子どもを育てるときに必ずぶつかる問題、
『氏か育ちか』(遺伝か環境か)が気になるところです。

遺伝と環境の問題は、いろんな本にも書かれていますし、古くから討論されてきました。私たちが子どもを育てるときや社員教育をする上で、とても興味深い点でもあります。

コーチングを行っていても、これを感じる時があります。
同じものを見聞きしたとしても、相手によって受け答えが違うときに、元々そういう考え方の人なのか?環境でそうなったのか?と思案します。


児童心理学の専門書によると、『下等な動物ほど遺伝子の影響を受ける』とあります。一般に言えば、進化の程度の低い動物ほど遺伝の支配をうけています。例えば、昆虫などは生まれた時に一生をどのように過ごすかというプログラムが体内に組み込まれていますから、昆虫はどのような環境におかれても、遺伝によってきめられたプログラムどおりの行動しかしません。

しかし、進化の進んだニホンザルは群れをつくって生活しています。その群れで生まれた赤ん坊猿を母猿から引き離し、1頭ずつ檻に入れて人間が育てると、身体は十分成長しているのですが、群れの中に返しても子育てが十分にできない猿になって、引き離された猿から生まれた赤ん坊猿は、すべて死んでしまったという事例があるそうです。これは群れの中で生活できなかったために、周りの大人の猿から子育てを学べなかった環境にいたせいかもしれません。

それでは、私たちはどう考えたらいいのでしょうか?

我が子が、どのような遺伝子を持っているのかは親でもわかりません。しかし、いい遺伝ではないからと失望することはありません。自分に現れなかった特徴が遺伝子の中に含まれているかもしれないからです。

すべてが遺伝子できまると考えてしまっては、しつけや教育が無駄に思えてしまいます。ですから、遺伝子の影響もあるでしょうが、遺伝はその子の可能性の限界だと捉えて、その可能性を最大限に引き出し、伸ばしてあげることが親の務めだと考えたらどうでしょう。可能性を引き出すことは、人間だからこそできるのです。

そのためには、子どもが生まれたときからの環境も大切だし、家庭教育やしつけも適切に行っていくことが大事なのだと思います。


道理に合わないことはしない

子どもの頃の記憶