわかったのだと思います。


以前、東京でコーチ仲間の会合があり、やはり話題は「企業内でのコミュニケーションについて」でした。「社員が言うことをきかない」という社長さんをコーチするという方からお話を伺いました。

どうして社員は社長の言うことをきかないのか?
その原因はどこにあるのか?社員なのか?社長なのか?
ということが気になりました。

社内のコニュニケーションが良くなれば、何がかわるのでしょう?

今までにコーチの皆さんからお話を伺っていて気付いたことがあります。
それは、上司と部下とのコミュニケーションがうまくいっている会社は、生産性も上がっているし精神面(メンタル)の問題も少ないということです。

反対に、コミュニケーションのうまくいっていない会社は、上司の思いが伝わらないためか社員の意識付けが低く、生産性や効率も悪いようです。それに社員の精神面の問題を多く抱えているように思います。

このようなことは、メンタルサポートを行っている人やカウンセラーなどが指摘しているところだと思うのですが、やはりどの仕事でもコミュニケ-ションがとれていないと問題を引き起こす原因になっているようです。

会社の最大のリソース(資質)は、‘人‘です。
お客様、社員、社員の家族が宝です。
経営者なら、実績も精神面も成長できるような会社にしたいと思いますね。

そのために『人を育てる技術』が、管理者・上司には必要なのです。
社員を育てること。
お客様を育てること。

「エッ、お客様を育てるっての?」と思った方、
そうなんです。お客様も育てられる会社が成長できるんですよ。

人には『成長欲』というものがあります。
誰でも「今よりももっと成長したい」と思っているということですね。
ですから、自分を成長させてくれる(成長欲を満たしてくれる)企業を支持してくれるんです。

ただ商品やサービスを売っていたのではダメなんです。
それによって、お客様自信が学んだり、成長できるものでなければリピートされません。

私は保育サービスを提供させていただいていますが、子どもは元より、親御さんたちの成長も願っています。ですから、話を丁寧によくお聴きするようスタッフに指導しています。
それによって、親御さんご自身が子育てを振り返り、気付いたり、改めたりしながら保育士と共に成長されているんですね。「自分の成長を一緒に喜んでくれた」と感じていただけたら、ここに預けて良かったと思っていただけることでしょう。

我が社では、定期的に社員教育研修を行っています。
『傾聴・承認・質問のスキル』をロールプレイを交えながら訓練し、実践で役立つ人材を育てています。

個人の成長欲をうまく引き出してあげることこそ、会社にとって目覚ましい発展に繋がっていくと思います。


『人を育てるコーチング技術』の第一段階は、
まず、社員やお客様の話を口を挟まず、最後までキチンと聴くことです。

傾聴すること、これがなかなかできない。
ついつい、話の途中で自分の意見を言ってしまいたくなる。

根気よく話を聴くことこそ、現場の大切な情報がもらえる唯一の方法なのです。

過去は変えられないけど

神道の考え方